ピクシブ百科事典

Windows98

うぃんどうずきゅうじゅうはち

Microsoftが開発・発売したWindowsシリーズのOS。
目次[非表示]

概要

1998年7月25日にリリースされたWindowsOSで、Windows95の改良版。
内部バージョンは4.1

Windows 95 OSR2の機能を標準で取り込み、USB1.0に対応しており、FAT32に対応している。

Windowsの標準ブラウザであるInternetExplorer4.0が統合され、ネットワーク上のファイルもローカルファイルと同様に操作ができるようになった。また、このバージョンからスタートメニューもドラッグアンドドロップの対象となった。

98がリリースしてから約1年後に、Windows98 SecondEdition(-セカンドエディション) が発売された。詳しくは後述。

2002年6月30日にメインサポートが終了し、2006年7月11日に延長サポートが終了した。

Windows98SE

1999年5月5日にリリースされたWindows98の改良版である。正式名はSecondEdition、通称「98SE」。内部バージョンは98と同じ4.1

基本的な仕様は98と同じだが、全体的に安定性が向上し、USB1.1やIEEE1394DVDに対応する。また、標準で搭載されているInternetExplorerが5.0になった。

2006年7月11日に延長サポートが終了した。

旧OSからのアップグレード

Windows98には、Windows3.1Windows95からアップグレードすることが出来る。
WindowsNTからはアップグレード出来ない。
旧OSのシステムファイルが残っていれば、98をアンインストールして旧OSに戻すことが出来る。

新OSへのアップグレード

Windows98からは、WindowsMeWindows2000 ProfessionalWindowsXP HomeEdition・Professionalにアップグレードすることが出来る。
98からいきなりWindowsVista以降のOSにアップグレードすることは出来ない。
2000以外にアップグレードした場合、新OSをアンインストールして98に戻すことが出来る。

Windows98 SecondEdition Update CD-ROM

このCDは、Microsoftが98ユーザーを対象に、格安(税別1000円)で配布していた98専用のアップデートディスクである。
アップグレードを完了する際に、インストール済みの98から不足分のファイルを供給しているため、3.1や95から実行すると「必要なWindows 98ファイルが見つかりませんでした」というメッセージが表示されてセットアップが強制終了する仕組みになっている。

なお、一部ファイルが不足している以外は普通の98SEインストールCDと同じなので、WindowsMeの「Windows98ユーザー限定期間限定特別パッケージ」を使って95からMeにアップグレードする際や、2000やXPのアップグレード版を使って新規インストールするときに行われるアップグレード認証の際に、このCDを利用すれば、通過することが出来る。

余談

Windows98がリリースされる直前、とあるテレビ番組に出演していたビル・ゲイツの目の前で98がクラッシュするというハプニングが起きている。ゲイツは、これを「まだ98がリリースできない理由」と言い、何とか誤魔化したらしい。この一件が98SEを作るキッカケになったとか。

既にサポートが終了して久しい98であるが、9x系でしか動かない古いアプリケーションPCゲームも数多く存在するため、現在でも利用する人もいないわけではない。その場合、後継OSであるMeは不安定なことで知られているので、98SEを選択する人が多いだろう。実機を用意するのではなくVirtual PCなどの仮想環境で動作させることもできる。

擬人化

ぶらさがり健康器?


9898SEを参照。

関連タグ

Microsoft MS-DOS windows OS

Windows95Windows98・98SEWindowsMe

関連記事

親記事

Windows9x うぃんどうずきゅうえっくす

兄弟記事

  • windows95 うぃんどうずきゅうじゅうご
  • WindowsMe うぃんどうずみれにあむえでぃしょんまたはうぃんどうずみー

pixivに投稿された作品 pixivで「Windows98」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8082

コメント