ピクシブ百科事典

朝日新聞を糺す国民会議

あさひしんぶんをただすこくみんかいぎ

「慰安婦問題等で示された朝日新聞の捏造歪曲報道を糺す国民運動」と称して結成された組織。
目次[非表示]

概要


朝日新聞が、1982年に「朝鮮人女性を強制連行し、従軍慰安婦にした」との吉田清治の証言を、そのまま報道し、2014年まで30年以上にわたって訂正しなかった事に対し
「私たちは慰安婦問題等で示された朝日新聞の捏造歪曲報道を糺す国民運動組織『朝日新聞を糺す国民会議』を結成し、国内外で貶められた日本と日本国民の名誉と誇りを取り戻す国民運動を推進しています。私たちは、全国民の力で、この反日朝日新聞を廃刊にまで追い込んでいくことを目指します。」
(以上「私たち~目指します」まで『「朝日新聞を糺す(ただす)国民会議』結成への呼びかけ」より、原文ママ)
と称して、2014年10月25日に結成された。

同国民会議は「集団訴訟」「新聞全段意見広告」「朝日新聞社長と河野談話を発表した元国会議員の河野洋平の国会証人喚問を訴える」など、「あらゆる手段と方法で朝日新聞と戦い、勝利し、朝日新聞を打倒し、日本人の名誉と誇りを取り戻します」としている。

訴訟


2015年1月26日「日本国民の人格権や名誉が傷つけられた」として、渡部昇一上智大名誉教授ら約2万5千人(実際の一次提訴時の原告数は8749人。2万5千人は団体側が主張した、2次提訴等の人数を含めたものである)が1人1万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を朝日新聞社に求めて東京地裁に提訴。


渡部は「朝日新聞社長が慰安婦の実態について誤って認識している国連などを訪れ、訂正と謝罪をすることを望んでいるが、朝日新聞がそれをしないため、提訴した」と主張する一方、朝日新聞側は「(慰安婦は強制連行されたと証言し、後に撤回した)吉田清治氏の証言に基づく記事を取り消したとしても、慰安婦に強制の要素があったことは否定されない。報道で原告や国民の名誉が毀損された事実はない」として、争う姿勢を見せた。

2016年7月28日、東京地裁は「旧日本軍についての誤った報道で、日本政府への批判的な評価が生まれたとしても、個人の人格権が侵害されたと解するには飛躍がある」として、請求を棄却した。

「朝日新聞を糺す国民会議」側は地裁の判断を不服として控訴するも、原告は56人に急減した。

2017年9月29日、東京高裁は地裁の判断を支持し、控訴を棄却。

法律により上告可能とされる2017年10月13日までに最高裁に上告しなかったため、高裁の判決が確定した。

関連タグ


朝日新聞
裁判
市民団体

外部リンク


記事を訂正、おわびしご説明します 朝日新聞社 慰安婦報道、第三者委報告書
(吉田証言に対しての朝日新聞の訂正記事)
朝日新聞を糺す国民会議 公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「朝日新聞を糺す国民会議」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104

コメント