ピクシブ百科事典

二家本辰己

にかもとたつみ

二家本辰己とは、日本の俳優、スーツアクター、スタントマン、殺陣師。ウルトラマンレオやチタノザウルスなどのスーツアクターや『ウルトラマンティガ』や『ウルトラマンダイナ』、『座頭市』などの擬斗や殺陣を担当したことで知られる。
目次[非表示]

プロフィール

性別男性
誕生日3月6日
出身地山口県
過去の所属JAE
所属アーバンアクターズ


経歴

1953年3月6日生まれ。山口県出身。
旧芸名は二家本辰巳

中学卒業後にブロック建築を学び、就職したがアクションをやりたいと思い1971年に上京。ちなみに上京した年は『帰ってきたウルトラマン』が放送され、のちのJAEの後輩である権藤俊輔が生まれた年である。

キイハンター』に出演していた千葉真一のアクションに魅入られ、JAEに入門する。『人造人間キカイダー』ではダークロボットトランポリンを担当するなど、端役や斬られ役として数多く出演する。

ウルトラマンレオ

ウルトラマンレオ!


1974年ウルトラマンレオ』にて、当初第1話前半のウルトラセブンスーツアクターを担当するゲスト枠であった。

しかし「格闘技の達人で高い身体能力を持つ」というレオの設定もあり、スタッフの意向により、『レオ』1話後半以降からウルトラマンレオのスーツアクターを担当し、レギュラー出演をすることになった。

巨大感に合わせたアクションを行った従来のウルトラ戦士のアクションと違い、バック転やバック宙(後方宙返り)、柔道、空手、合気道などの各種武道、格闘技からアクロバティックな動きが取り入れられたレオの演技を、それまでなかった歯切れのよいスピーディな動きでこなした。

一方で、1クール目が過ぎるころまで続いたスポ根リベンジ設定のため、撮影日程が通常の倍になり、それまでのスーツアクターのうち最も過酷なスケジュールで撮影に臨まなくてはならなくなったり、レオ終盤では操演中心の円盤生物との戦いの演技に苦労した。…あと、東條昭平監督ドロップキックしてくるし。

メカゴジラの逆襲

『レオ』で怪獣のスーツアクターを担当していた河合徹との縁で、1975年の『メカゴジラの逆襲』に出演し、チタノザウルスのスーツアクターを担当した。ちなみに、河合は同作でゴジラのスーツアクターを担当している。


1979年以降

その後、1979年に『探偵物語』で共演した松田優作に声をかけられ、バイクの購入資金がないとジェスチャーを交えながら明かしたことを面白がられたことがもとで、『野獣死すべし』などでも呼ばれるようになる。

1986年の松田監督作『ア・ホーマンス』からもっぱら殺陣師・アクション監督として活動するようになり、1989年にアーバンアクターズを設立。代表を務める。

ウルトラマンティガ』、『ウルトラマンダイナ』、『ウルトラマンマックス』の擬闘を担当したほか、2003年ビートたけし監督作品『座頭市』の殺陣・アクション全てを手掛けている。

エピソード

身体能力

ジャンプを得意としていたために『キカイダー』でトランポリン担当となる。また、DVD『ウルトラマンレオ』Vol.4解説書での真船禎の証言いわく「ぬいぐるみ着たまま、水を張ったステージでも連続バック転やるんだから。CGなしであんなこと出来るなんて信じられないよ。」。

ウルトラセブン

『レオ』でウルトラセブンのスーツアクターを担当したのは、二家本本人の希望であり、理由はセブンが好きだったこととアイスラッガーを一度投げてみたかったからだとか。
またウルトラセブンの上西弘次が『座頭市』をヒントにアイスラッガー逆手切りを考案したというから「座頭市」の撮影に参加した二家本とセブンとの縁が深い。

デジャブ

かつて荒垣輝雄と清野幸弘がぺスターのスーツアクターを担当していた際にぺスターの目のあたりに弾着が当たり、水が着ぐるみの中に流れ込んできたことがあったり、きくち英一プリズ魔と戦うウルトラマンジャックのスーツアクターを担当した時に感電したことがあった。
『レオ』第1話や第2話でスーツのマスクに水のはけ口がなく、水がスーツの中に溜まって危険を感じて思わずマスクを破壊したり、火薬発火用の電線が誤って配線されて電流を直接浴びたりと、二家本は荒垣やきくちと似たような経験を体験している。

外部リンク

関連項目

スーツアクター 殺陣 俳優
ウルトラマンレオ ウルトラセブン(キャラクター) ウルトラマンレオ(キャラクター) アイスラッガー
松田優作

関連記事

親記事

スーツアクター すーつあくたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「二家本辰己」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205

コメント