ピクシブ百科事典

真・三國無双8

しんさんごくむそうえいと

『真・三國無双8』とは、コーエーテクモゲームスが発売したアクションゲーム。
目次[非表示]

概要

コーエーテクモゲームスが展開している“真・三國無双シリーズ”のナンバリングタイトル第8作目で、前作『真・三國無双7』から約5年ぶりの2018年2月8日発売。
プラットフォームはプレイステーション4

これまでのシリーズ同様に三国志をベースとした物語や痛快な一騎当千アクションに加え、本作ではシリーズ初の試みとしてオープンワールドを採用し、一枚の広大なマップとして構成された中国大陸を舞台に、これまで以上に自由度の高いアドベンチャー要素が取り込まれている。

システム

オープンワールドという新しい試みをした本作品だが、システム変更が多く評価は分かれる。

バグ・不具合

7Empiresに引き続きバグが多い。7のようなフリーズは殆ど見受けられなくなったが、今回はかなり表記ミスが多い。特に戦況メッセージは味方に有利な状況は青、不利な状況は赤で表示されるのがめちゃくちゃになっている。また、ボイスメッセージについても同様で味方武将のセリフなのに赤、敵武将のセリフなのに青なんてこともよくある。
表記ミスはまだいいが、プレイに支障をきたす不具合もあり満足に出来る状況ではない(とはいえ徐々にアップデートで修正されてはいるが)。

ストーリーモードについて

『5』以来の個人伝だが、90人という莫大な人数にも関わらず個人伝を採用(しかも何回も同じミッションをしなければならない)したことにより、プレイヤーが苦痛を感じてしまう結果になった。また、ただ単に勢力ストーリーをしているだけなのでフリーモードをしている感覚になる。
武将の分身は一部除いてないものの代理武将の割り当て方がかなりテキトー。例えば、ミッションの中に「鮑三娘の救出」というものがあるが、これを鮑三娘でプレイすると別の代理武将を救出するステージとなる。が、代理武将は全くボイスなしなので助ける立場の鮑三娘が「死んじゃうのかと思った」とまるで自分が救出されたような台詞を吐く。
また、後述でも説明するが、今回は勢力移籍が不可能なため、活動は1つの勢力に限られてしまう。なので、袁紹軍時代の張郃や曹操軍時代の関羽、蜀軍時代の夏侯覇、呉軍時代の諸葛誕などはプレイ出来ない。個人伝ということで勢力に縛られずその武将の生き様を追えると思っていたプレイヤーが多いのでこれに対しては、「個人伝の利点が活かされていない」という意見が多い。
ただ悪い意見ばかりでもなく、90人一人ひとりのEDを見れることに関しては好意的な意見が多い。また、以前よりかは武将の出番の偏りがなくなった(まだあるにはあるが、6のようなストーリーに全く関わらないという人はいなくなった)。

武将の交友関係

こちらは新要素ではなく、『6』から恒例にあるもの。今回は隠れ処という場所で絆を深めるのだが、プレイしていて違和感を感じるのが「通遇したのなら敵武将でも呼べて絆を高めあえる」という点。勢力の枠を超えて絆を深めるということ自体は『6』『7』でもあったのだが、この2作はクロニクルモード、将星モードといったストーリーに全く関与していないモードでのシステムだったのでプレイヤーも割り切ることが出来ていた。しかし、今回はそれをストーリーモードに持ってきたため敵関係だった者とも普通に喋ることができるようになっている。例をあげるなら「虎牢関で董卓軍と戦っている最中に隠れ処にいって董卓と仲良くなれる」と言った感じ。しかしながら今作はモードがストーリーとフリーしかないので致し方ないという意見も。

街について

今作ではオープンワールドの特性を生かして、戦闘中の場所以外なら自由に行き来することが可能。そこで平服姿の武将に出会えたり、街の人の会話を聞くことが出来る。平服姿の武将に会えるという面ではやはり、隠れ処と同じく敵とも会えるので違和感はあるもののいつもと違う姿の武将を見ることが出来る。街の人の会話については結構豆知識があり、いきなりフェードアウトする武将も街の人の会話で知ることが出来るため評価はいい。

平服について

今作から導入された武将の私服でいつもと違う姿を見ることが出来る…が、欠点として平服で移動できるのは隠れ処のみという部分が挙げられる。流石に「街くらいは平服で歩きたかった」という意見が多い。

