ピクシブ百科事典

三遊亭金馬

さんゆうていきんば

三遊亭金馬は、落語家である。ここでは3代目と4代目について述べる(メイン画像は4代目)。
目次[非表示]

概要

3代目

本名:加藤 専太郎
1894年10月25日生まれ、1964年11月8日没。

1912年に講釈師の放牛舎桃李に入門するが、翌年初代三遊亭圓歌に入門し落語家に転向、三遊亭歌当を名乗る。
1915年、二つ目に昇進し、2代目三遊亭歌笑を襲名。
1919年、三遊亭圓洲に改名し、翌年真打昇進。
1926年、3代目金馬を襲名。
1934年、東宝の演芸興行である東宝名人会専属となり、落語協会を脱退。
1954年、列車に轢かれて左足を失う。それが客に知られないように、高座に出入りする際は緞帳を下げていた。
1964年、死去。

趣味は釣りで、ひいきにしていた竿職人がいたが、東京大空襲で亡くなったため、その遺児である幼い兄妹を自分の子のように育てる。その妹の方はのちに初代林家三平と結婚する海老名香葉子(旧姓:中根)である。

4代目

本名:松本 龍典
1929年3月19日生まれ。

1941年、小学校卒業後すぐに3代目金馬に入門し、山遊亭金時を名乗る。なお現在彼が最古参の落語家となっている。
1945年、二つ目に昇進し三遊亭小金馬に改名。
1953年、日本テレビ開局記念番組で放送事故が発生し、急遽2代目三遊亭歌奴(のちの3代目三遊亭圓歌)、一龍齋貞鳳、3代目江戸家猫八プロレスコントを披露したところ、これが受け、レギュラー番組が誕生する。
1955年、歌奴を除く3人でNHKに引き抜かれ、「お笑い三人組」というバラエティー番組で人気となる。
1958年、真打昇進。
1967年、4代目金馬を襲名。
1969年11月には「笑点」のレギュラーにもなるが、歌奴共々多忙のため1970年6月に降板する。

pixivに投稿された作品 pixivで「三遊亭金馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント