ピクシブ百科事典

Windows10

ういんどうずてん

Microsoft社が製作・発売しているOS。2015年7月29日に発売された。
目次[非表示]

概要

Microsoftが開発したオペレーションシステムである。
一般ユーザ向けのWindows10と機能が強化されたパワーユーザや企業、教育機関向けのWindows10 Proの2つエディションが存在する。
2015年7月29日より販売され、同日よりアップグレードが可能になった。
Windows10では操作感の改善やアプリの刷新、ブラウザの強化など多くの変更がなされている。
Windows7 RC1およびWindows8.1インストールされたPCには発売日より1年間、無料でのアップグレードが適用できるようになっていた。

システム要件

以下Microsoftより引用

  • CPU : 1GHz以上
  • メモリ : 1GB(32ビット)または2GB(64ビット)
  • ハードディスクの空き容量 : 16GB
  • グラフィックスカード : Microsoft DirectX 9 グラフィックスデバイス(WDDMドライバー付き)
  • Microsoftアカウントとインターネットアクセス

新機能

スタートボタンの復活

Windows10では、Windows8でうるさかったスタートボタン風なものが追加された(Windows8.1でも念願のスタートボタンが追加されたが、はっきりいうと・・・気にしたらダメです)。
スタートボタンを押すと、デスクトップモードではスタートメニューが、タブレットモードではスタート画面が表示されるようになっている。メニュー横にプログラムがタイル表示されるのは変わらないが、従来通りの名前順のプログラムの一覧を表示することができるようになっている。なお、モードは後述のアクションセンターで切り替え可能である。

ジェスチャー操作への対応

ジェスチャー操作が利用できるようになっている。
三本指での上方向スワイプでは実行中のアプリケーションの一覧を表示させられるようになり、タブレットモードのみではあるが三本指での左右スワイプによりアプリケーション切り替えが行えるようになった。

アプリケーションの刷新

Windows 8/8.1から搭載されたメールやカレンダー、フォト、電卓などといったModernUIのアプリケーションがユニバーサルアプリへと刷新されている。
右クリックや画面端からのスワイプにより画面上部に表示されるアプリ用コマンドが撤廃され、
すべての操作対象が画面上に表示されるように変更された。
デスクトップモードでは柔軟にアプリのサイズ変更が行え、過去のWindowsの操作感が再現されている。タブレットモードでは従来のWindowsアプリケーションをアプリと同様に切り替えすることができる。

アクションセンター

タスクバーにアクションセンターが追加された。アクションセンターアイコンをクリックまたはタップすると、アプリケーションからの通知の一覧が表示され、下部にはタブレットモードのオンオフ切り替えや、出力先ディスプレイの選択などの素早く行いたい操作へのショートカットが設置されている。

Cortana(コルタナ)

Windowsのアシスタントアプリケーションで、AppleiOSでのSiriみたいなもの。
音声やキーボード入力を行うと、パソコン内の検索やWeb検索を行ってくれたり、天気情報やニュースを教えてくれたり、簡単な質問に答えてくれたりする。日本語版は7月29日のリリースでは利用できず、後のアップデートで利用できるようになった。
なお、AndroidOS・iOS用アプリとしても提供されている。

Microsoft Edge

Microsoftが新しく開発したWebブラウザ。アイコンがInternet Explorerに似ているが、これは「インターネットと言えばeマーク」という従来認識からスムーズに移行できるよう、敢えて「e」に拘ったとのこと。
処理性能がIEより改善されており、HTML5への対応やJavaScriptの新しいAPIへの準拠が進んでいる。
Webページにメモを残したり、SNSへのシェアしたりする機能も追加されている。

なお、開発コードネームをSpartan(スパルタン)と言う。Cortanaと並んでHaloシリーズから名前を借りてきたものと思われる。
また、従来型Webサイトとの互換性を維持するため、IE11も同時に搭載されている(が、標準起動するのはEdgeになっている)。

問題点

本OSに付随するもっとも大きな問題点として、前出の無償アップグレードを行うエージェントソフト(GWXアプリ)の挙動が挙げられる。

GWXアプリはWindows7・8.1搭載PCのうち、Windows10の起動要件を満たしたPCに対してWindows Updateにてインストールされ、Windows10へのアップグレードを促す広告メッセージを表示すると同時に実際のアップグレード処理も行うものである。
しかしながら当初よりこのアプリのUIはきわめて解りづらく、ちょっとした誤操作で気がつかないうちにアップグレードを予約してしまい、ある日突然アップグレードが行われたように見えてしまうという現象が多発した。さらに途中からこの無償アップグレードに対してMicrosoftの方針転換があり、GWXアプリのインストールが行われた時点で予約が行われるようになった。表示内容をきちんと読めばキャンセルも可能であるのだが、アプリのメッセージをきちんと読んでいないユーザーは少なくないらしく「何もしていないのにWindows10になった」という苦情が多く寄せられるようになっている。
対処方法としては、使用可能であればグループポリシーによってアップグレードの無効化を設定すること(ただしグループポリシーエディタはWindows7 Professional以上、またはWindows8.1 Proにしか搭載されておらず、Home Premiumや無印のWindows8.1には搭載されていない)。またこの操作に該当するレジストリキーの設定でも無効化が出来る。具体的には以下のレジストリキーとなる(「HKLM」は「HKEY_LOCAL_MACHINE」の意味)。レジストリエディタの具体的な使い方は適宜調べられたし。

キー名レジストリ値名種類設定値
HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdateDisableOsUpgradeDWORD1
HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\GwxDisableGwxDWORD1
ネット上ではしばしば特定Windows Updateのアンインストールや、Windows Updateそのものの無効化で対処する方法が指南されているが、これはセキュリティの観点からは悪手であり、作業手間の観点からも行わないことを強く推奨する。

OSのアップグレード以外では、Windows8における内部構成の変化を引き継いでいるため、Windows7以前の時代に作成されたソフトでは希に互換性問題が発生することがある。対応策としてはソフトウェア開発会社より、Windows8以降に対応するためのアップデートソフトを入手すること、また互換性レイヤーの設定で解決することもある(アイコンを右クリックして「プロパティ」→「互換性」。なおこれはWindows8以前からあった機能である)。なお64ビット環境では非常に古い時代に作成された16ビットアプリが起動できないが、これはx64 Windows共通の仕様であるので、Windows10の問題点とは切り分けて考えて頂きたい。
その他、Windows10においてはデバイスドライバーの電子署名が必須になったため、電子署名が付与されていないデバイスドライバー(Windows8以前でもインストール時に警告が出る)が必要な周辺機器は原則として使用できない(実際には使用する方法はあるが、セキュリティ設定を一部解除する必要がある危険な方法であるため割愛する)。
無印のWindows10(Windows8の無印、Windows7のHome Premiumに対応)においては、Windows Updateの実行可否や内容の吟味はユーザー側ではできないという点(特にバックグラウンドでWindowsUpdateによる更新が入った際、再起動が必要になった場合自動的に再起動するシステムが、あろうことかユーザーが作業中であっても何の通知や選択も無しにブツッと強制再起動する)についても問題視されることがある。ただしこれは実運用として基本的に一般ユーザーで問題になることはまずない。(強制再起動についてもWindowsUpdateManagerというソフトを使い、バックグラウンドで更新を確認する時間帯を設定する事で作業中の事故を回避する事ができる)

本OSの悪印象のほとんどは前出のGWXアプリの挙動によるヘイトが招いている部分があり、新しいOSとしては比較的落ち着いている部類であることは補足させて頂く。

サポート

関連リンク

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「Windows10」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132643

コメント