ピクシブ百科事典

龐徳

ほうとく

中国の三国時代に存在した武将。字は令明。
目次[非表示]

中国後漢末期の武将。
南安郡狟道県の人。従兄に龐柔、子に龐会がいる。

西涼の馬謄馬超親子の配下。曹操に敗れた馬超が漢中の張魯に身を寄せた時もこれに従うが、そこで馬超と袂を分かち、曹操に仕えた。曹操配下として活動した期間は短かったが、その忠烈な最期を称えられ、史書に名を残す事となった。

魏に下る以前

若くして郡使・州の従事となった。その後、初平年間に、涼州の軍閥の長の1人である馬騰に従い、羌族や氐族を撃退する功績を挙げ、度々昇進し校尉に昇った。
数々の戦果を挙げ、その武勇は馬騰軍随一であった。

馬騰が入朝して衛尉に任命されると、龐徳は馬超にそのまま仕えた。馬超が渭南で曹操と戦って敗れると、馬超に従って漢陽に逃げ込んで、冀城を死守した。後に龐徳は、再び反乱を起こし敗れた馬超に従って漢中に落ち延び、張魯に従った。後に、馬超は出奔し劉備に仕えたが、龐徳はそのまま張魯の下に留まった。
その後、曹操が漢中平定を目論んで攻め込んできた際に、張魯の軍勢として出陣する。夏侯淵許褚と一進一退の攻防を行っているのを見た曹操は、殺すのは惜しいと思い、張魯の部下楊松を買収して張魯と仲違いさせた。その為、龐徳は止む無く曹操の元へ降る事となった。

魏の武将として

215年、曹操が漢中郡を平定した時、張魯と共に曹操に降伏し、その家臣となった。曹操は龐徳の勇猛さを知っていたので重用し、立義将軍に任命し関門亭侯に封じ、所領数を300戸とした。

荊州の宛城で侯音や衛開らが反乱を起こすと、曹仁と共に鎮圧して侯音と衛開を処刑した。続いて樊城に駐留し、劉備の部下関羽に備えた。龐徳には従兄と旧君の馬超が劉備の元にいたことから、樊城の諸将達は彼を疑った。
しかし、龐徳は常々「私は国のご恩を受け、命を懸ける事で義を行うものである。この手で関羽を討ちたい。今年関羽を殺さなければ、関羽が必ず私を殺すであろう」と語っていた。その証拠に、後に関羽と戦って矢をその額に命中させた。当時、龐徳は白馬に乗るのを常としていた為、関羽の軍勢は龐徳を白馬将軍と呼んで畏れた。

曹仁の命令で樊城の北10里に駐屯したところ、長雨の影響で漢水が氾濫して平地が水没してしまい、関羽の船によって攻撃を仕掛けられる事となる。孤立無援の中、水没していない丘に登り、弓矢による反撃を続けた。
水が増してくると結局兵は挙って降伏してしまったが、龐徳は濁流の中で配下の将一人と部隊長二人と共に、最後まで抗戦した。決して諦めずに曹仁の元に帰還しようとして小舟に乗るが、水の勢いで龐徳の小舟が転覆してしまった際についに捕縛された。

関羽に降伏を勧められるも、龐徳は「我は国家の鬼となり、賊将にはならぬ」と述べ、最後まで曹操への忠義を貫いて関羽によって首を討たれた。

ちなみに同時期に捕らえられた于禁は命乞いをして降伏したが、後に曹操に「わしが于禁を知ってから30年になる。危機を前にし困難に遭って、(忠義を貫いた)新参の龐徳に及ばなかったとは思いもよらなかった」と言われる羽目になる。
この戦いでは、新参ということで将軍は于禁・副将は龐徳となったが、両者の折り合いは険悪で、意思の疎通を欠いてしまう。初め龐徳は関羽の左腕に矢を命中させるなど、戦局を優位に進めていたが、功を焦った(と思われる)于禁は撤退命令を出す。この命令が仇となり、関羽に虚を突かれて水攻めを喰らって大敗し、于禁・龐徳共に生け捕られる事になる。

余談ではあるが、彼の息子の龐会は45年間もの間父親を殺された恨みを忘れず、蜀が降伏した際には、関羽の一族、血の繋がりのあるものをことごとく殺した。

真・三國無双シリーズ

CV:森田成一
武器:双戟(4・無双OROCHI)、双鉞(6)、狼牙棒(6エンパ・無双OROCHI2)

真・三國無双4から登場したプレイアブルキャラクター。しかし、5にてまさかのリストラ。6(無印)でも復活はならなかったが、猛将伝で待望の復活した。

平時は冷静沈着、戦場では勇猛な戦士として活躍する武人。
太い眉毛と口髭が印象的な渋い顔立ちが特徴。衣装は概ね重装備の鎧姿であり、兜の形状が何処となく西洋のヘルムを髣髴とさせる。

性能としては典型的なパワータイプ。

無双OROCHIシリーズ

無印では遠呂智に与する魏の武将として蜀のシナリオに登場。連合軍と戦う中で、遠呂智に味方する自らの立場に悩んでいたが、迷いを感じ取った幸村達によって救われ、連合軍に投降する。

魔王再臨では、許褚と共に呉の援軍として登場する。

OROCHI2では馬超達を助ける為に馬岱と共に夷陵に残り、清盛軍によって戦死する。助けられた後は討伐軍に加入し、戦死した黄忠を助ける為に手取川で投石車を奪うなどの活躍をする。

pixivに投稿された作品 pixivで「龐徳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 325562

コメント