2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

中華人民共和国北京で開催された冬季オリンピックである。
マスコットキャラクターは冰墩墩雪容融

北京では過去に夏季北京オリンピック(2008年)が開催されており、同一都市で夏季オリンピックと冬季オリンピックが開催されるのは北京が全世界で初の事例となる。また、メインスタジアムも2008年と同じものが使用される。
また、2018年平昌オリンピック2020年東京オリンピック(2020年)に続き「東アジアで三大会連続の五輪開催」という珍現象も起こった。

2015年7月31日のIOC総会で、カザフスタンのアルマトイとの一騎打ちのうえ、立候補国の中国の委員3人とバッハ会長を除いた85人で投票し、北京が過半数の44票を獲得して、40票のアルマトイをわずかな差で破り決定。棄権が1票だった。

COVID-19の世界的パンデミックが未だ収束しない現状を鑑み、夏の東京大会に続き「外国からの観客を受け入れない」「出場選手にワクチンと出入国前、期間中のPCR検査義務付け」が決定している。

問題点

ソチ、平昌に続く積雪量の少なさは相変わらずである(オスロ等が辞退したのでしょうがないとはいえ)。

北京市内ではとても積雪量が確保できず、スキー等の雪上競技は北京から160km離れた張家口で人工雪をフル稼働して行うこととなっており、これはこれで観客や選手の輸送の問題が発生している。

また、2008年の夏季大会でも解決しきれなかった大気汚染を中心とする公害も未だ深刻な状況となっている。

2020年のCOVID-19渦は表向き解決したとしているものの、大規模水害の頻発により財政負担がや農業被害も大きく、三峡ダムなどの大型ダム決壊も不安視されている。

さらに中国のテニス女子選手に有力者が性的虐待をした疑惑が勃発、この件が元で冬季五輪前に中国で開催予定だった女子テニス協会主催による国際大会が中止、欧米などの国内でもボイコット論が高まっており、アメリカなどは政治家の派遣や視察を行わない「外交ボイコット」を表明しておりまだ紛糾材料が大きく残っている。
日本は明確にボイコットとは発言しなかったものの、岸田首相はもちろん皇族や閣僚も現地に行くことはなくJOC幹部のみが訪問した。

COVID-19問題においても、デルタ株オミクロン株の出現で対策の困難さがますこととなっている。
主催側は厳格なバブル方式をとり、選手や随行スタッフはもちろん取材クルーも会場と宿泊施設のみの往復となり市中に出ることは禁止されている。

独裁国家なだけに中国側への信用も低く、大会用の選手向けスマホアプリのセキュリティに関して各国政府より警告が出されている。

異例の事態


オリンピックの終幕後2022年2月24日。突如としてロシアがウクライナに軍事侵攻。
オリンピック休戦規定に真っ向から反するこの事態に各国は制裁を決め、当のIOCは世界各スポーツ連盟にロシアの追放を要請

そしてその後の北京パラリンピックからロシア、ベラルーシ両選手の出場が取りやめとなった。
一時は国籍を表記しない個人選手として出場を認める案もあったが。急遽出場停止となったのである。

大会本番

開催地は「雪が降らないのに気温は低い(スキーのスタート地点は日によってはマイナス20度を下回る)」「強風が吹く」という難所となり、平昌に続き強風に悩まされることとなった。
コースは硬くなった人工雪でスキー、スノーボードなどで不調の選手が相次いでおり、スキーも一部日程が強風のため延期になった。
スキー競技でも転倒者が続出し、女子アルペン大回転では6人が転倒などで棄権しアメリカのニーナ・オブライエンが脛の開放骨折という負傷となった。

また、COVID-19陽性での欠場も相次いでおりスキージャンプで金メダルが期待されていたオーストリアのマリタ・クラマーを始めとした有名選手も欠場を余儀なくされた。

選手の尊厳無視の理不尽

中国や友好国のロシア等に有利になる様な理不尽な判定も多く、スキージャンプ混合団体では「スーツの規定より1cm大きい」として高梨沙羅を始め4カ国5人の選手を失格。スピードスケートでは韓国人選手が中国人選手に転倒させられ失格し、韓国側コーチが抗議。
韓国では反中の機運が高まり、ネット上でも中国人と韓国人のバトルが発生(ただ、韓国も仁川アジア大会であまり人のことは言えない前科があるのだが)。

フィギュアスケート男子では羽生結弦のショートプログラム演目中リンクに穴が空いていたとして回転不足と判定され、これが響き、連覇がストップ。

スキージャンプの審判問題では、競技経験皆無の審判がいたことが発覚したり炎上した審判同士の責任のなすりつけ合い発言も発生しており、日本のスキー連盟も「提案」と言う形ではあるが国際連盟に文書を提出するに至った。
スノーボードでも金メダルを獲得した平野歩夢が2回目の判定に納得がいかないことを仄めかしておりアメリカのメディアでもコメンテーター達が激怒して大荒れとなった。

