ピクシブ百科事典

古今亭志ん生

ここんていしんしょう

古今亭志ん生は、落語家である。ここでは5代目について述べる。

概要

本名:美濃部 孝蔵
1890年6月5日生まれ、1973年9月21日没。

少年時代は父が警察官だったにもかかわらず、尋常小學校すら卒業せず退学になるほどの素行不良で、家出して実家と絶縁する。
1907年に三遊亭圓盛の元で三遊亭盛朝を名乗るが、この時はまだセミプロ扱いだった。
1910年に圓盛の師匠の2代目三遊亭盛朝に正式入門し、三遊亭朝太を名乗る。
その後二つ目に昇進する際に初代古今亭圓菊に改名し、1918年4代目古今亭志ん生一門に移籍し金原亭馬太郎に改名。
1921年、真打昇進し金原亭馬きんに改名。
1924年、3代目古今亭志ん馬に改名。その後先輩落語家とのトラブルから一旦は講釈師に転向し小金井芦風と改名するが、師匠が死去したため初代柳家三語楼の元で復帰し柳家東三楼と改名するものの、どん底の日々を過ごす。
1932年、高座名を志ん馬に戻し、ようやく人気が上昇する。
1934年、7代目金原亭馬生を襲名。
1939年、5代目志ん生を襲名。初代から4代目までの志ん生はいずれも還暦前に亡くなっているため、周囲から反対されるが、のちにこのジンクスを破る。
1945年、6代目三遊亭圓生らとともに満州に慰問するが、終戦のゴタゴタで2年間も満州に足止めされる。
帰国後は8代目桂文楽とともに戦後の江戸落語を盛り上げ、1957年に文楽の後任として落語協会会長に就任したが、、1963年に体調不良を訴えて会長職を文楽に返す。
1973年、死去。

長男は10代目金原亭馬生、次男は3代目古今亭志ん朝。孫(馬生の長女)に女優の池波志乃中尾彬の妻)、曾孫(馬生の次女の息子)に金原亭小駒(俳優の山田清貴)がいる。

pixivに投稿された作品 pixivで「古今亭志ん生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 395

コメント