ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

ポケモンSV』の最高難易度★7テラレイドバトル第26弾。

対象ポケモンはレベル100ドラゴンテラスタルジュカイン。テラスタイプにドラゴンが採用されるのは、最強のリザードン以来久々となる。


開催日時は6月28日9:00〜7月1日8:59、7月5日9:00〜7月8日8:59。


特殊行動編集

リーフストーム(戦闘開始時)

能力アップリセット(時間85%)

テラ回収(時間80%)

バリア展開(HP70%)

能力ダウン解除(時間65%)

じしん(HP30%)


対策編集

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
75856510585120530

特性は隠れ特性の「かるわざ」。

ただし今回は持ち物を持たされていないため、特性はあってないようなものになっている。


技構成は「リーフブレード」、「ワイドブレイカー」、りゅうのまいかみなりパンチ、「リーフストーム」、「じしん」。


初手にリーフストームを放ち、その後は物理攻撃で攻めまくる戦法を取る。

開戦からしばらくするとテラスタルチャージの減少やバフ消しを行い、バリアを張ってくる。ただ、チャージ減少やバフ消しは序盤の1回のみであるため、最初はバフ積みするより(リフレクターを張ったり、ジュカインにやけどを付与するなどの被ダメ減少対策は例外)は、テラスタルのために攻撃を当て続けることがオススメ。


なんと「りゅうのまい」が通常行動に組み込まれ、相手は実質4回行動するため少ないターンでこうげきとすばやさが最大になってしまう。これにより、こうげきデバフをする際はクリアスモッグを終始連打する必要があるなどとしっかり対策する必要が出てきた。

1段階しか減らせないひやみずなどは1体だけ連打しても焼け石に水なので、マルチで2人以上で連打し続けないと割に合わないので非推奨。

ただし、ぼうぎょ・とくぼうを上げるバフを実装しなかったので、ぼうぎょデバフやとくぼうデバフは有効である。


また、こうげきデバフの全体攻撃「ワイドブレイカー」が通常攻撃に採用され、特性がまけんきでなかったり、つるぎのまいを覚えていない物理アタッカーは厳しくなった。

はらだいこは「HP半分消費」の代償から、高火力の攻撃が飛んでくる中盤ではバフの積み直しが難しいため、今回は非推奨。


じめん技の「じしん」もあるため、くさ技対策にひこうタイプを持ち出す者もいるだろうが、でんき技「かみなりパンチ」が採用されたため、ひこうタイプの選出が非推奨となった。

特にかみなりパンチは曲者で、「複合タイプでくさ・ドラゴン技を半減に抑えようとしたら、最大強化後の等倍のかみなりパンチで大ダメージ」という事故が起こり得る。


ただ幸い、こおりタイプの弱点であるかくとう技は採用されなかった。


ソロで挑む場合、例によってケンイチのオリーヴァとかち合うと特性「こぼれダネ」で場をグラスフィールド状態にしてしまい、ジュカインの主力技であるリーフブレードの威力が1.3倍になるため、かなり厄介

また、こちらがコータス等のやけどを狙うポケモンを使用する場合は、積極的に毒を狙おうとするツナキのドオー、ドオー程ではないが「どくづき」で積極的に毒を入れようとするユウミのドヒドイデ、「ほうでん」でマヒを入れようとするアイカのハラバリーが邪魔になりやすい(あくまでやけど付与を狙う場合の話で、やけどに頼らないなら麻痺による行動阻害は有効の可能性はある)。


攻略可能ポケモン編集

弱点を突けるのはこおり・ドラゴン・フェアリー

ドラゴンに関しては互いに弱点を突き合う形になり、相手はレイドの仕様で莫大なHPがあるため、突き合いで競り負けることは想像に難くないので候補外。

一方でかくとう技は採用されず、どく技やはがね技は一切覚えないためこおりタイプやフェアリータイプの優先度が高くなるが、りゅうのまいで常に攻撃力を上げてくるジュカインをどう攻略するかが鍵になる


アタッカー枠編集

ボクはピクシーたん(♀)!

