ピクシブ百科事典

有栖川有栖(作家アリス)

ありすがわありす

同名の作家有栖川有栖の著作、作家アリスシリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

独身の中堅推理作家。通称『アリス』。誕生日について特に表記はないが、作者と同じく4月26日が当てられている事が多い。
またペンネームっぽい名前はちゃんとした本名。火村からは上記の名で呼ばれているが、これは名字を縮めたあだ名である。著者との区別のため作中でもこの表記が多い。
初登場時32歳。33、34と徐々に加齢していたが、最近は停滞しているようだ。
本人いわく、からくも同年配サラリーマン並みの収入を維持しており、四天王寺夕陽丘のマンションに1人で暮らしている。

親友である犯罪学者火村英生のフィールドワークに同行して殺人現場に乗り込み、推理する彼に付き添ってワトスン役を務める。
自身が取材旅行先で事件に出くわし、火村を呼び出すというパターンも多い。火村の解決した事件は、ポリシーとして絶対に小説のネタに使わない。

人物

作者と同名の語り部という性質上、客観的な人物像が描写されることは少ない。
それでも、文章の端々から人となりを伺う事は出来る。

  • 大阪生まれの大阪育ちで、関西弁で喋る。語り口は軽妙で屈託がない。
  • 初対面の人物から、大抵自由業に見えると評される。普段からラフな格好で、勤め人には見えない雰囲気を発散しているらしい。
  • 推理力は、素人に毛が生えた程度。とんちんかんな推理や、豊かな想像力の飛躍で火村を呆れさせ、時に楽しませている。行き止まりを示す道標として役には立っているらしい。
  • 同業者の朝井小夜子、編集者の片桐光雄を筆頭に、友人が多い。
  • 女性には並べて紳士的に接する。しかし、過去の複雑な失恋が影響しているのか、恋人はいない。隣人のカナリアの君とは、清い友情を育んでいる。

火村とは、互いに英都大学2回生の5月、アリスが執筆していたコンクールへの応募作を、火村が勝手に読んだことで知り合った。以来、十数年良好な友人関係が続いている。
火村が悪夢にうなされていること、に暗い物を抱えている事を知っている。その暗部に踏み込まず、いつか彼が踏み外しそうになった時支えてやる為に傍にいる。
同じ目的でフィールドワークにも同行するが、それを気取らせず、三枚目役に徹し、愛想の悪い彼と周囲を取り持つ交渉役を務める。
 
容姿の描写は全く無い。唯一、「ブラジル蝶の謎」収録の「彼女か彼か」で、オカマバーの蘭ちゃんに「お連れのお二人さんもいい男じゃありませんこと」と評されている。
だが、オフィシャル美形の火村とセットの評価であり、更に水商売のお世辞である可能性も大きい為、定かではない。
コミカライズやドラマ、ラノベ版などビジュアルがある媒体では、茶髪で直毛のセミショートにラフな服装の青年として描かれる。

関連イラスト

火アリらくがき



関連タグ

作家アリス 火村英生
有栖川有栖:本作の原作者
有栖川有栖(学生アリス):作者の別作品に登場する同名キャラクター。
窪田正孝:ドラマ版キャスト

pixivに投稿された作品 pixivで「有栖川有栖(作家アリス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23568

コメント