ピクシブ百科事典

16ビット

じゅうろくびっと

CPU、アーキテクチャ、色数などを表すコンピュータ用語。
目次[非表示]

表記ゆれ

16bit (もしかして⇒ぼくらの16bit戦争

概要

16ビットとは2進数16桁を表し、65,536通りの数を表現できる。

例えばビデオチップの表示色数で「16ビットカラー」と言えばそれは65,536色表示のことである(制御信号などの関係で実際にはそれより若干少ない場合がある)。

16ビットCPU

16ビットCPUの定義は曖昧だが、基本的にはデータの処理を16ビット単位で行うもの(レジスタ、演算器が16bit)を指し、有名なものにIntel 8086、80286、65816などがある。これらはデータバスも16ビットであった。メモリアドレスのビット幅はまちまちで、8086は20ビット(1MB)、65816は24ビット(16MB)である。

8086や80286およびその互換CPUはPC-9801のような1980年代のビジネス用パソコンによく使われ、ゲーム機にはスーパーファミコンに65816互換CPUが使われた。

初期のMacintoshX68000などに使われた68000は8086と同世代で(性能は80286と同程度)、同CPUを採用したメガドライブには16-BITの金文字が輝いていたが、68000はデータを32ビット幅で扱うので、上記の定義に従えば実は32ビットCPUである(外部データバスは16ビット、メモリアドレスは24ビット)。

おもな16ビットコンピュータ

※68000搭載マシン(X68000メガドライブネオジオ)は公称16bitだが、実態は32bitに近い。

関連タグ

ゲーム レトロPC ドット絵 65535 16ビットガール

関連記事

親記事

ビット びっと

子記事

  • 16bit じゅうろくびっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「16ビット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2932

コメント