ピクシブ百科事典

春風亭柳朝

しゅんぷうていりゅうちょう

春風亭柳朝とは、落語家である。ここでは5代目について触れる。

概要

本名:大野 和照
1929年10月29日生まれ、1991年2月7日没。

1950年、5代目蝶花楼馬楽(後の林家彦六)に入門し、蝶花楼小照を名乗る。
翌年一旦廃業するが、さらに翌年に林家正太の名で復帰。
1953年、二つ目に昇進し、林家照蔵に改名。
1962年、真打に昇進し、5代目春風亭柳朝を襲名する。師匠正蔵が名跡を初代林家三平から奪い取ったことに責任を感じており、自分の弟子から林家を増やさないように、真打に昇進した際は他の亭号を名乗らせるため、当時落語芸術協会会長の6代目春風亭柳橋から春風亭の亭号をもらう。
1982年、師匠彦六の死のショックからか脳梗塞に倒れ、長い闘病生活の末、1991年に息を引き取る。

5代目三遊亭圓楽、7代目立川談志、3代目古今亭志ん朝とともに東京落語四天王と呼ばれたが、他の3人に比べ年齢が上過ぎることや、若くして病に倒れてしまったことから、彼の代わりに8代目橘家圓蔵を加える場合もある。

弟子に春風亭一朝春風亭小朝などがいる。
2007年、一朝の惣領弟子の朝之助が6代目柳朝を襲名。

コメント