ピクシブ百科事典

カエルの楽園

かえるのらくえん

カエルの楽園とは、百田尚樹の小説作品である。
目次[非表示]

概要

小説家百田尚樹が手がけた小説作品であり、2016年2月26日新潮社から出版された。
イソップ物語動物農場などに代表される、教訓的な内容を他の事柄にかこつけて表した例え話である寓話作品でもある。

発売されるやいなや、その内容に読者は衝撃を受けて話題を呼び、累計発行部数が発売から僅か2か月で20万部を突破し、瞬く間にベストセラー作品となり、現在も売り上げを伸ばしている。
更に2017年8月27日には文庫版が発売されて再び売り上げが加速し、双方併せて50万部を突破した。

タイトル通り登場人物は全員カエルであるのだが、内容は戦後日本社会風刺した極めてリアルな内容であり、現実社会と照らし合わせることで、読む側は「面白いが笑えない」といった恐怖を抱いたという感想が非常に多い。

あらすじ

祖国を凶暴なダルマガエルたちに襲撃され、帰る故郷を失ったアマガエルのソクラテスロベルトは、安住の地を求めて様々な危機に遭いながら放浪の旅をしていた。
そんな中、彼らはツチガエルたちが治めている平和なカエルの国『ナパージュ』に辿り着いた。

すぐ近くには凶悪なウシガエルたちがいるのに、なぜ平和なのかと尋ねると、ツチガエルたちは『三戒』と呼ばれる規律を守っているからだと語る。

三戒とは

1.「カエルを信じろ」
2.「カエルと争うな」
3.「争うための力を持つな」

という規律であり、この規律こそが平和の源なのだという。

しかし、後にソクラテスロベルトは、他のツチガエルたちから嫌われている、変わり者で偏屈なツチガエルのハンドレッドと出会い、彼から衝撃の真実を聞く。

実はナパージュが平和なのは、国の上にある大樹に住む大鷲のスチームボートや、外敵から国を守るために常に外を見張っている屈強なツチガエルのハンニバルと彼の兄弟たちが、ウシガエルたちに対し絶えず目を光らせているからだったのである。

やがてナパージュに、『三戒』を破棄するか否かを巡る論争が巻き起こる大事件が発生する。

余談

本作の大ヒットに伴って行われた、百田氏のサイン会において、過激なアンチ勢力による会場の爆破予告があり、客の避難後に兵庫県警による50人以上で大規模な書店内の調査が行われた。しかし、それにも関わらず産経新聞など一部を除き大手メディアは事件を全く報道しなかった(サイン会はテロに屈さないという書店側の意向で続行された)。

事件についての百田氏のコメント


関連動画





関連タグ

小説 寓話 百田尚樹
カエル() 動物 風刺

戦後 平和ボケ 憲法9条
日本 アメリカ 中国 韓国
反日 朝日新聞
SEALDs 在日韓国人

ぬるま湯

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「カエルの楽園」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89

コメント