ピクシブ百科事典

MS-DOS

えむえすどす

米マイクロソフトが開発・販売していたオペレーティング環境。
目次[非表示]

概要

米マイクロソフトが8086系CPUを搭載したパソコン用に開発・販売していたOSで、Windowsが普及する以前のパソコン用OSとして広く使用されていた。IBMへのライセンス版はPC DOSと称する。

ディスク管理とデバイスドライバ読み込みを中心とした、簡素なOSである。操作にはキーボードからコマンドを入力するCUI(Character-based user interface)を使用する。機能はUNIXや後のWindowsなどに比べると非常に貧弱で、階層型のファイルシステムを持つが、本来はエクスプローラなどのグラフィカルなシェルは持たない(バージョン4と5ではDOSシェルが付属したが、日本ではあまり普及しなかった)。

グラフィックやサウンドの制御機能は持っておらず、ハードウェアの設計が変更されるとアプリケーションの互換性もなくなった。一時にアクセス可能なメモリ空間は最大でも640KB程度であり、デバイスドライバなどを追加するとシステムメモリを圧迫した。DOSのこうした仕様は後にパソコンが高性能化するに伴って問題になり、Windowsが普及するまでユーザーの頭を悩ませた。

もともとはマイクロソフトが、米IBMから依頼を受けてIBM PC専用に開発したもの。米シアトル・コンピューター・プロダクトが8086用のOSとして作ったCP/M互換のDOS-86を買い取って作り直したものである。

1981年にIBM PC用のPC DOS 1.0として発売。マイクロソフトはPC DOSをIBM以外に販売する権利を獲得し、1982年にMS-DOS 1.25として発売した。

その後、1983年にMS-DOS 2.0、1984年にMS-DOS 3.1、1988年にMS-DOS 4.0、1991年にMS-DOS 5.0、1993年4月にMS-DOS 6.0とバージョンアップを行った。マイクロソフトはMS-DOS 5.0を最後にIBMへのライセンス提供を中止し、IBM版のPC DOSと分離した。

日本では、1994年5月に発売したPC AT互換用のMS-DOS 6.2/Vを最後に、開発は事実上終了した。

関連タグ

Windows3.1:MS-DOSの拡張環境としてDOSからWindowsへの過渡期を支えた。

外部リンク

MS-DOS - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「MS-DOS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2708

コメント