ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

一般的な意味については→恨み


データ編集

初登場ポケットモンスター 金・銀
タイプゴースト
分類変化
威力-
命中100
PP10
範囲1匹選択
直接攻撃×
効果相手が最後に使った技のPPを2~5(『ルビー・サファイア』まで)→4(『ダイヤモンド・パール』以降)減らす

概要編集

ポケットモンスター 金・銀』から登場したわざ。相手が最後に使った技のPPを減らす。

初登場から『ポケットモンスター ルビー・サファイア』までは2~5と減らせる量がランダムだったので安定しなかったが、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』以降は4で固定となったため安定性が増した(PPを減らせる最大値は減ってしまったが)。


相手が最後に使った技に恨みを抱くという説明上、

相手そのものに対しては恨みを抱いていないのだろうか。


PPを減らすわざには、他に「おんねん」があるが、おんねんとは違いこちらがひんしにならなくても効果が発揮できる。これはほかの技にない効果なのでそれだけでも大きな特徴となっている。

しかし、無計画に使っても相手のPPを削りきるのには時間がかかってしまう。PPが5程度の技ならすぐに削りきれるが、30を超えるものになると完全に削りきるのはかなり難しい。

特性プレッシャーで相手のPPをがっつりもっていけるため、ミカルゲギラティナ(アナザーフォルム)など耐久力の高いポケモンに持たせると効果的。


ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』ではじこさいせいはねやすめねむるなどの回復技のPPが10から5に下げられ相対的に強化された。ポイントアップポイントマックスでPPを増やしてもPPは8にしかならず、たった1〜2回のうらみでPPが尽きてしまう。その為耐久型のポケモンにとってかなり厄介な技となった。

…のだが、そういった補助技主体のポケモンを対策するのならちょうはつこだわりスカーフトリックで良い場面も多く、採用率は案の定低い。

動画サイトなどで検索しても特に活用している動画は無く、それどころかゾロアーク(ヒスイのすがた)の専用技うらみつらみ関連ばかりが出てくるという有様である。



ポケモン不思議のダンジョンシリーズでは最後に使った技のPPを0にするというとんでもない効果になっている。ただでさえPPの管理が重要な同シリーズにおいては1度受けるだけでも致命的なため、ムウマなどの使い手のいるフロアでは要注意。

強力な効果であったことや、通常攻撃が弱体化したことなども相まってか、『ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮』以降は-20に変更された。

技強化によってPPが爆発的に増える『マグナゲートと∞迷宮』ではともかく、『ポケモン超不思議のダンジョン』や『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』においては以前までとさほど驚異は変わらない上、自分で使う分にはPPを削り切れないことも多々あったりとこちらからの使い勝手が悪くなるだけの変更でしかないのが実情である。


関連タグ編集

ポケモン わざ(ポケモン) ポケモン技絵 ポケモン技一覧 ゴーストタイプ

キョダイゲンスイ ぶきみなじゅもん:同様の追加効果がある攻撃技。

関連記事

親記事

変化技 へんかわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22339

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました