ピクシブ百科事典

于禁

うきん

于禁とは、中国の三国時代の魏の軍人・官僚。字は文則(ぶんそく)。曹操の配下として有名。
目次[非表示]

生涯


兗州泰山郡鉅平県の人。黄巾の乱で同郷人の鮑進(ほうしん)が義勇兵を募った際に参戦し、初陣を飾っている。初平3(192)年、鮑進が戦死した際に曹操に召し抱えられるが、その出会いで于禁は才能を開花させ、出世街道をひた走る。

軍司馬になった于禁は陶謙の支配する徐州、呂布に奪われた濮陽の戦いでも隊を指揮して活躍し、曹操の評価と寵愛を得る。その後も劉辟や袁術との戦で堅実な戦いを見せる。

宛で曹操が張繍の奇襲で敗れた時に、曹操配下の兵団である青州兵が略奪を開始した時、その暴動を鎮圧して敵への備えも済ませた上で曹操に面会して弁明し、その冷静さと実直さを世に知らしめた。

建安4(199)年、官渡の戦いでは先陣を切って戦い、袁紹軍の猛攻を防いで勝利に貢献した事で偏将軍に昇格。荊州征伐では夏候惇配下で戦い、苦戦したが李典に救われた。なお、演義では于禁が劉表の息子と後妻を殺している場面があるが、それは創作であり母子は曹操配下で幸福な余生を過ごしている。

建安6(206)年に反乱常習犯の昌 豨(しょうき)を征伐し、昔のよしみにすがろうとした彼を泣く泣く処刑している。これも于禁の謹厳実直さのエピソードだが、曹操が厳し過ぎると言っている所などから評価が二分する。一般的に謹厳実直と言われる于禁の人柄だが、それが行き過ぎていたためか、融通が聞かず、他人にも厳しかったっため、人望は薄かったようである。

その後も順調な彼の出世街道であったが、建安24(219)年に曹仁を救援に行った事から運命が暗転する。洪水(演義では蜀軍の策略)にあった挙げ句、関羽に敗れて捕まってしまう。龐徳は死を選んだが、于禁は関羽軍の捕虜として過ごし、関羽が呉に殺された事でようやく解放される。曹操は「ワシが彼を知ってから30年になるが、まさか龐徳に及ばないとは…」と嘆き悲しんだと言う。
ただ、この件に関しては別の見方がある。というのは彼の投降により関羽は自軍内に大量の降兵を抱えることとなり、ただでさえ苦労していた糧秣の確保を壊滅的にさせ、また進軍スピードを大きく鈍らせたといういわば「イヤガラセ」の側面が存在するためである(そもそも、当時の曹操軍の軍律では降伏したものは生きて帰ってこようが特赦が与えられない限りは死罪である)。
死して敵を利するより、生き恥をさらしてでも敵を苦しめるという忠義の臣。そういう見方も可能であろう。

解放された于禁は、その人柄を愛した孫権から手厚くもてなされるが、呉の軍人で文官でもある虞翻は于禁を嫌って苛めぬいた。そして、こんな不忠義者は殺して見せしめにしろと言いたてたが、于禁は虞翻の態度を咎めず、むしろ褒めたと言う。

魏の黄初2年(221)年に曹丕の所へ送還された際、曹丕は于禁に慰めの言葉と安遠将軍の爵位を賜って慰め、曹操の墓参りをするように言いつけるが、曹操の陵墓には龐徳が降参しないのに対して自分が降伏している絵が描かれていた。それを見た于禁は恥と怒りで床に伏し、哀れにも病死する。諡号は厲侯(れいこう)、それには厳しいもの、疫病神、災いの意味があり、曹操挙兵以来の中心であった于禁は、晩節の転落によって死んでもなお辱められたのであった。

関連作品における于禁


真・三國無双シリーズ

rain


于禁(真・三國無双)を参照

恋姫†無双シリーズ

真・恋姫†無双 于禁


真名は沙和。リンク先を参照

コーエー三國志シリーズ


当初はモブ顔の猪武者か凡庸だったが、徐々に知力や統率が上昇して使えるキャラになっている傾向がある。ただ、部下に嫌われて友達がいなかったためか魅力がそこまで高くはない。

横山三国志

どっかの武将みたいなキュゥべえ



曹操軍の中でも多く登場する顔ぶれで、演義通りの描き方だった。が、イラストにるような台詞を発して降参したため、関羽に「それが総大将の言葉か」と叱責され、捕縛され「犬を斬っても仕方がない」と言われて退場した。様々な場所でネタにされる。

横山版の元ネタの一つになった吉川英治三国志では呂蒙によって身柄を保護され、「呉に仕えよ」と諭される救済策が為されていた。

その他

赤壁の戦いを描いた長編アニメ映画では女体化され、曹操を慕う美少女剣士と言う設定になった。最後は焼死している。

関連項目

三国志

滝川一益・・・日本における、途中まで出世街道をひた走っていたが、晩年にポカをやらかして落ち目になってしまった武将。

pixivに投稿された作品 pixivで「于禁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2854936

コメント