本レイドで最有力と思われるポケモン。

隠れ特性の「てんねん」でりゅうのまいを無力化し、「リフレクター」を張り、相手がりゅうのまいを使い続けている隙に「ムーンフォース」を連打してテラスタルし、バフ解除の後に「めいそう」でバフ積みして「ムーンフォース」と「ドレインキッス」を連打する。

フェアリーテラスタイプであれば相手はリーフブレードしか使用しないためかみなりパンチによる麻痺の危険性が低く、ぼうぎょ努力値を極振りすれば、仮に急所に当たっても数発は耐えられる。

とくこう努力値も極振りして「めいそう」1回程度でも、HPを半分以上削られても「ドレインキッス」一発で全回復できる。体力が半分以下になりそうになったらドレインキッスや「つきのひかり」で回復を優先することを意識すれば、時間はかかるもののかなり安定して戦える。不安ならば「リフレクター」を「まるくなる」に変えてぼうぎょバフを積んでおくのも良し(コスモパワーもあるが、まるくなるの方がとくぼうを上げないので演出が短い)。

持ち物は特性を消されないために「とくせいガード」を推奨。またはバフ消しが一回きりなことを考えて、あえてせいれいプレートようせいのハネなどといった他の道具を持たせ、バフ消しのターンを「まもる」で乗り切る戦略も可能。


ワイドブレイカーを無効化できる上、「じこあんじ」で最強ジュカインを選べば即座に攻撃(とおまけに素早さ)を最大まで上げられる為、物理アタッカーにもなれる。この場合、命中率に難のある「じゃれつく」ではなくフェアリーテラス後に「テラバースト」で攻撃する。能力アップの時間が節約できる為、特殊型より素早く撃破が期待できるが早期にバリアを貼られると火力を出せなくなるためマルチよりソロ推奨の型である。


サポートとしても優秀で、前述のリフレクターの他、ぼうぎょデバフの「くすぐる」(こうげきデバフでもあるが、相手がりゅうのまいを使うのでぼうぎょデバフの方が主)やとくぼうデバフの「うそなき」、「いやしのはどう」や「いのちのしずく」などの回復技、「てだすけ」、「でんじは」による麻痺付与、麻痺を防いでワイドブレイカーを弱体化させる「ミストフィールド」などがある。


欠点は隠れ特性前提であるため、場合によってはとくせいパッチが必要になるため、準備しにくいこと。

しかし、他の候補が挙がるに連れててんねんピクシー一択とは言えなくなったが、タイプ相性有利且つ事故が少なく安定して戦えるというアドバンテージはかなり魅力的と言っても過言では無いため、多少無理してでも用意する価値はある。


ラウドボーン

ピクシー同様隠れ特性の「てんねん」でりゅうのまいを無力化でき、物理耐久もそこそこ高い。

おにび」・「ねっさのだいち」でやけどを狙える他、回復も「なまける」がある。

素の状態では「じしん」で弱点を突かれるものの、幸い特殊行動で1回(しかも終盤辺り)のみ使ってくるだけであるため、速めにテラスタルできれば対処は可能。

欠点は隠れ特性前提である点と、ぼうぎょバフがテラスタルを切らないと積む事ができない「のろい」しかない事。

また、相手はドラゴンタイプなので主力技「フレアソング」が半減されるため、メインウェポンはゴーストテラスからの「シャドーボール」を推奨。ただし、この場合はのろいがバフ技として使えない。

あるいはいっその事こおりorフェアリーテラスにして「テラバースト」に走るのも手か。


サポートとしては流石に多彩なサポート技を持つピクシーには劣るものの、上記の「おにび」・「ねっさのだいち」でやけどを狙いやすいのはピクシーには無い利点(ただし、ねっさのだいちはやけど付与率30%なので、乱数に嫌われてやけど付与できずに終わる可能性もあるので過信は禁物)。


なお、有料DLCを導入しているのであれば「テラバースト」と同威力、同命中率、同PPのフェアリー特殊技「みわくのボイス」を覚えさせることができるのでこちらでも良いが、マルチにゲストで参加した際に「みわくのボイス」を使用し、相手側が特定の挙動をした場合、技を使用したプレイヤーがレイドを継続できなくなる不具合が確認されているため、マルチプレイでは絶対に「みわくのボイス」を使用しないように


ドオーちゃん!!

ピクシーやラウドボーン同様、隠れ特性の「てんねん」でりゅうのまいを無力化できる。

ぼうぎょバフは「のろい」、回復は「じこさいせい」がある。

ラウドボーン同様素の状態では「じしん」で弱点を突かれるものの、幸い特殊行動で1回だけ使ってくるだけであるため、速めにテラスタルできれば対処は可能。

ただし、どくテラスは勿論のこと、じめんテラスでも結局は「リーフブレード」で弱点を突かれてしまうため、フェアリーテラスに変更して「テラバースト」で攻める必要がある。

また、HP種族値は高いもののぼうぎょ種族値にやや難があるため、ぼうぎょには厚めに振っておきたい。


例によって「てんねん」は隠れ特性だが、特別講師として呼んだチリが交換してくれるパルデアウパーが隠れ特性のてんねんを持っているため、BPさえあれば入手は難しくない。


なお、言うまでもなくヌオーはくさ4倍なので論外。


ぶんぶんデカヌチャン

タイプがフェアリー/はがねもあって、くさ半減、ドラゴン無効と優秀なタイプを持つポケモン。

ドレイン技にドレインキッス、等倍なら専用技のデカハンマーを覚える。

ラウドボーン同様に「じしん」で突かれるものの、幸い特殊行動で1回(しかも終盤辺り)のみ使ってくるだけであるため、速めにテラスタルできれば対処は可能(はがねテラスの場合はじしんを繰り出した後)。


ただし、はがね複合だが「てっぺき」はおろか、「リフレクター」以外はぼうぎょバフを覚えないため、ほとんどの攻撃が半減以下とはいえ中盤以降の高火力からのダメージが悩ましい(上述のてんねんピクシーと比べると被ダメージの量が雲泥の差)。また、通常行動の中でかみなりパンチだけは等倍なので、最大まで強化された後でこれを連発されると厳しい。

バフを最大まで積んだ後は、リフレクターを絶やさないこと。

もしくはマルチでコータスと組み、やけどとクリアスモッグで被ダメージを抑えさせるのもあり。


The Fairy King's Sword.

『ソード』のパッケージ伝説。

ぼうぎょ種族値がそこそこ高く、「つるぎのまい」からの「じゃれつく」で戦える。「てっぺき」でぼうぎょバフも可能。

回復技に乏しいのが欠点。(かいがらのすずを持たせればある程度は対策可能)


なお、剣の王の場合ははがね複合になり、こうげき種族値が大幅に上昇するものの、かいがらのすずを持てないデメリットをどうカバーするかが課題となる。……もっとも、素の状態で十分攻略は可能な時点で、回復できない剣の王を採用する必要はあるのかと考えれば、無理に剣の王を採用する必要性が低い(もしくはマルチでヒーラーを募集するか)。


👀

ドラゴンタイプだが、はがね複合なので「ワイドブレイカー」は等倍で済む。

とける」を積みつつ「ボディプレス」で押していく。通常特性の「シェルアーマー」が優秀で不意の急所による事故も防ぐことが出来る為、安定感は随一のものがある。

もしくは「アシッドボム」でとくぼうデバフをかけつつ「ラスターカノン」やフェアリーテラスからの「テラバースト」で攻めてもOK。ドラゴンテラスだけは絶対に厳禁


ただし、LEGENDSアルセウスからHOME経由で送らなければならない事が欠点。

また、原種のヌメルゴンは「ワイドブレイカー」で弱点を突かれるので非推奨。



サポート枠編集

カラマネロ

初手で「スキルスワップ」で「あまのじゃく」を押し付ける事で積み技をデバフにできる

最強のメガニウムの時に使用した個体を流用することができるのも大きい。

ただし、マルチで組む場合はデバフ要員がいるとむしろ邪魔になるため、組み合わせに注意。「リフレクター」や「いばる」も入れておくといいだろう。

これらの戦法を応用したソロ攻略枠としても非常に優秀だが、詳細は後述


#151 Mew

種族値オール100に加えて覚える技の多さから、サポートとして有力なポケモン。

ただし、最低でも「てっぺき」だけは覚えさせておくこと。てっぺきに加えて、いのちのしずくまたはドレインキッスなどで自衛はできる。

とくぼうも無振りでも100はあるため、最初のリーフストームが運悪く当たってもなんとかなる。


high above

ミュウより覚えられる技が少ないが、それでもアシッドボムやトリックルーム、ミストフィールド、リフレクターなど、有力なサポート技を覚えられる。

かくとう技が非採用なため素のノーマルタイプでも問題はないが、やはり最低でも自衛のために「てっぺき」と「じこさいせい」は必要。

こちらは全種族値が無振りでそれぞれ120なので、ミュウ同様に運悪くリーフストームに被弾してもなんとかなる。



ソロ専用枠(マルチ非推奨)編集

コータス

トップクラスのぼうぎょに加え、りゅうのまい対策のクリアスモッグ、ぼうぎょを底上げするてっぺき、攻撃しつつやけどを撒けるふんえんれんごくしっとのほのおも覚えるなど堅牢な物理耐久を誇る。隠れ特性のシェルアーマーで急所への被弾を抑えられる。

メインの攻撃手段は基本的に「ボディプレス」一本。テラスタルもかくとうを推奨。

基本的に「てっぺき」を3回積んでから「ボディプレス」を連発するだけなので、準備ができるなら最安定と言って良い。制限時間85%で強化解除がくるので、それまでは何もせずにその後に積むのが良い。

回復技に乏しいのが弱点なので持ち物は「かいがらのすず」一択。かくとうテラス用のテラピースも要求される。「ボディプレス」のPPがギリギリなので「ポイントアップ」で最大まで増やしておくことを忘れずに。


また、「クリアスモッグ」は「りゅうのまい」によるバフを消すことで隙を作ることができるが、マルチで組む場合はデバフ要員(特に「アシッドボム」)がいるとむしろ邪魔になるため、組み合わせに注意。


隠れ特性前提であるため、場合によってはとくせいパッチが必要になるため、準備しにくいことも欠点。

テラレイドで「シェルアーマー」持ちを調達する場合、星6の方は「ひでり」固定であるため星4の方で探す事(星5の方はコータスのレイド自体が出ないので注意)。


サイレーツ

コータス同様「てっぺき」を積みつつ「ボディプレス」で押していく。コータス等と異なり元からタイプ一致であるため、大ダメージを与えられる。

通常特性の「カブトアーマー」が優秀で不意の急所による事故も防ぐことが出来る為、安定感は随一のものがある。

適当に捕まえた野生のタイレーツをミントとっくん・努力値振りで補正・育成してやれば即戦力として投入できるため、手間をかけず本レイドに参加したい人におすすめ。


ただ、とくぼう種族値がやや低いので、運悪く「リーフストーム」が自分に被弾してしまったらリセットした方が良い。

ピクシー等より遥かに用意しやすいためかマルチでも比較的よく見かけるが、そもそも「リーフストーム」が自分に当たらないかの運ゲーを強いられる時点でマルチには向いていない事を理解すべきである(これは下記のコノヨザルやドドゲザン、テツノカイナにも同様の事が言える)。


ちなみに隠れ特性は「ワイドブレイカー」をトリガーにこうげきバフを行える「まけんき」だが、タイレーツの場合は「カブトアーマー」で急所被弾を防ぎつつ「てっぺき」+「ボディプレス」で攻めるのが手軽かつ安全なので、無理して用意する必要はない。


Crabominable - The Abominable

隠れ特性「いかりのつぼ」で、リーフブレードを逆利用してこうげきランクを最大まで上げ、「アイスハンマー」でワンパンを狙うという戦略ができる。

ただし、あくまでも相手がりゅうのまいで強化し切る前にリーフブレードで急所を突かれたらの話であり、リーフブレードではなくワイドブレイカーやかみなりパンチの方が飛んでくる可能性も十分にある。また、いくら「いかりのつぼ」でも最大まで強化されたリーフブレードの急所命中で瞬殺されたら意味がない

よって、時間をかければかけるほど不利な超短期決戦型である。一応、「ビルドアップ」や「ドレインパンチ」があるとはいえ、あまり長期戦したくない。

こちらも運悪くリーフストームが被弾したら以下略。


🦍👻コノヨザル💢💢💢ドドゲザン

こちらはワイドブレイカーを逆利用してバフ積みできる。

ただし、ワイドブレイカーばかりが飛んでくればの話であってリーフブレード急所命中で追い詰められる可能性もある。幸い両者とも「ちょうはつ」が覚えられるため、ケケンカニと違い、ジュカインの序盤の強化を封じることができる……が、バリア中はちょうはつが効かないのでバリア破壊はちょうはつが解けるまでに迅速に行うこと(最悪、ちょうはつが解けるタイミングでバリアが張られる危険性もある)。

例のごとく、運悪くリーフストーム以下略。


テツノカイナ

コータス等同様「てっぺき」を積みつつ「ボディプレス」で押していく。

「カブトアーマー」等は持たないが、物理耐久が高めなのである程度は耐えられる。

「エレキフィールド」は利敵行為にしかならない点と、バイオレット版限定な点には注意。

そして例のごとく、運悪くリーフ以下略。


なお、今回は「りゅうのまい」ガン積みからの猛攻が激しいため、いくらテツノカイナと言えど考えなしに「はらだいこ」を積むのは危険である。

よって、「ドレインパンチ」戦法を取るなら今回は「はらだいこ」より「つるぎのまい」の方が安全。


ちなみに、見た目からは全く想像できないがじゃれつく」を覚える

もっとも、わざわざフェアリーテラスしてまで使う価値があるかと言うと疑問だが。


ぎゃくてんポケモン

とくせい「あまのじゃく」を敵味方に活かした、攻防一体に安定した攻略が可能。

初手に「スキルスワップ」で「あまのじゃく」を押し付け「りゅうのまい」をデバフにすることでこうげきを大幅に弱体化させた後、「ばかぢから」を連打して自らのぼうぎょを下げることで一度倒れる。相手のデバフ次第ではひっくりかえすを入れることで倒されやすくなる。

ひんし後の再展開で「あまのじゃく」を取り戻してからは「ばかぢから」でこうげきとぼうぎょを上げながらステラテラスタイプにテラスタルし、「テラバースト」連打で押し切る。

攻撃しながらバフを掛けていくので積み技の必要がなく、一度倒れるデスペナルティ込みでも余力をもって攻略できる。

自力で回復技を持たないため、持ち物は「かいがらのすず」一択。


上述の通り、一度ひんしになることを前提にした戦術であるためソロ攻略専用と言ってよく、デスペナルティで迷惑を掛けかねないマルチプレイは非推奨。

そして例のごとく、運悪く以下略。


マルチ専用枠編集

ランプラー

おにび」「れんごく」「しっとのほのお」による火傷のエキスパート。ジュカインの技の関係上「ほのおのからだ」で火傷を狙えるためこちらを推奨。

クリアスモッグ」も覚えられるため「しっとのほのお」を使いやすくする他、ジュカインの「りゅうのまい」を誘発して事実上の行動阻害が期待できる。

また、「トリックルーム」の採用により、「りゅうのまい」で先手を取られても「クリアスモッグ」で先手を取り積みを帳消しにできるのも利点。

耐久力も「しんかのきせき」でカバー可能である上、攻撃力上昇状態での被弾が少なく火傷もあるため数値以上の耐久力を持つ。遺伝で「とける」も覚えられる。

特殊行動の「じしん」が懸念点だが、キタカミの里にいる野生の草テラス個体を使用することで容易に対策できる。技がほぼ攻撃技の関係上テラスするタイミングには困らないはずである。

回復手段が乏しいのが欠点。


なお、シャンデラだと他のどうぐを持てる代わりにきせきランプラーより物理耐久が低くなるのであまりお勧めできない。


マグカルゴ

おにび」「れんごく」「しっとのほのお」による火傷のエキスパート。

クリアスモッグ」で「りゅうのまい」を消しながら火傷を狙う。

こちらは「リフレクター」「じこさいせい」で耐久面のカバーができ、安定して火傷付与ができる。


ただし、一回限りとはいえ特殊行動のじしんが四倍弱点なので、油断はしないこと(特にデバフリセットによるやけど解除後)。


业莲-红莲铠骑插图

特殊型だがぼうぎょ種族値が高く、「てっぺき」も覚えられる。

「クリアスモッグ」はもちろん、「おにび」によるやけどの付与、そして「アシッドボム」による特殊アタッカーへのサポートも可能(ただし、効果の都合上クリアスモッグとアシッドボムの併用はできないので、バフリセットととくぼうデバフのどちらにするかをよく考えておくこと。…今回の仕様上クリアスモッグに軍配が上がりそうだが)。

他にも「リフレクター」や「てだすけ」、「トリックルーム」、かえんだま+「なげつける」も使える。


欠点は回復手段が応援とかいがらのすずだけなことと、スカーレット限定であること、そしてスキルスワップを覚えないので隠れ特性の「くだけるよろい」が非推奨であること。

また、ソロで運用するにも有効打がテラスタイプを変更してのテラバーストしかなく、準備に手間がかかる上にそこまで有用ではない(なんだったらコータスの方が良いという結論になる)。

バイオレット限定の相方であるソウブレイズは「むねんのつるぎ」が半減されるため非推奨。


ルチャブルとか

「カラマネロ」がいるときのみ真価を発揮するサポーター。通常カラマネロが「「スキルスワップ」で「あまのじゃく」で渡すと以降は攻撃や防御などのステータスへのデバフは厳禁だが、特性「かたやぶり」により「あまのじゃく」を無視することが出来る。

これを利用し、「フェザーダンス」や「とびかかる」で攻撃を下げる事を得意とする。

他にも「コーチング」で味方をサポートしたり、「ちょうはつ」で積み防止、HP管理用の「はねやすめ」も覚える。特に「ちょうはつ」は先制で「ジュカイン」に「スキルスワップ」できない「カラマネロ」ともシナジーがある。

ステータスデバフを打ちそうな味方に「なかまづくり」で特性を「かたやぶり」に変更し裏目に出ないようにすることもできる。

夢特性の為「とくせいパッチ」が必須で、「かたやぶり」や「なかまづくり」の仕様への理解も必須。なにより味方の選出に依存する上に毎ターンの行動を4人分監視しないと運用できない為使用難易度は高い。その分使いこなした時の貢献度は相当のものになる。



いたずら5秒前

物理耐久はそこまで高く無いものの、くさ/フェアリー複合により、ジュカインが使う技全てに耐性を持つ。

特性「いたずらごころ」が優秀で、ぼうぎょを3段階上げられる「コットンガード」の他、「あまえる」「うそなき」「くすぐる」「トリックルーム」「てだすけ」「おいかぜ」「ちょうはつ」「ミストフィールド」を覚えられる。秘技「かえんだま」+「なげつける」も。

