ピクシブ百科事典

ノア計画

のあけいかく

ノア計画とは、映画『ドラえもん のび太と雲の王国』にて実行されようとしていた計画。
目次[非表示]

概要


ドラえもんシリーズの映画である『のび太と雲の王国』にて、天上界が実行に移そうとしていた計画。
環境汚染の続いている地球にて、自分達の生活圏を存続させようとした天上連邦側が、地上世界に世界規模の大雨を降らせる事で、洪水を生じさせ浄化するのが目的となっている。地上人達も一時的に天上界に避難させる予定となっているが、計画の終了後は地上に戻され、全てを失った地上人の生活レベルは原始時代に戻ってしまうとされる。

環境保全の為とは言え、かなり非道な手段だが、天上界では議会も賛成派が大多数となっており、「地上人の自業自得」と辛辣な考えを露わにしている。
その為の下準備として地上の動植物を天上界に避難させ、その中には地上では既に絶滅した種も多い。地上では絶滅した動物も、天上世界では何種類か飼育されている。中にはマンモスなどの様に氷河時代の生物やネス湖ネッシーといったUMAもいる。
ここにいる動物たちの中にはアフリカゾウやオランウータンのように人間をよく思わないものもいる中、ドードーモアなどは過去にのび太たちに助けられた為に恩義を感じている。

一方、動植物保護の為の吸引行為の名目で無人島の植物を傷つける等、明らかに天上人の側も環境破壊をやっていたりする。
その上、その吸引行為の際にはギリギリになって「船を作ってすぐ出て行きなさい」と無人島の住人に警告を促すだけで、特に救済措置を用意していない等、自分達の「環境保護」を名目とした行動によって生じる二次的な被害に関しては一切意に返していない模様。
仮に無人島ごと吸引されたとしても、絶滅動物保護州に強制収容されるという飼い殺しも同然の有様となっており、結果的に収容されていた地上人の一人であるタガロが脱走する事態を招いたが、発信機付きの指輪を付けられている事で天上界へ強制送還されている。

作中では、のび太のママがどこでもドアのダイヤルを勝手にいじったせいで、ドラえもんとのび太の二人が、ノア計画が実行された時代の世界に出てしまっている。

弊害

天上界側は、ノア計画が実行されれば「地球の環境は守られる」と確信しているが、実際にノア計画が実行されれば以下の事が起こると考えられる(参考:『アニヲタwiki』より)。

  • 大洪水の影響で地上のゴミや放射性物質が大量流出し、海洋・土壌汚染が拡大する。

  • 文明を洗い流すレベルの大雨を降らせる為、海水が増水する上に、陸地では水没や塩害に土砂崩れが起こる。

  • 雨雲で日光が遮られて土壌が浸水する為、地上に残った植物はまともに育たず、酸素も供給されにくくなる
    • 地球に酸素の20%を供給すると言われる大アマゾンがこれで大打撃を受けた場合、天上界側にも確実に影響が出る事になる。

  • そもそも、60億人以上の地上人全員を、決して広大では無い天上界へ収容するのは実質的に不可能で、数や時間の事情で保護しきれずに地上に残される人間や生物が多数出てくるであろう事が容易に予想でき、行き着く先が大量殺戮とそう変わらない(この点はスネ夫達にも指摘された)。

  • 大洪水によって何もかもを破壊された世界で、科学の進んだ時代を生きてきた人間達が生活に適応するのは不可能に等しく、僅かな食料を巡った紛争の勃発や大洪水の影響で生じた汚染が原因による疫病の蔓延によって、地上世界側では更なる多大な犠牲者が出てしまう可能性が非常に高い。

  • 地上が滅ぼされれば、そこでの生活を強要された人々は天上界を激しく憎むのは当然で、長い時を経た末に、地上世界側による天上界への報復戦争が起こる可能性が高い。

  • キー坊が大使として着任している以上、自分達の都合の為だけに地上世界を滅ぼせば、植物星との関係が悪化する可能性もあり得る。
    • これまでのドラえもんシリーズの映画が一通り繋がっていると仮定した場合、ムー連邦バウワンコ王国等の勢力とも敵対してしまう危険性がある。


結論で言ってしまえば、こんな環境下で原始時代の生活を送れと言うのは無茶苦茶である(おまけに生物達も地上に戻そうと考えている始末で、人間と生物達による殺し合いも発生する可能性が高い)。さらに言うならば天上人の独善的な「優生主義」のエゴが強いと思われる。
もはや「地上人の自業自得」で済まされるレベルを完全に超えており、余りにも問題点が多すぎる計画であると言えよう。
ただ、のび太と竜の騎士ほどではないにせよ、天上世界の技術で何らかの救済策を計画していた可能性はあるが……

言ってしまえば先述の通り、環境破壊によって天上人達が最終的には首を絞める行為となる。つまり「独善的思考」と「本末転倒」とはこの事である。

しかし、別の観点から見据えた場合、この計画による地上人の粛清を、天上人は直接手を下さずに、「環境不適応の淘汰の一環」として捉え、天上人の多くは手を汚さず責任を意識しづらい方法を採っていると言える。
この計画の恐ろしさに気付いているのは、作中で計画実行のスイッチを持つ大統領のみである。
もう一つ、天上人たちはこの計画に対して「自然的な方法で行った、地球を汚さないクリーンな方法」と解釈しており、過剰に自然を賛美、崇拝して逆に自然に負担が掛かる事に思考が向いてない節がある。
地上を離れた世界で生きる以上、人工物に囲まれている為に自然の限界値が見えておらず、ただその雄大さを過信し、自分達の小さい力で傷付く様なものでもなく、まして方法が自然的だから大丈夫だろうと、天上人から地上人の憎しみで色々曇っているのだ。
現に、天上連邦議会の人間達の殆どは、地上世界の各国を動かす権力者等に一切接触をせず、動物を傷つける密猟者や国を動かすどころか政治的知識すらない小学生の子供達を、地上世界の代表として議会に招集し糾弾を行い、ノア計画の正当性と即時実行を主張する等、公平性など欠片も無い魔女裁判同然のやり方に出ており(その場に出席し地上世界側の人間を憎んでいたパルパルでさえ、見るに見かねて異議を唱えた程)、「自分達の環境と生活を守る」という主張を、「私怨」や「復讐」の建前にしているとしか言えない様子であった。

大統領のみが恐ろしさを理解しており、しかもそのことを表明した相手がキー坊であった事から、大人の事情で描かれなかっただけで、「実は元々は地上人絶滅の計画だったのを、どうにか妥協案でノア計画に落ち着かせた。この時話していた相手は外国の大使なのでそんな裏事情は語らなかった」という推測や、「計画を推進している過激派の中には、ノア計画後にさらなる手を打って、本当に人類を絶滅させて禍根を永遠に断つ計画を持つ者もいたのでは?」という説もある。

天上界を守る為ならば多少の犠牲は仕方がないといった所であろうが、皮肉にも、それは自分たちの生活を守る為に自然を犠牲にする地上人達の姿そのものであった。

関連タグ

ドラえもん のび太と雲の王国 独善 エゴイスト 本末転倒

ノアの箱舟:ノア計画のモデルとなったと思われる概要

関連記事

親記事

のび太と雲の王国 のびたとくものおうこく

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ノア計画」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169

コメント