ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして:猫に小判

初出第1世代
タイプノーマル
ぶんるい物理
いりょく40
めいちゅう100
PP20
直接×
範囲単体
備考戦闘終了後、技を使用したポケモンのレベル×使用回数×5円分のお金を拾える
英語名Pay Day

概要

初代から存在する技。
技の由来はそのまま猫に小判
日本の由来であるためそのままでは他言語に輸出できず、例えば英名「Pay Day」は給料日になっている。

戦闘終了時に金が拾えるという、第8世代現在まででも稀有な効果を持つ技。
現在習得できるのはニャースチョロネコ系統のみ。
…というか技からしてニャースをイメージして作られた技である。
それ以外では、かつて第3世代にて「ポケモンボックス」に100匹預けると、この技を覚えたエネコのタマゴが手に入ったほか、それ以外でもこの技を覚えた特別なオニドリルギャロップが配布されたことがある。
他の猫ポケモンは習得できないが、まあ猫に小判(猫は小判の価値が分からないので、与えても意味が無い)なので仕方ない。そうするとチョロネコは小判の価値が分かるということなのだろうか。

対戦では「ひっかく」に毛が生えた程度の性能なので使われることはない。
その為主な使用法はシナリオ中での金稼ぎ
また、「おまもりこばん」や「こううんのおこう」の効果はこの技にも適用されるため、使用するポケモンにこれらの道具を持たせておくと拾えるお金も2倍になる。
レベル100の上記アイテム持ちなら一回で1000円拾えるので育て屋に預けたポケモンを引き取れる程度の金にはなるだろう。
ただし、道中トレーナーとの再戦やOパワーなど世代を重ねるごとに楽に賞金稼ぎができるようになっており、高レベルのポケモンを用意する手間は考えなければならない。

ポケダンではこの技でトドメをささないとポケ(ポケダン世界のお金)を落とさないので注意。

何と初代では技マシンに設定されていた
ただ、習得者の基準が良くわからない事になっており、どういう事かサイドンミュウツー果てはニャースとは宿命のライバルであるピカチュウまで習得できた。(ちなみにニャースもピカチュウの象徴技である10まんボルトを覚えられる)
※ミュウツーは赤・緑・青のみ
ちなみに、初代ではトレーナーとの再戦は四天王+チャンピオン以外一切不可なので、実質本編クリア前にできる資金増殖はこれだけである(他には「ゲームセンターでアイテムを手に入れて売る」「ゴールデンボールブリッジのイベントで『負け→きんのたまをもらう』を繰り返す」などがあるがいずれも非効率)。
うっかり負けが込んでヤマブキシティに入るための飲み物代まで尽きたり、サファリパークに入れなくなってしまったらこれで頑張るしかなかったりする。
また、第4〜7世代ではペルシアンは枠がパワージェムに置き換えられて、レベルアップ、思い出しで習得できなかったが剣盾で再び習得可能に。
初代を参照したのか何とLPLE』でも技マシンになっている。もちろんミュウツーも覚えられる。
確かに本作は金策が何より大事なのだが、野生ポケモンと戦えないせいでその金策自体もやれる場所が限られるのが難点。
そして剣盾でもわざマシンで復活した。前述のギャロップも習得。

またポケスペで、この技を覚えたオニドリルギャロップが登場した事があるが、これは学年雑誌のポケモンスタンプ企画が元ネタである。

キョダイコバン

第8世代で早期購入特典として入手できたキョダイマックスニャースが使用できるキョダイマックス技。キョダイマックスニャースの扱うノーマル技のダイアタックが全てこれに変化する。

キョダイコバン


その名の通り「ネコにこばん」のパワーアップ版であり、貰える金額も大幅に増量されている。
入手金額は、ニャースのレベル×攻撃回数×100円で、上限は99999円となっている。
レベル84以上のニャースに「おまもりこばん」か「こううんのおこう」を持たせた状態でこの技を使用すると、1試合だけで上限額の99999円を荒稼ぎすることが可能。

とはいえ、キョダイマックスできる機会は限られているため、本領を発揮できるようになるのはストーリークリア後に解禁されるチャンピオンカップとなる。決勝までの3試合すべてでニャースを繰り出してこの技を3回使用すれば、99999×3=299997円もの大金を荒稼ぎできる(実際には、トレーナーに勝った時の賞金×2倍も上乗せされるため、35万近くの大金を一度に貰えることになる)。
効率で言えばワットで買ったゴージャスボールを売却する方法には及ばないが、キョダイマックスニャースを持っており、所持ワットが少なく、かつDLCも買っていない場合はこの方法に頼ることもあるだろう(トーナメント後のアイテムを求めるなら尚更)。DLCを買っていても育成したポケモンにバッジを獲得させたい等の理由でチャンピオンカップに挑むことはあると思われるのでその際にはこの方法を活用しておきたい。

