ピクシブ百科事典

東京新聞

とうきょうしんぶん

中日新聞東京本社が発行する新聞。ここでは「関連紙」の東京中日スポーツに関しても述べる。
目次[非表示]

概要

関東地方の地方紙。関東地方は全国紙の購読率が高いので、それら全国紙に比べればシェアは低いが、中日新聞社が発行する各紙と主要な記事を共有しており、それら全体の発行部数を合計すると、全国紙の毎日新聞日本経済新聞産経新聞すら上回るレベルである。

歴史

直系の前身は、1884年9月に創刊された「今日新聞」という夕刊紙。1888年に朝刊紙に鞍替えし「みやこ新聞」と改名、さらに1889年には「都新聞」と改名している。

都新聞となってからは、元から得意としていた文化芸能記事を充実させ、読者の関心を引き続けた。
だが1942年、時の政府の意向(と言う名のムチャぶり)により、国民新聞(徳富蘇峰という人が作った新聞。この頃は中日新聞の前身のひとつ・新愛知新聞の世話になってもらっていた。くわしくはこちらをどうぞ)と合併、これにより東京新聞が誕生したのだが、そこに至るまでは、かなりグダグダした。そのグダグダぶりに関してはここも参照。
なお、これを機に、夕刊紙に再転換した。

戦後も夕刊紙として刊行していたが、1956年に朝刊を(改めて)設定。しかし、これに関してはかなり無理があったらしく、おまけに報道姿勢が右寄りすぎて当時の庶民の肌に合わず経営が傾いてしまう。結果1963年に中日新聞(国民新聞に関わっていた新愛知新聞の後身。なお、東京新聞成立時に撤退していた)に泣き付くハメになる。そして1967年、完全に中日新聞社の一部分となった(中日新聞東京本社に移管)。

報道姿勢

中日新聞と共通で、政権には批判的な報道姿勢を採っている。近年は朝日新聞の論調の保守化が進むのとは逆に、はっきり左寄りの姿勢を打ちだすようになっており、朝日から乗り換える読者も多いようだ。ただし、先述のように、右寄りだった時期もあった。

東京新聞独自の特徴として、前身の都新聞からの伝統で文化・芸能記事に強みを持っている。また、福島に支局を開設し原発事故の報道に力を入れている。

なお毎年4月1日はエイプリルフールにちなみ、本当のような嘘の記事を掲載することがある。

東京中日スポーツ

1956年に東京中日新聞として創刊。当時としては異例の、一面にカラー写真を採用していた新聞だった。

1970年に今の名前に改めている。

モータースポーツに強いと言う特徴があるが、それ以外は中日スポーツとほぼ同じである。紙面に「名古屋逝ったら中日スポーツ嫁ゴルァ!」という趣旨のメッセージが掲載されている(逆に中日スポーツには「東京土産に東京中日スポーツ買えゴルァ!」という趣旨の文章が掲載)。
また、芸能記事・三面記事を、中日スポーツだけではなく、西日本スポーツにも恵んでやっている。

中日スポーツと違い、(駅・コンビニ売り分のみではあるが)アダルト面を設定していたが、2010年9月30日付限りで廃止されてしまった。

外部リンク

※東京中日スポーツの公式サイトは中日スポーツと共用。

pixivに投稿された作品 pixivで「東京新聞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 419

コメント