ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1985年にソビエト連邦のコンピュータエンジニア「アレクセイ・パジトノフ」が当時としてもスペックの低いソ連製PCで生み出した「ペントミノ」からヒントを得たパズルゲーム。
落ちてくるブロックを積んで一列に消すというのが基本的なルール。一番上まで積み上がってしまったらゲームオーバー。
その依存性は全世界共通で、登場以降「世界で最も売れたゲーム」として語り継がれて来た。
現在ではMinecraftに抜かれてしまったが、それでも2位に位置しており、テトリスだけでマリオシリーズの総売り上げを超えると言えばその凄まじさが理解出来るだろう。
ちなみに、名称はテトロミノ(ドミノの四個版)+テニスらしい。
(モノ(1)リス→テト(4)リスといいたいところだがスペルが違う)

派生作品としてブロックに爆弾を仕込んだボンブリスがある。
こちらは列を揃えただけでは消えず、揃えた列にある爆弾を爆発させることでブロックを消せる。
しかし、発売元のBPSが他に版権を譲渡せずに解散してしまいアーカイブ化もされていない。
一応、有志が作成したPCソフトに酷似したシステムのBomblinがあるので現在遊ぶならこれ。

ブロックの名前

Wikipediaによると、テトリスのブロックのことは「テトリミノ」と呼ばれる。
以下は、各テトリミノの通称と特徴を紹介する。

テトリスしてぇ


みんな大好き、I=棒
J=「﹁」の形
L=Jの真逆
おそらく、一番の嫌われものO=「田」の正方形。回転させても意味がない。
S=水平に置くと、左上と右下が漥んでる形
T=「凸」の形。現行ルールではT-Spinというルールがあるため戦術の要になる。
Z=水平に置くと、左下と右上が漥んでる形

ライセンス

1996年にザ・テトリスカンパニーが設立され著作権を一括管理する事で様々な機種にテトリスを出す事ができるようになった。
それ以前は旧ソ連の外国貿易協会(ELORG)という機関が管理していた。
イギリスのミラーソフトという会社がハンガリーの会社を経由してライセンス契約をしており、当時のテトリスはここからライセンス契約(の又貸し)していたのだが、任天堂ゲームボーイのテトリスを出す為になんと直接ソ連に渡航してELORGからライセンス契約を締結したのである。
時はまだ冷戦下であった上に任天堂は西側諸国の日本であった為、交渉に向かった交渉人(実はかつて存在したBPS創始者)にはソ連の公安職員が常に付いていた中での緊張下におかれた交渉だったという。

実はミラーソフトが契約したのは「PCゲームのみ(正確にはIBM-PCのみ)」の契約であった為、本来は家庭用ゲーム機アーケードゲームではできないものだった。
ミラーソフトからのライセンス契約をしていたセガメガドライブ版を完成・出荷目前にして発売中止を余儀なくされてしまい、同じくテトリスを販売していたテンゲンも任天堂相手に訴訟したがテンゲンのテトリスはミラーソフト経由のライセンスだった為権利がないとの判決が下された。

半ば任天堂の独占の形になってしまったが、考え方によってはミラーソフト経由のままだった場合、旧ソ連と日本で国際問題に発展する可能性もあったとも考えられる。
ELORGも任天堂との契約の場でライセンスの又貸しが起きている実態を初めて知ったとされ、逆に任天堂側交渉人もELORGがその実態を知らなかった事に驚いたという。

交渉人はファミコン版テトリスをELORG側に見せたとの事だが、当然ELORGの意図していたライセンスでは無かった為に憤慨、これが又貸しライセンスの証拠になり、ミラーソフトが行っていた事をミラーソフトがうっかり認めてしまった結果になった。
なお、任天堂側と交渉成立した正確な経緯は不明であるとされ、交渉人はこれまでのライセンス関係を考慮したのか、BPSテトリスの売り上げを小切手としてELORGに渡した事が他の企業と違い、唯一誠意を見せたと判断したのが要因ではないかとされている。

また、テトリスの生みの親であるアレクセイ・パジトノフには1995年まで一切パテントの権利はなく、著作権はELORG側にあったという。

メガドライブ版は幻となり、何らかの形で流出したものが海賊版カートリッジとして一時期出回っていたが、実は海外でリリースされていたアーケードゲーム「SEGA MEGA-TECH SYSTEM」というメガドライブのアーキテクチャを利用したアーケードシステムの専用カートリッジとして出ていた。
カートリッジ自体はメガドライブのものと同じであったが、メガドライブでは起動できないようになっていた。

詳細は不明だが、バーチャルコンソールのテトリスは現在配信終了しており、バーチャルコンソールにもライセンスが有効な期間があったと推測される。

その後、メガドライブミニ最後の一本として幻に終わったメガドライブ版テトリスが復活。
なんと当初のものではなくアーケード版の完全再現という気合いの入れ方である。
なお、ザ・テトリスカンパニーによるライセンスは現行のテトリスのルールに則ったガイドラインを基本的に厳守したものでないといけないらしいが、メガドライブミニ収録版には特別に許可を出したという。

