ピクシブ百科事典

キトン

きとん

本頁では「古代ギリシャの一般的な服」について記述する。
目次[非表示]

キトンとは

  1. 古代ギリシャ人の着用したもっとも普遍的な衣服。男女に用いられ、下着と表着を兼ねていた。(chiton)
  2. 子猫幼猫。(kitten)


本頁では1.について記述する。

概要

古代ギリシャの一般的な服。亜麻製。
裁断しない長方形を用い、両肩をピンで留め、ウェストをベルトで締めてひだの美しさをだして着用した。
現代の衣服と比べるとびっくりするほど簡単な構造である。
というかバスタオルと適当な帯紐安全ピンで簡単に再現できる。

ローマではこれをトゥニカ(:tunica)とよび、フランス語圏ではチュニーク(tunique)、英語圏においてはチュニック(tunic)となった。キトンの種類は、性別階級などによってさまざまなものがある。
両脇を縫ったイオニア式と、右脇を開放したままのドリス式(ペプロス)があり、婦人用や男子の晴着用は足首まであり、その他の男子用は短い。

関連イラスト

アテナイのもの

二枚の大きな正方形の布を重ね合わせ、左右の辺を腕を出す所以外縫い合わせて上部の辺の数か所を安全ピン(当時既に似たようなものがあった)で留めたものをポンチョのように着て帯紐を結ぶ。

ギリシャの葡萄の収穫
クリュタイメーストラー


スパルタのもの

古いタイプのもの。
古い時代にはギリシャ全土で着られていたがスパルタでは長く使われ続けた。
長方形の大きな一枚布を上の方を胸が隠れるように外側に少し折って緩めにバスタオルのように巻きつけ、両肩を安全ピンで留めて帯紐を結ぶ。

ギリシア・ローマイラスト展 テーマイラスト アルテミス
女神ヘーラー


アテナ



着方

その他

男性は大きな一枚布を体に巻きつけて片方の肩で留めるものも多かった。

古代ギリシャ


関連タグ

/ 衣服
古代ギリシャ 民族衣装 / 民俗衣装 フォークロア

pixivに投稿された作品 pixivで「キトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5197

コメント