大金が手に入るということからあまり注目されていないが、確定で相手を混乱状態にするという凶悪な追加効果もある。キョダイブリムオンキョダイテンバツとはタイプが異なることとバトル後に金が手に入ることを除けばほぼ同じ技と言ってよい。
とはいえ、ニャースは進化前なので攻撃面の能力は低く、低レベルだと3発命中させても倒しきれないのはザラ。ニャースのレベルを優先的に上げておこう。

なお、上記の通りダイアタックが全てこれに置き換わるのでネコにこばんを覚えさせておく必要はない。威力を求める場合、物理なら「とっておき」(威力140)、特殊なら「ハイパーボイス」orさわぐ」(威力130)が最高威力となる。ただし、「とっておき」はタマゴ技であるため、キョダイニャースに覚えさせたい場合はイーブイなどと交配させてこの技を遺伝させた別のニャースと一緒に預かり屋に預けて後付け遺伝させる必要がある点には注意。
攻撃or特攻の個体値が最大の状態かつ努力値も全振りさせた状態で放てば並大抵の相手は消し飛ばせるため、レベルを最大まで上げておけばトーナメント周回でも結構な戦力になってくれる。

オニオンが勝負をしかけてきた!


注意点としてはノーマル技であるため、当然ながらゴーストタイプには無効化されてしまう。トーナメントでゴースト使いと当たってしまった場合には事実上使用を封じられてしまうことになるので注意。
ダンデも、手持ちのうち2体がゴーストタイプであり、しかも一番手がそのうちの1体であるギルガルドで、残りの1体であるドラパルトもどこで出してくるかはランダムであるため、キョダイニャースの投入がやや行いづらい。ダンデは獲得できる賞金額こそ最高額だが、こういった事情もありキョダイコバンも併用した周回を行う際には敬遠されることが多い。ジムリーダーを呼ぶ際はダイマックスを行わないために演出が短いネズを呼んでおくといいだろう(勝ち残れるかは別として)。

また、ニャースのタイプ相性的にかくとうタイプは不利であるが、トーナメントに登場するかくとう使いのかくとうタイプは揃って特防が低めなので、素早ささえ上をとれていればレベルを上げた上で特殊技のキョダイコバンを放てば何とかなったりする。素早さに努力値を振ったり、ダイマックスアメでHPの底上げをしておくのを忘れないようにしよう。加えて、特殊型にしておけば相手の「いかく」や「おにび」による妨害を実質無視して攻撃することが可能になるというメリットも。ニャースはどちらかと言えば物理寄りのステータスであるが、こういった事情から敢えて特殊型に育成して周回している人も多く見かける。

総じて、主な仕事は開幕からダイマックスしてのキョダイコバン3連発なのでダイマックスが切れたら速やかに交換しよう。

長らくこのキョダイニャースは早期購入者限定の特典となっており、未所持者との間で集金効率の格差が生じてしまっていることが一部で指摘されていたが、2020年5月下旬のキョダイマックスピックアップに遂にこのキョダイニャースが選出され、事実上の一般配布が行われたことでこの問題は一時的な解決をみている。期間終了後もキョダイマックスのピックアップはローテーションで行われているため、いずれ再びピックアップされる可能性もある。

また、2020年6月17日に配信したDLC「鎧の孤島」を購入しているなら「ダイスープ」を通常のニャースに使用することで後天的にキョダイマックスを付与することができる。
もっとも、鎧の孤島にはワットを掘り出してくれるほりだしオヤジがいるため、上記のワットで買ったゴージャスボールを売却する方法もしやすかったりするのだが、ワットを掘り出すには何かと入手の面倒なヨロイこうせきが必要となるのも事実。バトルをしながらお金を稼ぐのか、アイテムを売却してお金を稼ぐのか、どちらの方法を採るかでニャースにキョダイマックス能力を付与させるか決めると良いだろう。

関連イラスト

ネコにこばん
ネコにこばん


関連タグ

ハッピータイム
ポケモン技一覧 ポケモン技絵
バネブーブーピッグ:「猫に小判」と同じ意味「豚に真珠」をモチーフにしたポケモン

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネコにこばん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25449

コメント