やどりぎのタネ」を使えば自動回復も可能。

バリアを張られたらやることが無くなりがちな点と、「リフレクター」を覚えられない点が欠点。


連携マルチ専用枠編集

カラマネロ色んなマホイップ詰め合わせ🧁🧁

①カラマネロは「スキルスワップ」で「あまのじゃく」をマホイップに渡す。

※マホイップの特性は通常特性の「スイートベール」と隠れ特性の「アロマベール」の2種類があるが、どちらを選んだところで戦局に全く影響は出ない。

②マホイップは「なかまづくり」で「ジュカイン」の特性を「あまのじゃく」に変える。

③カラマネロはマホイップに再度「スキルスワップ」し、「あまのじゃく」を返してもらい、基本的には前述のサポーターの項目で記載された通りの「ばかぢから」やステラテラスの「テラバースト」等でバフに専念する。余裕があれば味方のマホイップに「つぼをつく」してもいい。

④マホイップはジュカインに「デコレーション」で攻撃方面のデバフを重ねる。

この戦術はプレイヤー間同士で理解が必要なため、間違っても野良マルチではしないように。


非おすすめポケモン編集

まず前提としてタイプ相性を全く考慮しない選出は言語道断

ジュカインのタイプはくさタイプ、そしてテラスタイプはドラゴンであるため、これら2つのタイプのどちらかに弱点を突かれるタイプは避けたほうが良い。

また、相手は物理型なので最大までこうげきバフを積んだジュカインの攻撃に(バフ込みでも)最低でも2発以上耐えられるポケモンが望ましい。耐久が貧弱なポケモンやぼうぎょバフが使えないポケモンの選出は避けた方がいい。


  • 物理耐久が低すぎるor被ダメージ減少手段がないポケモン

特にサーナイトとニンフィアとハバタクカミ。この3匹はフェアリータイプだがぼうぎょ種族値がニンフィアとサーナイトで65、ハバタクカミで55と低すぎる上に、ぼうぎょバフがニンフィアはのろいとリフレクターだけ、サーナイトはリフレクターだけ、ハバタクカミに至ってはリフレクターものろいも覚えないという心許なさが足を引っ張る。例えぼうぎょ努力値を極振りしても、中盤以降は高威力攻撃で即死やジリ貧も有り得るため非推奨。

このように、タイプの相性は良くとも種族値や使えるバフの相性が最悪なポケモンも少なくなく、しっかり考えて選考しなければならない(ピクシーも物理耐久が低いが、あちらは特性てんねんのおかげで安定して戦えるからこそ有力視されている)。


てんねんは「りゅうのまい」に有効となる特性だが、どちらも草技で弱点を突かれてしまう。

特にヌオーはくさ4倍なので論外。


「てんねん」の場合であればこそ今回のレイドにてアタッカーとして有用となり得るのであり、そうでない場合は「りゅうのまい」ガン積みからの猛攻に対処できずに即死したり、立て直しが困難になったりする可能性が高い。


使用する前に特性を確認し、「てんねん」でなければとくせいパッチを使ってでも必ず特性を「てんねん」にしておくこと。


  • 回復手段を未所持のままの攻略可能ポケモンの選出

……非常に稀だが、ドレイン技、または回復技やかいがらのすずを持たせずに上述の攻略可能ポケモンを考えなしに選出する者がおり、ただただ殴ってはダメージor死ぬを繰り返して無駄に制限時間を減らし続ける(例えば、上述のまけんきコノヨザルで「ふんどのこぶし」ばかり使い、「ドレインパンチ」はおろか「かいがらのすず」すら持たせていないというもの)。

素早く相手を倒せれば回復はいらなくなるだろうが、それは相手を確実にワンパンできるならの話である。火力の高さで短期戦を狙うにしても、その前に時間切れになったら意味がない


くさとフェアリーに耐性を持ち、コータス同様「てっぺき」と「ボディプレス」を覚えられ、「ミラーアーマー」で「ワイドブレイカー」のデバフを反射可能。回復も「はねやすめ」があるため一見すると本レイドに向いているように見える。

