ピクシブ百科事典

ソチオリンピック

そちおりんぴっく

2014年開催の冬季オリンピック。
目次[非表示]

概要

2014年ロシアソチで開催された第22回目の冬季オリンピックである。
韓国平昌オーストリアザルツブルグと争い開催権を獲得。

開催期間は2014年2月7日2月23日(一部の競技が開会式の前日から実施された)。冬季五輪としては史上最多となる88の国と地域からおよそ2800人の選手が参加した。

2月7日に開会式が行われ、プーチン大統領が開会宣言を行った。

ワッカーニャ


なお、この開会式のショーにおいて、オブジェクトの1つが稼働しなかったために五輪が完成せず、“四輪”になってしまうというハプニングがあった(このハプニングは閉会式においても盛大にネタにされていた)。

現地は大会直前になっても設備や降雪が不十分な状態で、人工降雪機をフル稼働させて何とか開会に間に合わせた。しかし開会期間中も気温上昇や降雨で雪の状態は悪く、またコースの難易度が高かったためスキースノーボード競技では有力選手の棄権・転倒・不調が相次ぐ等番狂わせが度々発生した(これは、ソチ五輪の閉幕後に行われたソチパラリンピックも同様で、雪上競技のコース難度の高さから選手の転倒・棄権が相次ぐこととなった)。

開催国のロシアは金メダル:13、銀メダル:11、銅メダル:9の合計33個のメダルを獲得している。

マスコットキャラクター

ソチのアレ
ソチオリンピックがはじまった!


本大会のマスコットキャラはシロクマユキヒョウノウサギをモチーフにしている。
開会式と閉会式でも巨大なロボット(?)が登場した。

ただ、デザインについては、愛嬌があって可愛いという意見もあれば、不気味だという意見もあり、賛否両論であった。

社会的影響

テロ対策

開会前にはチェチェン共和国やダゲスタン共和国などに拠点を置くイスラムテロ組織などの活動が懸念され、厳重な警備が行われた。

同性愛者に関する問題

同性愛者に対し厳しい政策を取っているロシアに対しては、開催前からコカコーラマクドナルドもスポンサーとして名乗りを上げるなど、世界中で抗議活動が行われていたが、開会式でもドイツLGBTのシンボルカラーである虹色のウェアで入場するなど、同性愛差別に対する抗議が続き、欧米首脳陣(米国オバマ大統領英国のキャメロン首相、フランスオランド大統領ドイツのガウク大統領など)も開会式を欠席した。
Googleもロゴを開催に合わせてレインボーカラーを取り入れ反発を行っている。

ちなみにオリンピック憲章の第6の原則には「人種性別などによる差別はオリンピック運動と相容れない」と記されているため「6」という数字が抗議のシンボルとなっている。

競技・種目

スキー、スノボ

  • アルペン(アルペンスキー)
  • クロスカントリー
  • ジャンプスキージャンプ) :種目に「ノーマルヒル・女子」導入(ジャンプ初の女子枠)
  • スノーボード :種目に「スロープスタイル」「パラレル回転」導入
  • ノルディック複合
  • フリースタイル :種目に「スロープスタイル」「ハーフパイプ」導入
  • モーグル


日本人のメダル獲得者

本大会における日本選手の獲得メダル数は、金メダル:1個、銀メダル:4個、銅メダル:3個の合計8個と、冬季五輪では長野五輪に次ぐ史上2番目の獲得数となった(金・銀・銅のすべてのメダルを獲得したのも長野五輪以来である)。

本大会ではスノーボード初のメダル、フィギュアスケート男子初の金メダル、5大会(20年)ぶりのノルディック複合のメダル、4大会(16年)ぶりのスキージャンプのメダルなど記録的なメダル受賞の多い大会となった。

一方で、氷上競技での不振が目立ち、メダルは上記のフィギュア男子の金1つのみに留まった。とりわけ、長らく「お家芸」と呼ばれていたスピードスケートはトリノ五輪以来のメダル0に終わっている。

金メダル

羽生結弦
フィギュアスケート 男子

銀メダル
平野歩夢渡部暁斗葛西紀明
スノーボード 男子 ハーフパイプノルディック複合 個人 ノーマルヒルスキージャンプ 男子 ラージヒル
渡部暁斗
葛西紀明選手、ありがとう
竹内智香
スノーボード 女子 パラレル大回転

銅メダル
平岡卓清水礼留飛/竹内択/伊東大貴/葛西紀明小野塚彩那
スノーボード 男子 ハーフパイプスキージャンプ 男子団体フリースタイルスキー 女子 ハーフパイプ
【ソチ2014】JAPAN Ski jumpers!!

余談

  • 羽生結弦の金メダルは、フィギュアスケート男子初の金メダルの他にも、本大会で日本選手の獲得した唯一の金メダル、冬季五輪通算10個目の金メダル、史上初の平成生まれのアスリートの獲得した金メダルなど色々な意味で記念すべきメダルとなった。
  • 平野歩夢は15歳2ヶ月でのメダル獲得、葛西紀明は41歳8ヶ月でのメダル獲得となり、冬季五輪における日本人メダル獲得者の最年少記録と最年長記録をそれぞれ大きく更新した。
  • 平野歩夢、平岡卓、羽生結弦、清水礼留飛、小野塚彩那の5名は五輪初出場でのメダル獲得となった。
  • スキージャンプ男子団体が銅メダルを獲得した2月17日は、奇しくも1998年の長野大会でスキージャンプ団体が金メダルを獲得した日でもある。


関連イラスト

はにかみはにゅ!
【ソチ】永遠のライバル



関連タグ

競技 スポーツ ウィンタースポーツ
オリンピック 五輪 ソチ

ソチ五輪 - 表記揺れ

2010年2014年2018年
バンクーバーオリンピックソチオリンピック平昌オリンピック

pixivに投稿された作品 pixivで「ソチオリンピック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 962892

コメント