ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ぼくらの16bit戦争

22

ぼくらのしっくすてぃーんびっとうぉーず

「ぼくらの16bit戦争」とは、ささくれP作詞・作曲によるGUMIオリジナル曲である。
「ぼくらの16bit戦争」とは、ささくれP作詞・作曲によるGUMIオリジナル曲である。

-本日より、"16bit"を所持している者

並びに其れを支持する者は、厳正に処分します。-(投稿コメントより)



概要

概要

ささくれP作詞・作曲によるGUMIオリジナル曲。変拍子を多用したプログレッシブロックチューン。

ニコニコ動画に2009年7月12日投稿され、めぐっぽいど発売から1ヶ月足らずというスピード投稿となった。

「終末」シリーズの1つであり、ボカロでも珍しいクールでかっこいい曲である。


ちなみにこの曲はささくれPが小学生の時に初めて購入した小説「ぼくらの七日間戦争」から発想を得ている様子で、歌詞には近頃討論されている創作物の表現自由化規制への警鐘が込められているのかもしれない……?


  • 2010年11月28日 ニコニコ動画で100万再生達成
  • 2013年11月20日 ニコニコ動画で200万再生達成
  • 2018年12月5日 ニコニコ動画で300万再生達成

終末シリーズでの位置づけ

世界がどうなっちゃうとか?

しゅうまつがやってくる!ぼくらの16bit戦争ワンダーラスト*ハロー、プラネット。


続編曲

ぼくらの16bitエンズ・トリガー

(※下記小説版の要素も盛り込まれている)


音ゲー収録歴

音ゲー収録歴

  • 2016年1月7日より『CHUNITHM』に収録。
  • 2018年9月4日より『オンゲキ』に収録。第1章チャプター7の追加曲として登場(ジュエル45個消費)。
  • 2018年12月6日より『pop'n music peace』に収録。担当キャラクターはGUMI
  • 2019年2月28日より『SOUND VOLTEX VIVID WAVE』に収録。
  • 2021年1月7日より『WACCA』に収録。(現在はプレイ不可)
  • 2022年7月1日より『プロジェクトセカイ』に収録。

小説化

小説化


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

メグッポイド GUMI ささくれP ラララ終末論。

VOCALOID

終末シリーズ

-本日より、"16bit"を所持している者

並びに其れを支持する者は、厳正に処分します。-(投稿コメントより)



概要

概要

ささくれP作詞・作曲によるGUMIオリジナル曲。変拍子を多用したプログレッシブロックチューン。

ニコニコ動画に2009年7月12日投稿され、めぐっぽいど発売から1ヶ月足らずというスピード投稿となった。

「終末」シリーズの1つであり、ボカロでも珍しいクールでかっこいい曲である。


ちなみにこの曲はささくれPが小学生の時に初めて購入した小説「ぼくらの七日間戦争」から発想を得ている様子で、歌詞には近頃討論されている創作物の表現自由化規制への警鐘が込められているのかもしれない……?


  • 2010年11月28日 ニコニコ動画で100万再生達成
  • 2013年11月20日 ニコニコ動画で200万再生達成
  • 2018年12月5日 ニコニコ動画で300万再生達成

終末シリーズでの位置づけ

世界がどうなっちゃうとか?

しゅうまつがやってくる!ぼくらの16bit戦争ワンダーラスト*ハロー、プラネット。


続編曲

ぼくらの16bitエンズ・トリガー

(※下記小説版の要素も盛り込まれている)


音ゲー収録歴

音ゲー収録歴

  • 2016年1月7日より『CHUNITHM』に収録。
  • 2018年9月4日より『オンゲキ』に収録。第1章チャプター7の追加曲として登場(ジュエル45個消費)。
  • 2018年12月6日より『pop'n music peace』に収録。担当キャラクターはGUMI
  • 2019年2月28日より『SOUND VOLTEX VIVID WAVE』に収録。
  • 2021年1月7日より『WACCA』に収録。(現在はプレイ不可)
  • 2022年7月1日より『プロジェクトセカイ』に収録。

小説化

小説化


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

ぼくらの16bit戦争
22
ぼくらの16bit戦争
22

ぼくらの16bit戦争

22

ぼくらのしっくすてぃーんびっとうぉーず

「ぼくらの16bit戦争」とは、ささくれP作詞・作曲によるGUMIオリジナル曲である。
「ぼくらの16bit戦争」とは、ささくれP作詞・作曲によるGUMIオリジナル曲である。

