ピクシブ百科事典

渡部昇一

わたなべしょういち

日本の評論家で英語学者。上智大学名誉教授。(1930年~2017年)
目次[非表示]

経歴

1930年10月15日生まれ。
山形県鶴岡市出身。
日本の英語学者にして評論家
上智大学講師助教授教授を歴任した後に退職し、大学より名誉教授の称号を受けた。専攻は英語文法史。
学位はヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学(ミュンスター大学)博士。
称号・名誉学位は同大学名誉博士。

概要

英語学者とあるが、専門外のはずの歴史論、政治・社会評論などのあらゆる分野に精通していて非常に博識であり、夥しい数の著書を世に送り出しており、『智の巨人』の異名を持つ。
フルブライト奨学金受給生時代から大学に勤めて後の知的生活までを述べた『知的生活の方法』が大ベストセラーとなり、一般に知られるようになる。

特に日本の近現代史に関する発言を積極的に行っており、日中戦争大東亜戦争太平洋戦争)の勃発原因について、中国およびアメリカ側が仕掛けたと主張し、南京大虐殺従軍慰安婦などを全否定しており、 映画『南京の真実』の賛同者でもある。

第1回『「真の近現代史観」懸賞論文の審査委員長を務めており、田母神俊雄氏の論文を、2008年10月31日に最優秀藤誠志賞に選考した。

雑誌では、『正論』や『諸君!』・『WiLL』・ 『voice』・『致知』などに寄稿を行っている。
チャンネル桜内の番組『渡部昇一の「大道無門」』にも出演し、多くの知識人とも議論している。

2017年4月17日、心不全により86歳で死去。
亡くなる直前まで、DHCシアター(現・DHCテレビ)の番組『書痴の楽園』に出演していた。

逸話

  • 幼少時代は、貧しいながらも父が本に関しては制限しなかったため、少年倶楽部を好んで読んでいたという。
  • 蔵書家であり、現在その数は14万冊を有に超える。そのため本の置き場に困り、妻からは「うちには人権ではなくて本権がある」といわれたことがあったほど。意を決して70歳を過ぎて借金をしてその蔵書が全て収まる書庫を建設したのだが、現在なんとすでにスペースが埋まってきているとのことである。
  • 近年はスピリチュアリズムについても独自に研究しており、幸福の科学大川隆法氏と対談を行ったこともある。大川隆法氏による霊言『渡部昇一流潜在意識成功法』が出版されていることに対し、「読んでみた所、守護霊の意見は8割ぐらい同じだった」と述べたり、スピリチュアリズムの研究者本山博氏とも交流があり、共著したこともある。
  • 血友病患者に「子供を作るな」と強硬な発言をした事が問題視(週刊文春)されたことがある。ただし、それは大西巨人さんの息子二人が同名の先天的な病気に悩まされていた事への憂慮だったという見解も存在し、未だに賛否両論が分かれる。
  • 国粋主義者に見られがちだが、十八史略三国志などの中国文学、パスカルの哲学書などを好み、その著書は極めて多い。
  • 在日韓国人問題など朝鮮半島に関する事柄には徹頭徹尾に渡って批判的だが、大和朝廷の時代に親交があった百済や、元寇で日本とライバル関係にあった高麗に対してはそこまで強硬的ではなく、両国の視点から描かれた史書や文学を評価している。
  • 厳格な封建的な体制、とくに父権(夫権)を説く著書や講演も多い。「金持ち優遇税制の実現」「格差社会は良い社会」など秩序の維持を唱える。
  • 一方で子供の頃から母や姉、妻などに着替えを手伝って貰った話、子供達が音楽家への道を歩む際に経済的な負担を背負った話などマザコンをネタにした自虐ジョークを言ったり、子煩悩愛妻家と言う「良きお父さん」的な自身の性格を著書に記すこともある。
  • かつては小林よしのり氏と笑いながら対談したこともあったが、原発皇室をめぐる問題で意見が対立した。一方で思想的に相反する左翼的な活動経験を持つ和田秀樹氏と共著を出したこともある。


関連タグ

学者 英語 教授
大学 日本愛国者 保守

朝日新聞を糺す国民会議…議長を務める。
放送法遵守を求める視聴者の会…設立者の1人。

外部リンク

紹介サイト

渡部昇一.com

ファンクラブ

昇一塾

pixivに投稿された作品 pixivで「渡部昇一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230

コメント