ピクシブ百科事典

Fallout76

ふぉーるあうとせぶんてぃーしっくす

ベセスダ・ソフトワークス開発のポストアポカリプス・オンラインRPG。
目次[非表示]

In vault 76, our future begins.

概要

2018年11月に発売された、falloutシリーズ最新作。
前作fallout4の続編ではなく外伝的な作品(ただし規模が規模なのでメディアでは1~3,nv,4と続く第6作目と称されることも)。

これまでのようなシングルプレイヤーRPGではなく、シリーズ初のオンラインマルチプレイヤーゲームとなった。

核戦争から25年が経過した2102年のウェストバージニアを舞台に、プレイヤーはVault76の住人となり、荒廃したアメリカを再興させるべく様々な敵と戦うことになる。
何気にfalloutシリーズの中で最も古い時代が舞台である。

メインテーマ曲はTake me home, Country roads

ストーリー

Vault76は特別な使命を帯びて建造された。いずれ起こる核戦争のあと、荒廃した世界を再建し、再び偉大なアメリカを復活させるという使命だ。
そして戦争から25年が経過し、Vaultから出たレジデントたちが目にしたものは、核ではなく謎の疫病によって壊滅したウエストバージニアの姿であった。

特徴

  • マルチプレイ

前述のようにオンライン専用のゲームとなり、オフライン(ソロ)でプレイできる要素は存在しない。
ひとつのワールド内のプレイヤーは24人までと制限されている(そのため俗にいうMMOとは違う)。
基本的には他のプレイヤーと関わらずソロでのプレイも可能だが、難易度の高さから公式はチームプレイを推奨している。他プレイヤーとチームを組むとステータスアップなど様々なボーナスが得られるため、積極的に利用するとよいだろう。

  • PVP
いわゆる対人要素も存在するが、他プレイヤーに対する攻撃は威力が自動的に減少するため、一方的なプレイヤーキルはできない構造になっている。ただし反撃することでPVPモードが成立し、ダメージが正常値に戻されるため、「合意」があれば殺し合いも可能である。

  • クラフト要素
前作4から引き続き、資材を集めて建物を作るクラフト要素が存在する。
プレイヤーが所持している建設・組立用移動基地「C.A.M.P.」(Construction and Assembly Mobile Platform)を利用することで、マップ上の好きな場所に自分だけの拠点を建設できる(ただし、既存の建物やイベントエリア内には「C.A.M.P」が置けない)。

  • 食料と水
プレイヤーは時間経過によって空腹になり、それを解消するためには食料や水が必要となる。マップのあちこちで食料は手に入る。またレシピを覚えることで強力なステータスアップ効果のある料理も作れるようになる。
(現在はアップデートによって空腹でステータスが低下するのではなく、満腹にすることでステータスアップという形になった)

  • 収納箱
いわゆるアイテムボックス。マップの各所にあり、手持ちの装備やアイテムを収納しておける。プレイヤーごとに独立しており、他プレイヤーにアイテムを奪われることはない。ただし容量には制限があるため、何もかも詰め込むというわけにはいかない。

  • レジェンダリー
こちらも前作から引き続き登場。「伝説」と名のついた強敵を倒すことにより特殊な効果を持つ「伝説」の武器が手に入る。
効果は様々だが、モノによってはゲームバランスを崩すほど強力なものもあり、そうした装備はプレイヤー間で高値で取引されることも。

  • 変異
今作から追加されたシステム。放射能を多量に浴びることで肉体が変化し、特殊な能力を身に着けることができる。もちろん、それに応じたデメリットもあるため、扱いは難しい。

  • NPC
核戦争後の混乱によって、ウエストバージニアの住民は全滅しており、生きた人間はプレイヤーのみ。
……だったのだが、現在は2020年4月の大型アップデート「Wastelanders」により多数の人間NPCと関連クエストが追加され、アパラチアの地をうろつくこととなった。シリーズお馴染みのレイダーや入植者たちに、対抗するも協力するもプレイヤーの意思次第である。

  • 課金要素
課金通貨ATOMを利用することで、ゲーム内で様々なものが購入できる。基本的にはP2W(課金者優遇)にならないよう、武器や装備ではなく、衣装など外見アイテムの販売が主流。
これとは別にFallout1stと呼ばれる月額課金サービスがあり、様々な優遇措置を受けられる。

Wastelandersアップデート

20年3月に追加されたアップデートで、ゲーム内容がガラリと変わった。
壊滅状態にあり、プレイヤー以外の人間が死滅していたアパラチアに、多くの人々が戻ってきたのである。…平たく言えば、発売当初から強い要望があった「NPCの追加」である。
それに加え多くのクエストラインや新武器などが実装され、より遊びやすく調整された。

各勢力

  • ファウンデーション

アパラチアに戻ってきた入植者たちの集団。戦前育ちの人間も多く、かなり高い技術力を持つ。好戦的ではないが、レイダーなど敵に対しては容赦なく攻撃を加える。

  • クレーター
アパラチアに戻ってきたレイダーの集団。といっても過去作のようなヒャッハー集団ではなく、暴力より交渉を重んじる傾向が強い。

  • ブラッドイーグルス
こちらは過去作のイメージに近いレイダー集団。薬物の乱用で完全に頭がプッツンした人間の集まり。遭遇すると見境なく襲い掛かってくる。

  • BOS(ブラザーフットオブスティール)
おなじみ鉄の兄弟団。BOSのアパラチア支部は壊滅済みのため、新たに西海岸の本部から送り込まれた遠征部隊。
長い旅路で多くの人員を消耗しており、アパラチアの現地雇用で急場をしのいでいる。

用語

  • レジデント

今作でのプレイヤーを表す言葉。ゲーム開始時に撮影するIDカードに「Resident of Vault76」とデカデカと書かれているのが由来。
とはいえあくまでプレイヤー間における通称で、ゲーム内では主に「76」と呼ばれる。

  • スコーチ
今作にて初登場した謎の疫病。感染することで自律的な意思を失い、自分たちを「我々」と称し、何者かに操られるかのように周囲への攻撃を繰り返す。人間に限らず、あらゆる動物が感染するらしい。
アパラチアの各所で、このスコーチを操る巨大なコウモリ状の生物「スコーチビースト」が確認されている。さらにはこれらの元締めたる「スコーチビーストクイーン」も存在するらしい…。
核戦争後も辛うじて生き延びていた住民たちは、このスコーチとの戦いに敗れ全滅してしまった。

関連項目

Fallout
ベセスダ・ソフトワークス

関連記事

親記事

Fallout ふぉーるあうと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Fallout76」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Fallout76」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527967

コメント