ジャッジ以外の運営ミスも多発しており、アルペン大回転ではスタッフがコースに器具を置き忘れ競技に危険が出たとして選手側から激怒のコメントが出た。

競技以外の施設にも問題が多発し、アメリカや韓国の報道陣からは食事のまずさや高価さを叩く記事が続出(東京と違い、コンビニやデリバリーで買うこともできない)。
フィンランドの選手がSNSに投稿した「宿舎の天井から盛大に水が噴出」はなぜかすぐ削除させられ消すと増える法則により世界中に拡散することに。


中国側の問題だけでなく、ロシアも女子フィギュアスケートのカミラ・ワリエワドーピング疑惑が噴出、結局ワリエワを暫定措置扱いで出場させたもののワリエワは騒動の重圧に耐えかねてフリーでミスを連発し3位以内には入れなかった。この際エテリ・トゥトベリーゼコーチが彼女を責め立てる様がカメラに捕らえられてしまいスケートファンの怒りが爆発。バッハ会長がROCに苦言のコメントを出す事態となった。

問題だらけな事もあり、アメリカなど今大会の視聴数は前大会の平昌五輪よりも激減している。

日本人メダル獲得者

上記のような逆境の中ではあったが、日本人選手のメダル獲得も相次いだ。
最終的なメダル獲得数は金:3個、銀:6個、銅:9個の合計18個となり、それまで過去最多であった前回大会の平昌五輪を凌ぎ、歴代最多のメダル獲得数を記録した。

フィギュアスケート団体や、女子スノーボードなど、日本選手初のメダル獲得種目が相次いだほか、スキージャンプやノルディック複合団体等、長らくメダルから遠ざかっていた種目でもメダル受賞者が出る快挙もあった。
カーリングは、女子(ロコ・ソラーレ)が男女を通じて初めて決勝に進出。惜しくもイギリスに敗れて銀メダルに終わったものの、日本代表として初の決勝進出という歴史的な快挙に日本だけでなく世界中のカーリング関係者からも称賛の声が上がった。

また、メダルには届かなかったものの、アイスホッケー女子は多くの強豪国を相手に互角以上の戦いを見せ、日本のレベルが着実に上がっていることを世界に印象付けた。
フィギュアスケートペアの三浦璃来木原龍一(通称:りくりゅうペア)は同種目で日本選手初の入賞(7位)を果たし、同種目における日本選手の更なる飛躍と成長を期待させる結果を残した。

金メダル

銀メダル

銅メダル


話題となった選手

スノーボードにおける伝説的存在。
長らく現役であり続けたが、この大会を持って遂に引退となる。結果は4位と惜しくもメダルには手が届かなかったものの、その最後の雄姿は国を越えて多くの選手・スタッフ・観客たちに見届けられ、大団円となった。

ROC(ロシア国際オリンピック委員会)のフィギュアスケート選手。
弱冠15歳でありながら男子顔負けの力強く美しく完成度の高い演技でROCの団体金メダルを決定づけた…はずだったが、ドーピング疑惑を受けてメダル授与式が急遽中止されるという緊急事態に。後日、疑惑が残りながらも個人戦の出場は認められたが、メンタル面ですっかり参ってしまっていたのか調子は上がらず(それでも4位)、演技の後にはコーチが強く𠮟責してワリエワは号泣した(これには別の方向からも批判の声が上がり、上記のようにバッハ会長も苦言を呈している)。
一連の騒動でオリンピックというものにもすっかり辟易してしまったのか、その後はエキシビションにも出場することなく帰国している。

天と地と


日本どころか世界でもその名を知らぬ者はいないであろう男子フィギュアの絶対王者。
不調という報道が続く中、前人未到の「4回転半」に挑戦するが、残念ながらあと一歩及ばなかった。それでも個人成績は4位。2位鍵山優真、3位宇野昌磨と男子は全員ベスト5入りを果たしている。また、試合後のインタビューも大きく話題となり、記者会見時には現地のスタッフ・ボランティアも一堂に集まったという。インタビュー内容でも自分を破って優勝したネイサン・チェンを「本当に素晴らしい演技だった」と絶賛するなど、その姿勢も高く評価された。

日本の女子スキージャンプ選手。
しかし、今大会は団体においてスーツの規定違反による失格という予想外の展開に。その動揺の中でも2回目のジャンプは98・5メートルと好成績を残し、チームは何とか4位となった。様々な意見が交差する中、本人も「私の失格のせいで皆んなの人生を変えてしまった」と大きく悔やんでいるが、ルールの問題点や高梨一人に責任があるのかという意見も多い。実際、オリンピックのスペシャルキャスターであった櫻井翔も「胸を張って日本に帰って来てもらいたいなと思います」とねぎらう言葉をかけている他、彼女のインスタグラムにも日本だけでなく世界中のファンから同様の励ましの言葉が数多く書き込まれているという。

関連項目

2022年 中華人民共和国 北京 北京オリンピック  冰墩墩

2018年2022年2026年
平昌オリンピック北京オリンピック(冬季2022)ミラノ/コルティナ・ダンペッツォ

関連記事

親記事

オリンピック おりんぴっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35380

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました