ピクシブ百科事典

目次[非表示]

せっかくの海、楽しまなくてはな!

プロフィール

真名スカサハ
クラスアサシン
性別女性
身長168cm
体重55kg
出典ケルト神話
地域アイルランド
属性中立・善・星
ILLUSTこやまひろかず
CV能登麻美子

概要

Fate/GrandOrder』2016年水着イベント「夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer」に登場するアサシンクラススカサハ。レアリティは☆4。
今イベントにおける配布サーヴァントでありイベント第一部「カルデアサマーメモリー ~癒やしのホワイトビーチ~」をクリアする事で期間限定加入し、第二部「カルデアヒートオデッセイ ~進化のシヴィライゼーション~」をクリアすれば正式加入する。
なお霊基再臨に必要な「鈴鳴りの枝」は第一部クリア後にアイテム交換で入手できる。

人物

異境・魔境「影の国」の女王であり、勇士の師であるスカサハその人―――なのだが今回環境に適応すると称して自分と周囲の女性サーヴァント数騎を水着姿に変えるという暴挙に出た。
結果はご覧の有りサマーっぷりである。
たまにはこういうのもいいだろう、とはスカサハ本人の談。

「せっかくの海、楽しまなくてはな」
これがアサシン・スカサハの基本姿勢である。マスターに対しても、できる限り楽しめる時に楽しめと思っているようではあるが……。

そのはっちゃけぶりは彼女の弟子が呆れ交じりに「何だかんだ言って、彼女が一番楽しんでいる」という旨の発言をした後、今の彼女には近づかないと終始距離を取っていた事実からも推して知るべしである。

帰還直前マスターに自分の水着姿をどう思っているかを尋ね(「似合ってる」「綺麗」の二択、どのみち褒める事に変わりはない)直後あろうことか霊基の弄り方を忘れたためこの先ずっと水着でいると言う嬉しいカミングアウトをかましてくれる。サーヴァントは確かに風邪を引かないが、他の水着サーヴァントもとばっちりでサマー仕様のままらしい。マシュはデミサーヴァント故の特別仕様なのか霊衣という形で格納されるに至った。

ちなみに、この水着霊基への改造はカルデア内で人気を博したようで毎年夏になると水着霊基への改造をお願いしてくるサーヴァントも一定数いる模様。挙句の果てにはスカサハの興味本位で強制的に水着霊基へと改造された被害者も出たとか。
あと水着霊基から通常霊基への変換は可能なことが後で発覚している。後の祭りではあるが。

能力

主武装はそのまま。だが何故か三節棍のように変形する特別仕様になっている。
さらに弓矢も使用しており、暗殺者とは一体…な武芸者ぶりを見せる。

またルーン魔術を今回の無人島開拓で縦横無尽に使いこなしており、材料と設計図さえ用意すれば大抵のものを匠の術技でクラフトしている。
凄いなルーン魔術。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
FGO主人公CCA+ CDA+

保有スキル

気配遮断(E)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。強引なクラスチェンジのせいか、それとも隠しても隠しきれない色香のせいか、ランクはかなり低い。
ビーチクライシス(A+)夏の浜辺にて「どれだけ衆目を“集めてしまうか”」という度合いであり、気配遮断とはある意味真逆のスキル。「ビーチの花」としてどこまで羨望を集められるかを示す『ビーチフラワー』と違い、そこにいるだけで強制的に注目を集めてしまう。そこには憧れや情愛のみならず嫉妬の眼差しさえも含まれる。ランクA+のスカサハが水着姿でビーチに繰り出すだけで、そこは一転して危険地帯と化してしまう。
原初のルーン(海)(A)北欧神話の魔術文字「ルーン」、その中でも神代に用いられたもっとも原形に近いものを操ることが出来る。今回は水着仕様という事で、手首に巻いたルーンの腕輪は、海・水に特化されている。
真夏のあやまち(C)遊興もたまには悪くない───そう思ってしまったスカサハは、手加減という名のリミッターを失いかねない。

宝具

蹴り穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク・オルタナティブ)