オープンワールドについて

本作の醍醐味ともいえるものではあるが、こちらも賛否両論。自由に駆け回るといってもプレイしているのは創作物ではなくあくまで三国志なため、他のオープンワールド作品に比べると自由度はやや劣る。しかし、それでも一方通行だった『6』や『7』に比べると明らかに自由度は増している。
だだっ広いだけという意見もあれば、たくさんの場所にいけて楽しいという意見もあるので好みの差ではある。
ただ戦闘中にも色んなところへ行けるので「戦闘はオープンワールドと分けて欲しかった」という意見もある。
1つ問題を上げるとするならBGMがブツ切りになってしまうということ。今までは1ステージに1つのBGMを流し続けていた(戦況が変わると切り替わることもあった)が、今作では状況によってBGMが変わっていくため、今までのようにじっくり聴けなくなってしまった。今まで通り、特定の戦いには専用BGMがあるが、総大将に近づかないと流れないため、イメージも付きにくくなってしまっている。
BGMに関してはアップデートで改善され、特定の家具を買うことで音楽を変更出来るようになった。

水上戦

本作の戦闘における最大の問題点といっていい。今までにも水上戦は赤壁であったが、水の中に落ちるということはまずなかったので地上と何ら変わりなくプレイ出来ていた。が、オープンワールドを取り入れた今作は全てが繋がっているため当然どこでも泳げるのである。すなわち、舟で戦闘をすると敵味方問わず、落ちてしまうことが多い。そのため、今までのようにスムーズな戦闘が出来なくなってしまった。そして、何より目を疑うのが敵武将が落ちた時。落ちた瞬間舟に瞬間移動する。流石にこれに対しては否定的な意見が多い。

赤壁の戦いについて

三国志でも有名な戦の1つであるが、今作では過去作とかなり違う。まず、苦肉の策や連環の計、十万本の矢など一々準備をしなければならない。1、2回なら全然いいのだが、これを呉・蜀の武将で赤壁がストーリーに含まれている人は全員やらなければならない。
そして問題なのが、炎上した舟での戦闘がない。無双赤壁での醍醐味だったものが消えたのでガッカリしたプレイヤーも多い。ただし、上記で説明した通り水上戦が今作は微妙なので削って正解という見方もできはする。


モーションシステムの変更

今作は『5』を除いて恒例だったチャージシステムを廃止し、ステートコンボシステムを導入した。これに関しては完全にプレイヤーの好みである。チャージシステムが集団をまとめて薙ぎ倒すのが売りなのに対して、ステートコンボシステムは名前の通りコンボに重きを置いたシステム。
チャージ攻撃のように敵を一掃する攻撃は減少した代わりに、初心者でも簡単にコンボを決めれるようになっている。マンネリ打破という意味ではまぁまぁ成功したといっても良い。

リアル路線

武器

特に近年の作品では三国時代は勿論、現代科学でも再現不能なオーバーテクノロジーな武器が数多く登場していたが、今作では戦場の雰囲気に合うようにリアル路線を追求。トンデモ武器は排除された。それに従って武器数が減少し、武器を共有する武将が再び発生した。モーションの少なさでいうとシリーズでもトップクラスで今回は呂布以外はコンパチという結果になっている。これに関して「折角7で全員固有武器だったのに残念」「〇〇武将に全く似合わない」といった否定的な意見がある一方、「浮く剣やビリヤードは時代に合わなかったので良かった」といった肯定的な意見も存在する。ただし、消された武器の中には至って普通な武器も存在(旋棍や鉤爪など)し、リアル路線に従って武器を減少させたというのはただの言い訳に過ぎないのではないかと思うファンもいるが、90人を超えるキャラクター全てのモーションを固有で作り直すのは流石に難しいのでコンパチ自体は致し方ないことだと割り切った方が良いと感じるファンもいる。
周泰に関しては立ち絵で鞘を持っているのに実際は刀だけなのでこれは明らかに詐欺といえる。

兵器・馬

全体的に『4』以前のような木製のデザインになり、自動だったのがしっかり2~5人の人が動かしている。馬については殆どは前作と変わらないが、赤兎馬は『6』以降の化け物のようなデザインから『5』
以前の豪華な装備をした馬に戻された。これについては好意的な意見が圧倒的に多い。

モード

ストーリーモード

本作では『5』以来の個人伝。1章から13章まである。今までの個人伝はステージ数が同数だったが、今回は武将によって異なる。そのため、早死した武将や後半に登場する武将はかなり短めなストーリー。逆に孫権など長寿な武将はかなり長い。
注意してもらいたいのが武将のストーリーモードと武将の登場する章の長さは異なるというところ。例えば、孫堅だと自身のストーリーモードは2章で終わるが、他の呉の武将を使った場合は3章まで登場する。
個人伝とは言うものの実際は勢力ストーリーをその時代に生きた武将でなぞるという方式なため、実質勢力伝を90人でやっているようなもの。更には勢力ストーリーをなぞってるだけなため、勢力が移行する人物は決められた勢力でしか個人伝がない(例として夏侯覇なら魏にいる時までのストーリーしかない)。例外としてその勢力に自分一人しか属していない武将(張角や袁紹、董卓など)とDLCで使用可能になるNPC武将は従来の個人伝のように自身のストーリーをそのままなぞっていく方式。

フリーモード

好きな章と勢力を好きな武将でプレイができる。なお、プレイヤー武将がその章に存在する時代だと分身する。

システム

体力ゲージ

全てなくなるとゲームオーバー。なお本作では、以前のようにゲージの色が変わらず一貫して青色である。アイテム(活力粉、活力丸など)で回復可能。

無双ゲージ

無双乱舞を発動するためのゲージで、攻撃を敵にあてたり、アイテムを使ったり、老酒を拾うと溜まっていく。5までと同じように長い1本のゲージになった。

気炎ゲージ

無双ゲージの下にある緑色のゲージで回避や軽功、武器を持っていない時にダッシュをすると一定量消費していき、連続で使用して無くなるとそれらの動きが使えなくなる。尚、体力ゲージや無双ゲージと違って消費してもすぐに回復する。

気炎ゲージ(馬)

乗馬の際に表示される緑色のゲージでダッシュしたり、敵兵にぶつかると消費。馬のレベルが上がるとゲージが長くなり、長時間ダッシュすることが可能となる。


ステートコンボ

□を連打することにより、連続で攻撃を行える。

フロー攻撃

敵の状態(気絶状態・空中にいる状態・ダウン状態)によって変化する攻撃。

リアウト攻撃

△ボタンで発動。臨機応変に繰り出されるアクション。

カウンター攻撃

敵が攻撃を仕掛ける際に頭上に△表示がされ、ボタンを押すと、敵に攻撃を受ける前に攻撃を仕掛けることが可能。

引き離し攻撃

接近状態で△ボタンを押して、敵を引き離す。

ダッシュ攻撃

敵が遠くにいる状態で△ボタンを押すと、一気に距離を詰めて攻撃する。

叩き落とし攻撃

空中で接近して△ボタンを押し、敵を叩き落とす。

ガード弾き攻撃

敵がガード中に△ボタンを押すと、ガードを弾く。

奇襲攻撃

敵に気付かれずに△ボタンを押し、攻撃を仕掛ける。

フィニッシュ攻撃

連続でコンボを決めたり、敵の体力が大福に減少した時に△ボタンを押すと、一気に敵を撃破できる。

トリガー攻撃

コンボの起点となる攻撃で自身が繋げたいフロー攻撃に持ち込むことが可能。長押しすることで、より強力になり、ガードも弾くことが出来る。
R1+□→一定時間敵を気絶状態にする。
R1+△→敵を空中に打ち上げる。
R1+✕→敵をダウン状態にする。

特殊技

R1+〇で発動。武将固有の強力な攻撃。発動中には属性が付き無敵だが、一定時間のクールタイムがあるので連発は出来ない。得意武器で攻撃するという面では前作までのEX攻撃に近いが、こちらは別の武器を装備していても発動可能。

無双乱舞

無双ゲージが満タンの状態で〇ボタンを押すと、必殺技を発動できる。地上と空中の二種類がある

地上無双乱舞

『5』(厳密には『4』)までの移動式の長押し無双乱舞で、『5』や『戦国無双4』のように最後にフィニッシュ攻撃がつく。フィニッシュ攻撃は『6』以降の無双乱舞と同様なのが多いが、一部変更されている。NPCが使用した時はフィニッシュ攻撃のみ。