だが飛行複合であることが災いし、「かみなりパンチ」で弱点を突かれてしまう。それで(付与率10%とはいえ)麻痺になってしまったら尚の事行動が狭まってしまう。

よって、レイドに出すのはおすすめできない。


いつも通りレイドの嫌われ者。

ディンルーは草タイプに弱く、イーユイもドラゴンタイプに炎技を半減され、じしんで弱点を突かれるため避けるべきだろう。

ただ、チオンジェンはワイドブレイカー以外の攻撃を半減に抑えることが可能で、わざわいのおふだで攻撃を下げてくれるため、味方に物理型がいなければサポーターとしての一考の余地はある。変化技もりゅうのまいを一時的に止められる「ちょうはつ」や物流ダメージを抑えられる「リフレクター」と役立つものは一通りある。

なおパオジアンの場合、こおり技を多数覚えて場合によってはこおり状態にすることが可能ではあるものの、特性の影響で味方まで防御が下がってしまう為、野良レイドは絶対厳禁。


メインウェポンの電気技を半減され、こちらはドラゴン技で弱点を突かれるため非推奨。特性ハドロンエンジンも、かみなりパンチが採用されたため利敵行為になってしまう。


今回は特性で利敵行為にならないが、結局は「ワイドブレイカー」と連続りゅうのまいを凌ぎきれないため非推奨。


前者は「グラスメイカー」、後者は「こぼれダネ」の影響でグラスフィールドを展開し、塩を送る為、非推奨。


相性有利なフェアリータイプであるが、いずれも草技や電気技で弱点を突かれるタイプ複合であることが災いし、リーフストームやリーフブレード、かみなりパンチで弱点を突かれるため論外。


なお、マリルリもくさ弱点だが、特性が「そうしょく」の個体に限り活躍できる可能性があると思われたが、まさかのかみなりパンチが採用されたため、どのみち弱点を突かれてしまうため非推奨(フェアリーテラスになるまで耐えられる手段があれば別だが、少なくともただでさえ耐久が低いので「はらだいこ型」はNG。使えるにしてもかなり面倒な手順が必要で、運が悪いとテラスタル前にかみなりパンチが飛んでくる可能性があるのが怖い)。


「いしずえのめん」以外は主力技の「ツタこんぼう」が半減されるため、あまりお勧めできない。

特に「かまどのめん」はテラスタルを切ったら「じしん」で、「いどのめん」はテラスタルを切ったら草技で弱点を突かれるので論外。

残る「いしずえのめん」も、テラスタルを切ったら草技で弱点を突かれるので非推奨。


一応「じゃれつく」を覚えるものの、オーガポン自身のテラスタイプを変更できないため、バリアを張られたらジリ貧になりがち。




報酬編集

これまで通り6Vかつ隠れ特性のジュカインを入手できる。初回のみわざマシン222「ワイドブレイカー」ととくせいパッチが確定ドロップ。この他ドラゴンテラピース、とくせいカプセルやパッチ、インドメタシン、けいけんアメ・換金用アイテム・秘伝スパイスなどがドロップされる。


ジュカインはさいきょうの証持ちで特性は「かるわざ」、性別はオス、性格はせっかち固定。技構成は「リーフブレード」、「ワイドブレイカー」、「りゅうのまい」、「かみなりパンチ」。



余談編集

ドラゴンテラスタイプなのは、メガシンカメガジュカインがドラゴン複合であることや、ブルベリーグ四天王の1人であるドラゴン使いのカキツバタが手持ちに入れていることが理由として考えられる。


なお、今回のジュカインの登場により、ホウエン御三家およびブルベリーグ四天王が手持ちに加えていたパートナーポケモンはすべて最強レイドで実装されたことになった



関連タグ編集

最強のテラレイドバトル ジュカイン


★7テラレイドバトル編集

最強のエンブオー最強のジュカイン最強のピカチュウ(2回目)

関連記事

親記事

最強のテラレイドバトル さいきょうれいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました