2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

放送作家・小説家。大阪市出身。
立命館大学中退。

概要

主に関西地区を拠点に活動し、テレビ朝日系バラエティの構成を手がけてきたが、2006年に『永遠の0』で小説家デビュー。永遠の0は後に、映画化、漫画化もされ、小説の発行部数は500万部を突破した。2013年、『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞し、2016年には映画化もされた。

テレビ業界に長年身を置いているためもあってコメンテーターとしてのテレビ出演も多いが、誹謗中傷的・挑発的な発言が多く、何かと物議を醸すことが多い。

彼の講演では朝日新聞を罵るのは定番ネタであり、南京大虐殺の存在を全否定したり日本教職員組合をガンと発言するなど、百田自身も自らの奔放な発言をしばしば「放言」と開き直っている。

そういった言動の多さの割にエッセイ・小説作品は表面上は過激な文章は無かったが、後述される『殉愛』発売以降の2015年にはいつもの過激な放言をまとめた新書『大放言』を出版。2016年に刊行された『カエルの楽園』は、百田流の放言を寓話仕立てにしたものであった。

殉愛 』では実在人物をモデルにしながら著しい歪曲・虚飾を行っていた事が発覚、訴訟騒ぎに発展している(後述)。

安倍晋三首相とは共著で対談集を出すほどの間柄で、世間に名前が知れる以前から作品の愛読者でもある安倍首相から、2013年にはNHK経営委員に抜擢された。「人間のクズ」発言(後述)などの舌禍騒動が絶えず、2015年の任期満了をもってNHK経営委員を退任した。

2018年に幻冬舎から刊行し日本の通史をまとめたとする「日本国紀」では井沢元彦の陰謀論を真に受けているなど歴史観上の問題のほか、Wikipediaからの大量コピペが発覚するなど、相変わらず世間を騒がせている。

主張

不偏不党が望まれるNHK経営委員就任後も、その言動は相変わらずであり、東京都知事選挙の際田母神俊雄の応援演説を行い他の候補者を「人間のクズ」と発言。
「軍隊を持たない」バヌアツ・ナウルの2国を「家に例えると、くそ貧乏長屋で、泥棒も入らない」などと発言し、同様に「軍隊を持たない」アイスランドを「年中、氷。資源もない。そんな国、誰がとるか」と他国を愚弄した発言をした。
人間のクズ発言について
百田氏は民主党が自身を国会に呼び出そうしていたことをNHK経営委員長に聞かされた際に、それに乗り気で質問に対する返答をいくつも考えていたらしく、国会の予算審議の場で議論すべき問題ではないにも関わらずこの話題を取り上げ、「NHK経営委員が、候補者に向かって人間のクズなどという発言をしていいのか」と安倍総理に質問した有田芳生議員に対して、彼がある政治家のことをTwitterで「かんなクズ」と揶揄していたことがあったため、「クズがダメで、かんなクズはいいのか。クズとかんなクズの違いを教えてくれ」と有田議員に訊くつもりであったという。
また、民主党・大串博志議員の「(百田を、NHKの経営委員に)任命した総理として、何らかの責任を感じないのか」との質問に対しては、安倍晋三は「ある夕刊紙は私のことを、ほぼ毎日のように『人間のくず』というように報道していますが、私は別に気にしませんけどね」と答弁し、議場からは笑い声も起こった。

実際の講演会での発言
「安倍総理が自衛隊を国防軍にしようと言うと、一部の左翼から凄まじい批判の声が上がりましたが、国が軍隊を持つのは普通のことです。国を家に喩えれば、軍隊は鍵のようなものです。資源や金や技術がある国は、それを他国から守る必要があります。そのために世界約二百ヶ国のうちのほとんどの国が軍隊を保有しています。一方、軍隊を持たない国はわずかに二十七ヶ国。それらはどういう国か、皆さん、ご存知ですか? ヨーロッパには五十の国がありますが、軍隊を持たない国はわずかに六ヶ国。バチカン、モナコ、サンマリノ、アンドラ、リヒテンシュタインの五ヶ国は全部足しても東京二十三区内の面積とほぼ一緒。中には皇居よりも小さい国もあります。こんな国が軍隊を持っても大砲を打てば隣の国に当たってえらいことになります(笑い) もう一国、比較的大きいのはアイスランドですが、氷しか資源がないような国を誰も取ろうとは思いません(笑い) ヨーロッパ以外で軍隊のない国は、カリブ海や南太平洋にある島国です。ナウルとかバヌアツとかツバルとか。資源もなにもないこういう国は、家に喩えたらクソ貧乏長屋で泥棒も入らない。入った泥棒もあまりに気の毒なので、金でも置いていこうかというくらいです(笑い)」

文化芸術懇談会
2015年6月25日、安倍晋三首相に近い自民党若手議員約40人で行われた文化芸術懇談会の初会合で「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と発言。
2015年6月26日、「自民党若手議員が『圧力をかけてマスコミを懲らしめてはどうか?』と発言したことに対して、『それはいけない。言論弾圧はダメだ。』と、発言した」旨を主張したが、その約一時間後「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞」と発言をエスカレートさせた。
同年6月28日、大阪市での講演で、発言に抗議した沖縄2紙に対し「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」と発言した。

発言リンク

https://twitter.com/hyakutanaoki/status/481302064199245824
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/481365136376987648
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/481366812475404288
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/482247449969315840

『殉愛』訴訟

2014年11月、やしきたかじんと「最後の妻」とされる女性の闘病生活を描いた『殉愛』を出版。商業的には大ヒットしたが、生前のたかじんをよく知る人々からは「全くのデタラメ話」と批判が集まり、百田のtwitterアカウントには抗議が殺到し、週刊誌に取り上げられる事態となった。百田の暴言や誹謗中傷が問題とされたことは、それまでもたびたびあったが、著書の内容が直接の原因で訴訟に至ったのはこれが初めてである。

やしきの長女が百田と幻冬舎を訴えた裁判では第一審で百田側敗訴とされ、330万円の賠償を命じられたものの、本人は一貫して「非難している側や週刊誌側の方がデタラメである」と反論。納得できない百田は控訴したものの、控訴審でも敗訴(名誉棄損に当たる記述がもう一ヶ所認められたが、差し止めについては第一審同様無効としている)。それでも納得できず、百田は上告審に持ち込もうとしたが、控訴審での判決がほぼ認められる形で敢え無く退けられ百田側の敗訴が正式に確定した。

作品一覧

小説


エッセイ

単著

共著


関連タグ

朝日放送 探偵!ナイトスクープ 永遠の0 小説家 御用文化人
極右
やしきたかじん - 同じ大阪のテレビ業界人であり、周囲に波風が立つのを恐れない過激な言動など共通点が多い。故人。

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15261

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました