ピクシブ百科事典

橘家圓蔵

たちばなやえんぞう

橘家圓蔵とは、落語家である。ここでは8代目について述べる。

概要

本名:大山 武雄
1934年4月3日生まれ、2015年10月7日没。

1952年、4代目月の家圓鏡(後の7代目橘家圓蔵)に入門し、橘家竹蔵を名乗る。
1955年、二つ目昇進し、橘家舛蔵と改名。
1965年、真打昇進し、5代目月の家圓鏡を襲名。
その後は兄弟子の初代林家三平や3代目三遊亭圓歌、東京落語四天王(5代目春風亭柳朝、5代目三遊亭圓楽、7代目立川談志、3代目古今亭志ん朝)らとともにテレビやラジオで活躍する。
三平の「ヨシコさん」ネタに対抗し、妻の名前を取って「節子さん」ネタを多用した。
1978年に6代目三遊亭圓生が落語協会を脱退し落語三遊協会を発足させると、一旦は師匠とともに移籍するが、圓生の計画は失敗に終わり、師匠ともども落語協会に復帰する。
1980年に師匠が死去。優柔不断と批判された師匠の汚名を返上すべく、2年後に8代目圓蔵を襲名。
圓蔵襲名後は病に倒れた柳朝に代わって四天王の一人として数えられるようになったが、徐々にテレビやラジオの出演を減らしていった。
2015年、死去。

pixivに投稿された作品 pixivで「橘家圓蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65

コメント