ピクシブ百科事典

日本の場合

日本では、

の5紙を指す。
それぞれテレビ局のキー局と密接な資本関係若しくは提携関係を持ち、日本経済新聞以外はスポーツ新聞をグループ会社もしくは本体より発行している。
なお、中日新聞(東京新聞)は通常ブロック紙に分類されるが、国内発行部数第三位(読売・朝日に次ぐ)で全国紙並みの影響力を持ち、産経新聞同様インターネットを活用して全国に展開している。東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYOMX)始め関東地方独立局(千葉テレビ群馬テレビテレビ神奈川テレビ埼玉とちぎテレビ)に影響力を持っており、中京圏では中部日本放送東海ラジオ(東海テレビ石川テレビ富山テレビ)の親会社である(テレビ愛知は日本経済新聞と共同出資で、中日の影響はプロ野球のみ)。
中日ドラゴンズを保有しており、読売新聞傘下の読売ジャイアンツとは激しいライバル関係。

基本的に全国の5大都市(札幌市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市・または北九州市)に地域発行本社・支社(新聞社ごとに違う)を置き、編集・発行している。

海外の場合

  • アメリカ合衆国では50州すべてで販売されている新聞は"National newspaper"(全国的な新聞)と呼ばれるが、『USAトゥデイ』と経済紙の『ウォール・ストリート・ジャーナル』のみで、『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』などは全て地方紙である。
  • イギリスでは世界最古の日刊紙『タイムズ』(The Times)などの”高級紙”と『ザ・サン』 (The Sun) などの”大衆紙”もしくはタブロイド紙に分かれる。因みに『タイムズ』『ザ・サン』は共に現在はルパート・マードックが率いるニューズ・コーポレーション傘下である。
  • ロシアの『プラウダ』、中華人民共和国の『人民日報』は全国で販売されているが、元々は政党の機関紙である。
  • 韓国では『朝鮮日報』を始め、『中央日報』『東亜日報』『韓国日報』『ソウル新聞』『京郷新聞』『ハンギョレ』などが数多く発行され、朝鮮日報は毎日新聞、東亜日報は朝日新聞、中央日報は日本経済新聞、韓国日報は読売新聞と提携関係がある。

関連記事

親記事

執筆依頼 しっぴついらい

子記事

兄弟記事

コメント