ピクシブ百科事典

ダン・バロウズ

だんばろうず

ヒューマンのホラーゲーム『クロックタワー』及び『クロックタワー2』の登場人物。
目次[非表示]

登場作品

クロックタワー
クロックタワー2

キャラクター像

見るものを睥睨させるほどに美しい容姿を持つ金髪碧眼の美少年。小説版では異性、同性を問わずにその容姿に惹かれるほど。
ジェニファーと同じく“クロックタワー事件”の生き残りで、彼女とは異なり事件のショックが原因で記憶がなく孤児。
かつてジェニファーがいたグラニット孤児院に入り、教師であり後見人であるケイからエドワードと名付けられサミュエル・バートン研究室で治療を受ける。
性格は大人しめで、滞在先のホテルでは暇らしく、よく図書館に赴き本を読んでいる。







ネタバレ



クロックタワー2におけるシザーマンの正体。

サイモンメアリーの長男で前作クロックタワーのシザーマン・ボビィ・バロウズの双子の兄。
美しい姿と少年の口調は擬態に過ぎず、本体は真っ黒な粘膜に覆われた獣のような怪物
その正体は、バロウズ家が信仰していた邪教の神「偉大なる父」が遣わす「偉大なる父の息子」。手にしたハサミで崇拝者に恐怖と永遠の不死をもたらす存在であり、自らを「死を司る者」と称している。
かつてバロウズ家の13代目当主・クェンティン・バロウズによって、「偉大なる父の使徒」は闇に葬られたはずであったが、一族の呪いを完全に消滅させる事は適わず、バロウズ一族がノルウェーに移住してからおよそ80年後、「偉大なる父の使徒」として再び生を受けた異形の存在がダンとボビィの双子であった。

また、ゲーム版ではエドワード(ダン)の台詞が少ないため明確な人物像は伺えないが、小説版では残酷なまでに無邪気な性格で、他者の意識に直接『声』を掛ける事で人心を掌握する異能力を見せている。ゲーム中でも片鱗を見せていたが、後見人であるケイを支配下に置いており、ジェニファーに対しては歪んだ愛情を寄せている。
弟であるボビィは生まれるのが早すぎた不完全体だったため、出来損ないとバカにしている。ただ、「偉大なる父の息子」は二人にして一つであり、もしも完全体の二人が揃えばこの世の終末が訪れるらしい。

関連イラスト

エドワード君
針が動き出すまで



関連タグ

クロックタワー クロックタワー2 ヘレン・マクスウェル シザーマン エドワード

pixivに投稿された作品 pixivで「ダン・バロウズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12564

コメント