空中無双乱舞

『6』以降のような単発攻撃でこれも『6』以降からの流用が多い。

乗馬・下馬

馬が近くにいる時に✕ボタンを押すと、馬に乗れる。また、乗っている時に✕ボタンを押すと降りることが出来る。

馬呼び

L2を押すと、馬を呼べる。更に、押し続けると走りながら馬に乗ることが可能。

馬ダッシュ

乗馬時にR1を押すと、ダッシュができる。馬用の気炎ゲージが無くなると急ブレーキがかかる。

回避

R2ボタンで気炎ゲージを消費しながら回避ができる。

鉤縄

高い壁が正面にある際、R1のマークが出た時にに押すと登ることが出来る。

弓矢

『4』ぶりに復活。下キーを押して弓を構え、□ボタンで撃つことが出来る。なお、普通の矢は無限に撃てる他、火矢や、毒矢なども使える。
アップデートにより弓の種類も選べるようになった。

動物

今作では『6』以降にあった支援獣というシステムがなくなったため、馬にしか乗れない。馬に関してはオープンワールドという広い大陸を移動するための手段ということで速度が過去作に比べて明らかに早くなっており、駄馬でもそれなりの速度で走行可能。武将と同じく気力ゲージがあるためダッシュも可能で、良い馬ほど気力ゲージが長く成長することによってさらに伸ばすことが出来る。

赤兎馬

呂布の愛馬で全馬中最速のスピードを誇る。呂布、董卓、関羽のストーリーをクリアすれば購入可能。呂布はストーリーの途中で董卓から貰うが、トンデモない駄馬でしかもストーリー中に馬を変えれない。

絶影

曹操の愛馬で青黒い馬。曹操のストーリーをクリアすれば入手可能。

的盧

劉備の愛馬。劉備と龐統のストーリーをクリアすれば購入可能。

南中のストーリーで出てくる。今作は乗れない。

兵器

今までは自動で動いていたが、今作はリアル路線ということでちゃんと兵士たちが動かしている。よってどれも操縦不可能。

虎戦車

『3』から登場している月英が作った兵器。

正蘭

砦攻略の際に使う。正直必要性が感じられないが、設置シーンがある。

投石車

石で攻撃する兵器。今までよりもリアルになっている。

弩砲

矢で敵を攻撃する兵器。『6』『7』のはガトリング砲だったが、今作ではリアルに強力な一矢を放つものになった。

衝車

城の門を突破する時に使用する兵器。こちらもリアル路線に従って『3』『4』あたりのデザインに戻った。


登場武将

真・三國無双7Empires』までに登場した計83名のキャラクターは続投し、全員新衣装で登場。全員が新衣装で登場するのは意外にも『5』以来である。また、場面に合わせ平服衣装も新たに追加される。
衣装は一部プロのイラストレーターが参加。男性陣は過去作で被っていた兜や帽子の復活があり、平服が追加されたためか軍師系の武将も以前より動きやすい格好となっている。女性陣の露出は前作までに比べると控えめではあるが、全体的に脚を露出する女性が増加している。


※太文字は新キャラ

【魏】

夏侯惇典韋張遼曹操許褚夏侯淵徐晃張郃曹仁曹丕甄姫蔡文姫賈詡龐徳王異郭嘉楽進李典于禁荀彧曹休満寵荀攸

【呉】

周瑜陸遜孫尚香甘寧孫堅太史慈呂蒙黄蓋周泰凌統孫策孫権小喬大喬丁奉練師魯粛韓当朱然程普徐盛

【蜀】

趙雲関羽張飛諸葛亮劉備馬超黄忠魏延関平龐統月英姜維劉禅星彩馬岱関索鮑三娘徐庶関興張苞関銀屏法正周倉

【晋】

司馬懿司馬師司馬昭鄧艾王元姫鍾会諸葛誕夏侯覇郭淮賈充文鴦張春華辛憲英

【他】

貂蝉呂布董卓袁紹張角孟獲祝融左慈陳宮呂玲綺

特殊NPC(ノン・プレイアブルキャラクター)

夏侯姫董白袁術華雄 

※1 前作まで郭嘉の声を担当していた三宅淳一氏は、病気治療により降板することが公式Twitterで発表されている

※2 周倉は『無双☆スターズ』で先行登場したが、ナンバリングでは本作が初。



関連タグ

ゲーム コーエーテクモゲームス
真・三國無双シリーズ オープンワールド

真・三國無双7真・三國無双8→?

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「真・三國無双8」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 354552

コメント