-本日より、"16bit"を所持している者

並びに其れを支持する者は、厳正に処分します。-(投稿コメントより)



概要

概要

ささくれP作詞・作曲によるGUMIオリジナル曲。変拍子を多用したプログレッシブロックチューン。

ニコニコ動画に2009年7月12日投稿され、めぐっぽいど発売から1ヶ月足らずというスピード投稿となった。

「終末」シリーズの1つであり、ボカロでも珍しいクールでかっこいい曲である。


ちなみにこの曲はささくれPが小学生の時に初めて購入した小説「ぼくらの七日間戦争」から発想を得ている様子で、歌詞には近頃討論されている創作物の表現自由化規制への警鐘が込められているのかもしれない……?


  • 2010年11月28日 ニコニコ動画で100万再生達成
  • 2013年11月20日 ニコニコ動画で200万再生達成
  • 2018年12月5日 ニコニコ動画で300万再生達成

終末シリーズでの位置づけ

世界がどうなっちゃうとか?

しゅうまつがやってくる!ぼくらの16bit戦争ワンダーラスト*ハロー、プラネット。


続編曲

ぼくらの16bitエンズ・トリガー

(※下記小説版の要素も盛り込まれている)


音ゲー収録歴

音ゲー収録歴

  • 2016年1月7日より『CHUNITHM』に収録。
  • 2018年9月4日より『オンゲキ』に収録。第1章チャプター7の追加曲として登場(ジュエル45個消費)。
  • 2018年12月6日より『pop'n music peace』に収録。担当キャラクターはGUMI
  • 2019年2月28日より『SOUND VOLTEX VIVID WAVE』に収録。
  • 2021年1月7日より『WACCA』に収録。(現在はプレイ不可)
  • 2022年7月1日より『プロジェクトセカイ』に収録。

小説化

小説化


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

メグッポイド GUMI ささくれP ラララ終末論。

VOCALOID

終末シリーズ

-本日より、"16bit"を所持している者

並びに其れを支持する者は、厳正に処分します。-(投稿コメントより)



概要

概要

ささくれP作詞・作曲によるGUMIオリジナル曲。変拍子を多用したプログレッシブロックチューン。

ニコニコ動画に2009年7月12日投稿され、めぐっぽいど発売から1ヶ月足らずというスピード投稿となった。

「終末」シリーズの1つであり、ボカロでも珍しいクールでかっこいい曲である。


ちなみにこの曲はささくれPが小学生の時に初めて購入した小説「ぼくらの七日間戦争」から発想を得ている様子で、歌詞には近頃討論されている創作物の表現自由化規制への警鐘が込められているのかもしれない……?


  • 2010年11月28日 ニコニコ動画で100万再生達成
  • 2013年11月20日 ニコニコ動画で200万再生達成
  • 2018年12月5日 ニコニコ動画で300万再生達成

終末シリーズでの位置づけ

世界がどうなっちゃうとか?

しゅうまつがやってくる!ぼくらの16bit戦争ワンダーラスト*ハロー、プラネット。


続編曲

ぼくらの16bitエンズ・トリガー

(※下記小説版の要素も盛り込まれている)


音ゲー収録歴

音ゲー収録歴

  • 2016年1月7日より『CHUNITHM』に収録。
  • 2018年9月4日より『オンゲキ』に収録。第1章チャプター7の追加曲として登場(ジュエル45個消費)。
  • 2018年12月6日より『pop'n music peace』に収録。担当キャラクターはGUMI
  • 2019年2月28日より『SOUND VOLTEX VIVID WAVE』に収録。
  • 2021年1月7日より『WACCA』に収録。(現在はプレイ不可)
  • 2022年7月1日より『プロジェクトセカイ』に収録。

小説化

小説化


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    箱入り令嬢、ダーリンの溺愛レッスンにとろけちゃうっ♥異世界アンソロジー

    cover illustration:うすくち 漫画:春乃まい、奏多えい、美中、Secco、吉見キヨ 原作:赤井茄子、おおまななせ、宮田紗音、四季夏果、待鳥園子

    読む
  2. 2

    カワイイ恋は着飾らない

    直正也

    読む
  3. 3

    今日、駅で見た可愛い女の子。

    さかなこうじ

    読む

pixivision

カテゴリー