センシティブな作品


「影の国へ連れて行こう。 ――『蹴り穿つ死翔の槍』!」

  • ランク:B+
  • 種別:対人・対軍宝具
  • レンジ:???
  • 最大補足:???
真名はランサー時のものと同じ。対象の命を奪う。
ただしそこへ至るためのプロセスが異なっており、なんとオーバーヘッドキックで蹴り飛ばす
これぞ、多くの勇士を驚嘆させた噂に名高き蹴りボルクである。
戦士の心を(物理的に)射止めるサマー・スコールという事でひとつ。

なお原典でのクー・フーリン足を使って魔槍を投擲していたとも言われているため用法としてはむしろ原作再現度が増したとさえ言える。
蹴り出された魔槍は伝承にあるように、三十とも四十とも数え切れぬ“死を呼ぶ鏃”となって敵陣に降り注ぐ。

ゲーム上では種類はQuick、効果は【敵全体に強力な攻撃&低確率で即死〈オーバーチャージで確率アップ〉

ゲーム上での性能

ステータスはHP11,000超・ATK9,000超と、かなりバランスのとれた攻撃型。
ステンノカーミラを足して二で割ったようなHP/ATKのバランスだが奇しくも「美女」で「(ビーチの)女神」で「男女問わず釘づけにする」というキャラ的な意味でも足して2で割られた感じに……。

《Quick:3/Arts:1/Buster:1》と同じ配布アサシンの両儀式と違い、典型的なアサシン型のカード配分となっている。
ただ良質な基礎ステータスの割にどの攻撃も3hitでカードごとの性能もどれも割と平凡。
本来のランサーの時のようにどれかのカードが飛び抜けた性能を持っているわけではないため、宝具開放に必要なNPのチャージもアサシンQuick型として平均的である。
「気配遮断」もランクが低く宝具抜きではスター生産力も他の上位アサシンと比較して後れを取りがちではある。

スキルは自身に1ターンターゲット集中状態とCT威力UPを付与する「ビーチクライシス(A+)」味方一人にHP回復とダメージカット1ターン分を付与する「原初のルーン(海)(A)」自身にQuick強化と1ターン無敵貫通状態を付与する「真夏のあやまち(C)」とこれまたクセのあるレパートリーとなった。
特に「ビーチクライシス」の使い処が難しく手持ちスキルに無敵or回避付与が無く「原初のルーン(海)」はダメージカットなので場合によってはうっかり死んでしまう可能性があるためクリティカルを狙った攻撃的な運用の方が活きやすい場合がある。
ただ残り2つはどちらも優秀。特に「真夏のあやまち」のQuick倍率は☆5のときと寸分同じなため、宝具に合わせることでで強烈な威力を発揮する。

宝具は上述通り。
アサシンクラスではかなり稀有な全体攻撃宝具。即死確率は低いので当たればラッキー程度に考えよう。
オーバーチャージで強化したり式のスキル「直死の魔眼」で即死率を底上げすればある程度決まりやすくなる。
ただ素殴りではスター生成能力は低いものの宝具はQ属性の全体多段ヒットなので「真夏のあやまち」によるバフをかければ30~40個くらい星を出してくれる。Qチェインを組めれば50個にも届く。

総括するとクセこそあるもののアタッカーとディフェンダーを兼任可能なマルチファイターであり、戦況を読みながらスキルを生かしていくことで真価を発揮するテクニカルなサーヴァントといえる。
特に様々なクラスが入り乱れる乱戦状態でその実力は輝いていく。
概念礼装はベタに初期NP獲得系やスター獲得やCT威力に関連するものがセオリーだろう。
いっそカードと宝具の両面を強化できる“Quick性能UP”を軸に選ぶのもアリ。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品


関連項目

Fate/GrandOrder
サーヴァント アサシン(Fate) スカサハ(Fate)
水着 パレオ ビキニ

関連記事

親記事

スカサハ(Fate) すかさは

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スカサハ(水着)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スカサハ(水着)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19326696

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました