ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クロックタワー

くろっくたわー

1995年にヒューマン株式会社から発売された、SFC用のアドベンチャーゲーム。制作は河野一二三。
目次 [非表示]

概要

不死身殺人鬼が潜む屋敷へ迷い込んだ美少女ジェニファーを館から脱出させるシネマティックアドベンチャーゲーム


同社より発売された沈没船脱出ゲームセプテントリオン』に端を発するパニックソフトシリーズの完結編。


2023年7月に新要素などを追加した復刻版がサンソフトよりリリースされることが発表された。



ストーリー

舞台となるのは、北欧のノルウェー

幼くして両親と離れ離れになり、孤児院で育った少女ジェニファーと3人の友人達は、ある日、新たな養育先となるバロウズ屋敷へ、引率の教師メアリーと共に向かっていた。


新たな暮らしへの希望を胸いっぱいに膨らませるジェニファー。


……しかし、彼女たちは知る由もなかった。

そこが、かつて「時計塔屋敷」と呼ばれていた事、そして身も凍るような恐怖が待ち受けている事を……。



キャラクター

本作の主人公。14歳。美しい顔立ちに豊かな黒髪の長髪を持つ美少女。

幼くして母が蒸発し、産婦人科医だった父親も行方不明となってしまったため、グラニット孤児院で育った。

忍び寄る殺人鬼に対し、消極的な対処法しか取れないものの、育ちゆえか逆境には強く、精神的にはタフ。


  • アン

4人の中で最も年長の少女。15歳。そのせいか気が強く、常に自分が一番でいたがるタイプ。殺され方が最も多彩。小説版によれば彼女は捨て子らしく、姓が無いのもその為である。


  • ローラ・ハリントン

内気で物静かな少女。14歳。いつもアンと一緒にいる。


  • ロッテ

4人の中で唯一ズボンを履き、ボーイッシュな雰囲気を感じさせるジェニファーの一番の親友。14歳。アンと同じく捨て子として孤児院に引き取られる。

バロウズ屋敷の秘密を暴こうと、単身行動する。


ジェニファー達を引率してきたグラニット孤児院の女教師。

ヒステリックな性格で、生徒達からは煙たがられている。


バロウズ屋敷に潜む殺人鬼。身の丈よりも大きいハサミを用いて孤児院の少女達を惨殺していく。ネタバレを含む為、詳細はシザーマンの項を参照。


バロウズ屋敷の当主だが、ある人物によって幽閉され、虐待を受け続けていた為に発狂状態に陥っている。



ゲームシステム

特徴的なのは、カーソルで画面内のオブジェをクリックする事で対象物を調査したり、

キャラクターを移動させたりするなど、キャラクターの行動は全て間接的な指示によって成立する事である。


特定の場所に差し掛かったり、トラップとなる対象物をクリックする事で、不死身の殺人鬼シザーマンが出現し、追われる状態となる。

画面内のアイテムや回避ポイントを使って完璧にやり過ごさない限り追われ続ける事になり、最悪の場合、殺されてゲームオーバーとなってしまう。


シザーマンに追いつかれたり、トラップや怪奇現象に襲われるとカーソルが点滅状態となり、この間にボタンを連打する事で危機を回避する事が可能。(ただし、閉所でシザーマンに襲われたり、疲労が蓄積して顔窓が赤くなった状態で接触した場合は無条件で殺されてしまう)

これは連打せずにはいられない(RENDA・SEZUNIHA・IRARENAI)の頭文字をとって「RSIシステム」と名づけられた、特徴的かつ、本作を象徴するシステムである。


フラグ立てのヒントや手に入れたアイテムの使用法等の情報がゲーム中では詳しくは示されないため、詰まりやすく、難易度は高い。



余談

本作における主人公の容姿、舞台設定、ストーリー、キャラクター設定、音楽などの多くの要素が映画監督ダリオ・アルジェント監督の有名作『フェノミナ』のオマージュとして作られている。

主人公ジェニファーは、名前は勿論、顔の造形もそのまま主演女優のジェニファー・コネリーをモデルにしている。



関連作品

SFC版にいくつかの新要素を加えたプレイステーション版『The First Fear』や、プレイステーション版を基にしたワンダースワン版、SFC版の移植となるWindows版がリリース。

また、近年ではWiiバーチャルコンソールでSFC版が配信、PSP/PS3ゲームアーカイブスではPS版がそれぞれヒューマンから版権を引き継いだサンソフトから配信されている。


1996年にはプレイステーションで続編の『クロックタワー2(セカンド)』が発売され、それに付随して小説版とラジオドラマがリリースされた。ラジオドラマ内ではボイスドラマも放映され、CDでは未収録分・予告を収録している。


シリーズ関連作として、1998年に外伝的位置づけとなる『ゴーストヘッド』がプレイステーション用ソフトとして発売、ヒューマン倒産後の2002年に、サンソフトとカプコンが共同開発し、イベントシーンのムービーの監督として深作欣二を迎え、ゲームシステムと設定を一新したナンバリングタイトル『クロックタワー3』がPS2用ソフトとして発売された。



関連リンク

ヒューマン株式会社 サンソフト カプコン

スーパーファミコン プレイステーション

ホラーゲーム シザーマン 殺人鬼

関連記事

親記事

サンソフト さんそふと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3398933

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました