ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1993年11月に太田光代が個人事業主として設立。これは同年に爆笑問題が不義理を働いて退社した太田プロダクションと和解したが、太田光が事務所への復帰を拒否した事に端を発するものである。その為当時の光代は壁にぶち当たる度に太田プロに相談を持ちかけていた。事務所名は太田光が敬愛する小説家カート・ヴォネガットの小説『タイタンの妖女』に由来する。

光代は当初所属タレントを爆笑問題のみにしようと考えていたが、太田が自身を慕う後輩芸人を連れて来た事をきっかけに方針を転換。芸人の他にもネタのアイディアの枯渇を防ぐ為に構成作家も雇っている。1995年には有限会社として法人化。光代による積極的な売り込みや爆笑問題の再ブレイクにより次第に評価が高まった後に株式会社となり、若手芸人や文化人などの所属タレントも増加。2000年代以降は長井秀和橋下徹日本エレキテル連合らがブレイクしている。2014年9月には辻仁成が移籍。映画製作にも進出した。2015年には辻の作詞作曲により後述の社歌が制作された。2018年にコミュニケーションカレッジ「タイタンの学校」を設立し、現在は修了生との預かり契約も行っている。

主要子会社としてアバンテーベ(通信・配信事業)、トリトン(店舗経営)、コンテンツリーグ(DVD、CDの制作・製造・販売)が存在している。

主な所属タレント

正式に所属しているタレントや前述の預かり契約の者も含め人数が多いためpixiv百科事典に記事がある人物に限定。

関連動画

タイタン社歌「サンシャインデイズ」


外部リンク

公式サイト

YouTubeチャンネル

タイタンの学校 公式サイト

Wikipedia

関連記事

親記事

芸能事務所 げいのうじむしょ

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました