ピクシブ百科事典

ぼくらの七日間戦争

ぼくらのなのかかんせんそう

『ぼくらの七日間戦争』とは、1985年4月に発行された宗田理の文庫書き下ろし小説。ぼくらシリーズの第1作目。映画化もされ、続編『ぼくらの七日間戦争2』も製作された。
目次[非表示]

あらすじ

1学期の終業式の日のこと。中学校の1年2組の男子生徒21人が突如行方不明となる。親たちは彼らを探すが全く見つからない。実は男子生徒たちは、荒川べりの廃工場に立てこもって、そこを日本大学全学共闘会議をまねた「解放区」と称し、校則で抑圧する教師や勉強を押し付ける親に対し、反旗を翻していたのである。女子生徒と、FM発信機で外にFM放送を送信する係の男子生徒1人も、外から彼らに協力していた。
だが、実は21人のうち1人だけは、それに参加する前に誘拐されていた。男子生徒たちは彼を救出しに奮闘すると同時に、突入してきた教師を、様々な仕掛けで翻弄する…。

登場人物

ぼくら

菊池 英治(主人公)
相原 徹
安永 宏
柿沼 直樹
立石 剛
天野 司郎
日比野 朗
宇野 秀明
谷本 聡
中尾 和人
小黒 健二
佐竹 哲朗
秋元 直也
中山 ひとみ
堀場 久美子
橋口 純子
朝倉 佐織
原田 千尋

菊池 栄介
菊池 詩乃
堀場 千吉
滝川 為朝

教師

北原 整
榎本
樺島
鬼丸
新田

その他

矢場 勇
瀬川 卓蔵
石坂 さよ
南 はる

映画

ぼくらの七日間戦争

角川映画作品。1988年8月13日から東宝系劇場にて公開。同時上映「花のあすか組!
主題歌TM NETWORKの「SEVEN DAYS WAR」。


管理教育に抑圧された中学生が、学校教師や大人に「戦争」を挑む。原作にはない61式戦車なども登場。宮沢りえ主演第1作としても注目された。
登場した戦車は『戦国自衛隊』のために製作されたもので、数々の作品に出演した経歴を持つレプリカである。

なお、この61式戦車は物語の設定上は実弾装備はされていなかったらしくしかもかなり放置されていたようで走る事ができなかった。
しかし、それを中学生が修理してついには自走可能にまでやってのける。おまえら本当に中学生なのか!?

なお、生徒達が立て籠った廃墟の地下に、自衛隊が所有する戦車があった理由は作中でも明確になっていない(国有地であることだけは劇中から読み取れる)。
2011年に角川映画35周年記念としてデジタル・リマスター版が発売され、2012年には「角川ブルーレイ・コレクション」の一作品としてブルーレイディスク化。
設定は概ね原作に沿っているが、誘拐事件等は省かれている。

『次は国会議事堂だ!!』

・・・しかし、キャストが一新された『ぼくらの七日間戦争2』の舞台は沖縄県であった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ぼくらの七日間戦争」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6303

コメント