90年代後半に起きた携帯ゲーム・ミニ電子ゲームブームの立役者とされるものとしてゲームテックから発売されていたキーチェーンタイプの電子ゲーム「ミニ・テトリン」「テトリン55」があった。しかし、これはザ・テトリスカンパニーのライセンスを受けていない商品だったのである。
しかし、2020年にザ・テトリスカンパニーのライセンスを受けて「テトリスミニ」として復活。現代のスタイルに合わせてUSB充電ができる仕様となっている。

音楽

テトリスの音楽といえば、皆が口を揃えて答えるのがロシア民謡の「コロブチカ」であろう。
テトリスといえばコロブチカ、コロブチカといえばテトリス(もしくはフォークダンス)と言われるくらいである。
ただし、テトリスによってはコロブチカのアレンジが異なるものもある。

ちなみにゲームボーイのテトリスのBGMのTYPE-Aはコロブチカであるが、通信ケーブル同梱版のものは何故かTYPE-Aがメヌエットになっている。ただし、通信対戦には問題ない。

現在のルール

2002年ごろ発売された「テトリスワールド」によってガイドラインが定められた。ユーザーからはワールドルールと言われることが多く、後の作品にも正式に導入されているためこちらの方が馴染みが深い人も多いだろう。
その特徴は様々であり、
・タイトルがデザインの共通したロゴになった。長らく「TETRiS」とIだけ小文字だったが、2019年から変更され、現在は「TETRIS」とすべて大文字になっている(ぷよテトとぷよテト2、テトリスエフェクトとスイッチ版のコネクテッドでテトリスのロゴが異なっている)。
・上記のテトリミノの出現が偏らなくなり、常に7種類で1組として出現するよう変更。この仕様でネクストに同じテトリミノが3回以上連続で降らないようになった(2回連続で降ることは稀にだが発生する)。Iミノ無双が出来なくなった一方でOミノやSZミノだらけで頭を抱えるようなことも発生しなくなる。
・テトリミノの色と出現する向き、回転の法則が統一化。Iミノは水色、Oミノは黄色、Jミノは青、Lミノはオレンジ、Sミノは緑、Zミノは赤、Tミノは紫になり、向きは常に上向きになっている。因みにこのテトリミノの色はぷよぷよテトリスで登場した、テトリス側が版権を持っているテト号のキャラクターたちにもそれぞれ色が反映されている。
・接地しても回転や左右移動などの操作を行うことですぐには固定されないインフィニティの導入(作品によっては永久の防止に一定の操作で強制的に固定化(ロックダウン)させることもある)
・テトリミノを回転しやすくするスーパーローテーション、Oミノを除いた各種テトリミノの回転入れの導入。因みにT-SPINもスーパーローテーションで成立している型が存在する。
・最低2つ以上のネクスト、テトリミノの落下位置が判るゴーストやテトリミノを保持および入れ替えが出来るホールド、テトリミノを即時固定させるハードドロップといった補助機能の搭載。ネクスト以外は設定でオンオフの切り替えが可能な作品もある。ホールドを利用すれば超強引だが3回連続でテトリス消しを行うことも可能。
・テトリミノを連続で消すコンボ(日本ではRENと言われている)、ライン消しでテトリス消しやT-SPIN消しを途切れずに成立させると発生するBack to Backの導入(BtBやB2Bと略されることもある)
・テトリミノの出現位置の調整。中央が20ラインまで積んでもその上にテトリミノが出現する。昔のテトリスでは重なってゲームオーバーになることもあった。
・ゲームオーバーの条件の変更。21ライン以上上にテトリミノを置いてもゲームオーバーになる(ただし、一部分だけでも20ライン以内にあれば回避可能)
など現在では当たり前のように配慮されたものばかりとなっている。これらの機能がなかった昔のテトリスは比較してクラシックルールと言われることもある。

テトリス99

ニンテンドースイッチのオンライン同時99人マッチング。
詳しくはリンク先参照。

スマブラ

スピリッツとして登場(恐らくテトリス99絡み)。7種類全てのテトリミノが追加された。内容は以下の通り。ただ、スピリッツとはキャラクターの思念体みたいなものである。テトリミノのスピリットとは一体…。

だが、ゲームの歴史における画期的な作品としては納得のラインナップである。

ちなみにコロブチカのアレンジはスマブラでもその他の扱いで収録されていたが、初めてテトリスに纏わるイベントで使われる珍事にもなった。

テトリミノランク属性
Iテトリミノ★★★アタッカー:攻
Tテトリミノ★★サポーター
Sテトリミノ&Zテトリミノ★★アタッカー:投
Lテトリミノ&Jテトリミノ★★サポーター
Oテトリミノアタッカー:防

※テトリミノ名はスピリット名鑑より記載。

関連イラスト

助けてあげてください



関連タグ

ゲーム 無限ループ パズル ロシア カラフル コロブチカ
落ちもの テトリス武闘外伝 ぷよぷよテトリス(ぷよテト)
ぷよぷよ コラムス すれちがい迷宮
テトリミノ テトリス99

関連記事

親記事

落ちゲー おちげー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「テトリス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「テトリス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2928537

コメント