ピクシブ百科事典

Windows2000

うぃんどうずにせん

バージョン名および開発中の仮称はWindows NT 5.0。情報端末やレジスター、ATM等で未だに使われているOSである。
目次[非表示]

概要

Microsoft2000年2月18日にリリースしたWindowsNTOS
WindowsNT4.0の後継であり、開発当初はWindowsNT5.0という名前だった。(初期のベータ版も「NT5.0」として公開されていた。)
サーバー用とクライアント用が同一の製品名で発売された最後のWindowsであり、PC-9800シリーズに対応した最後のWindowsでもある。

当初はこのバージョンから9x系とNT系の統合が計画されており、このOSに9x系のユーザーインターフェイスが取り込まれているのは、そのためである。家庭向けエディションが計画されていたものの、2000の販売直前になってまだ家庭ユーザー向きではないと判断されたため、2000の家庭向けエディションの開発は中止された。

この決定を受けて作られたのがWindowsMeであるが、Meは98に輪をかけて不安定な代物になってしまい、個人ユーザーで(Professional版の)2000を使用するユーザーも少なくなかった。

後継のWindows XPの登場後は徐々に市場からフェードアウトし、2010年7月13日に延長サポートが終了した。だが、業務用途においてはその後も使われ続けている。

現在も使用されているOSである事からセキュリティベンダは独自にサポートを続けているが、外部ネットワークに繋げないスタンドアロン運用を推奨している。

エディション

Windows2000のエディションは以下の通り。

Professional
クライアント向けのエディションで、WindowsNTのWorkstationに相当する。

Server
ワークグループや小規模なサーバー向けのエディション。

Advanced Server
基幹システム向けのエディションで、Serverよりも高度な機能が使える。
64ビット版が存在する(後述)。

Datacenter Server
より大規模なシステム向けのエディションで、高スペックなハードウェアをサポートする。
パッケージ販売はなし。
64ビット版が存在する(後述)。

旧OSからのアップグレード

Windows2000はNT系なので、WindowsNT3.51・WindowsNT4.0からのアップグレードを想定している。だが、2000は9x系との統合が予定されていたためか、Windows95Windows98(SE含む)・WindowsMeからアップグレードすることも出来る。
なお、Windows2000にはアンインストール機能が備わっていないため、旧OSに戻すことは出来ない。

WindowsMeは2000よりも後に登場しているため、本来ならアップグレードの対象にはならないはずだが、2001年2月にMicrosoftからMeも2000のアップグレード対象に認められた。ただし、Meからアップグレードすると、『システムの復元』など、Meに備わっていた一部の機能が使えなくなるので注意。

新OSへのアップグレード

エディションによってアップグレード対象が異なる。


※1…セットアッププログラムは起動できるが、新規インストールしか出来ない。
※2…下位エディション(Standard)にはアップグレード出来ない。

余談

前述の通り、実はWindows2000にも64ビット版が存在する。2001年8月28日に発表された2000ベースのItanium向けOSで、
「Windows Advanced Server Limited Edition」
「Windows Datacenter Server Limited Edition」
という製品名で発売された。
内部バージョンはNT5.1となっており、この影響で64ビット版XPやServer2003はNT5.2となっている。Professionalも発売予定だったが、中止された模様。

擬人化

2kたん?


2kを参照。

関連タグ

Microsoft MS-DOS Windows Windows9x

WindowsNTWindows2000WindowsXP

WindowsVista Windows7 Windows8 Windows8.1 Windows10

関連記事

親記事

windows うぃんどうず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Windows2000」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11470

コメント