ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

モミの木

もみのき

マツ科モミ属の常緑針葉樹。クリスマスツリーに使われることで知られる。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

種名は単にモミ)だが、pixivで「モミ」のタグポケモンのキャラクターに使用されているため、この記事で取り扱う。


概要

マツ科モミ属に属する常緑針葉樹。日本固有種で、暖帯冷帯の境界付近(岩手県秋田県以南の山間部)を中心に分布し、広葉樹に混ざって生育する。


がまっすぐ立ち、樹形は円錐形で、樹高25mを超える大木になることからよく目立つ。神社神木となっているモミも多いが、大気汚染に弱く、大都市圏ではほとんど見られない。


本種はモミ属(英語ではFirと総称される)樹木の中ではもっとも南部に分布する。日本に自生する他のモミ属としては、シラビソ本州四国高山帯に分布)、トドマツ北海道に分布)などがある。


花言葉は高尚、昇進、時間、時、永遠、向上、高くそびえるなど。

誕生花10月7日11月20日12月24日など。

古くは「モムノキ」と呼ばれており、に揉み合う様子の「揉むの木」が語源と言われる。


利用

材は白色や淡い黄色で、柔らかくて加工しやすい。木材の好きな日本人の嗜好に合うため、内装材や家具材としてしばしば用いられる。強度はかなり弱く、比重の値が近いスギと比べても脆く腐りやすいので建築材としてはあまり使われないが、姫路城天守閣の心材はモミとツガを継ぎ合わせたものであった(本来はヒノキを使いたかったが適材がなくモミを代用した模様。傷みが激しく昭和の大改修時にヒノキに入れ替えられている)。


モミはクリスマスツリーに使われる樹木として知られるが、クリスマスツリーはモミ属樹木と決まっているわけではない。欧州ではコーカサスモミのほかオウシュウトウヒ(トウヒ属)などの利用が多い。北米ではバルサムモミのほかヨーロッパアカマツ(マツ属)などがよく利用される。


関連タグ

樹木 針葉樹 クリスマスツリー ファー

関連記事

親記事

針葉樹 しんようじゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17518

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました