ピクシブ百科事典

東京新聞

とうきょうしんぶん

中日新聞東京本社が発行する新聞。ここでは「関連紙」の東京中日スポーツに関しても述べる。
目次[非表示]

概要

関東地方の地方紙。関東地方は全国紙の購読率が高いので、それら全国紙に比べればシェアは低いが、中日新聞社が発行する各紙と主要な記事を共有しており、それら全体の発行部数を合計すると、全国紙の毎日新聞日本経済新聞産経新聞すら上回るレベルである。

歴史

直系の前身は、1884年9月に創刊された「今日新聞」という夕刊紙。1888年に朝刊紙に鞍替えし「みやこ新聞」と改名、さらに1889年には「都新聞」と改名している。

都新聞となってからは、元から得意としていた文化芸能記事を充実させ、読者の関心を引き続けた。
だが1942年、政府が定めた「1県1紙制」により国民新聞と合併、これにより東京新聞が誕生した。
合併交渉は難航を極めたが、詳しくはWikipediaの「都新聞」記事、軍部による圧力・そして統合への項目を参照。
なお、これを機に、夕刊紙に再転換した。

戦後も夕刊紙として刊行していたが、1956年3月13日から朝刊を(改めて)設定。しかし拡大策が裏目に出て経営が悪化し、右寄り路線の報道姿勢が住民に受け入れられずに経営が傾き、1961年に株式会社東京新聞社に改称。1963年に中日新聞が経営に参加し、1967年には中日新聞社に事業譲渡(中日新聞東京本社に移管)。

報道姿勢

中日新聞と共通で、政権には批判的な報道姿勢を採っている。福島に支局を開設し原発事故の報道に力を入れている。近年は朝日新聞の論調の保守化が進むのとは逆に、はっきり左寄りの姿勢を打ちだすようになっており、朝日から乗り換える読者も多いようだ。ただし、先述のように、右寄りだった時期もあった。

東京新聞独自の特徴として、前身の都新聞からの伝統で文化・芸能記事に強みを持っている。とくにテレビ欄を裏一面ではなく、抜き取れるように中面4ページにわたって掲載されている。

なお毎年4月1日はエイプリルフールにちなみ、本当のような嘘の記事を掲載することがある。

東京中日スポーツ

1956年に東京中日新聞として創刊。当時としては異例の、一面にカラー写真を採用していた新聞だった。

1970年に今の名前に改めている。

モータースポーツに強いと言う特徴があるが、それ以外は中日スポーツとほぼ同じである。紙面に「名古屋へ行ったら中日スポーツ」という広告がある(逆に中日スポーツには「東京へ行ったら東京中日スポーツ」という広告がある)。
また、芸能記事・三面記事を、中日スポーツだけではなく、西日本スポーツにも紙面共有している。

中日スポーツと違い、(駅・コンビニ売り分のみではあるが)アダルト面を設定していたが、2010年9月30日付限りで廃止されてしまった。

CM

「♪お~風呂でキュッキュッキュッ、東京新聞」


フリーダイヤル「026-999」を「お風呂でキュッキュッキュッ」と呼んだCMが有名。

東京新聞杯

JRAのGⅢ競走「東京新聞杯」のスポンサ-になっている。

関連タグ

新聞 中日新聞 左翼 社会主義 革新 立憲民主党 社民党 TOKYOMX テレビ神奈川 千葉テレビ テレビ埼玉 群馬テレビ とちぎテレビ

外部リンク

※東京中日スポーツの公式サイトは中日スポーツと共用。

関連記事

親記事

中日新聞 ちゅうにちしんぶん

pixivに投稿された作品 pixivで「東京新聞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1924

コメント