ピクシブ百科事典

ラッキービースト

らっきーびーすと

『けものフレンズ』のキャラクター
目次[非表示]

「はじめまして、僕はラッキービーストだよ」

概要

けものフレンズに登場するキャラクター。作中では後述のように複数個体存在するが、この項では主にかばんサーバルに同行していた個体について解説する。

アニメには登場するが、アプリやコミックには登場しない。名称が似通っているキャラクターとしてアプリ版エンドコンテンツであるパッションビーストクールビーストピュアビーストがいるが関係は不明。⇒フレンズ(けものフレンズ)

けものフレンズのケモノ



初出
2016年7月に開催されたコラボカフェでの展示が初出。動物状態のホワイトタイガーが見上げる空にラッキービーストのようなものが輝きながら通り過ぎるイラストが展示されていた。吉崎観音氏がツイッターに上げたイラストがこれに近い。

アニメ版

ジャパリパークに棲んでいる謎の小動物のような存在。兎や狐、リスなどとも似ているが、既存の動物やフレンズとも明らかに異質な形態を持つ。
由来は不明だがフレンズたちからは「ボス」の愛称で呼ばれており、正式名称のラッキービーストを知る者は限られる。また、かばんと出会うまでフレンズたちと口を聞いたことがなく、喋った事に驚くフレンズも多い。

抑揚のない無機質な音声で話すため、サーバルからは「不思議な声」と評された。EDのスタッフロールで声優は「????」と表記され公式側から伏せられていることに加え、金属質なエフェクトがかかった声をしているため特定が阻まれている。

同じ容姿の仲間が複数存在しており、それぞれ違った役割を担っている。7話でコノハ博士ミミちゃん助手からは「ラッキービーストら」と複数形で表現され、続く8話では頭部に青いジャパリまんの入ったかごを載せたラッキービーストが登場した。このときにかばんたちと同行していたラッキービーストは、仲間の存在に気付いていたものの、ラッキービースト同士でコミュニケーションを行う様子は無かった。

一人称は「ぼく」であり、上述の通りフレンズからは「ボス」と呼ばれ、かばんのみ「ラッキーさん」と呼んでいる。

フレンズたちは、フレンズではなく『ボス』という存在として認識され、『ジャパリまんをくれる』『喋らない』『複数存在するが、同じ場所にいることは珍しい』という断片的な情報のみを知っている。また喋らないことが知られているため会話を試みるフレンズはいないが、かばんと会話している姿を見たサーバルは何度か話しかけていた模様。
ツチノコや博士たちはラッキービーストについてもっと詳しいようだが・・・?

その正体は、ジャパリパーク内において施設内の案内や解説、ジャパリバスなどの運用を行うパークガイドロボットである。人間がいなくても動作し続けていたことから、遠隔操作で動くラジコンの類ではなく、人工知能を搭載した自律型ロボットと推測される。

容姿

となりのボス


外見はデフォルメされたキツネの頭部に後ろ脚と尻尾を付けたような説明しにくい姿であり、既存の物で似ているのは小トトロだが、ページトップの画像を見てもらった方が理解が早い。

体の中央にあるレンズ状の部品はプロジェクターでもあり、情報の処理を行なう際にコマンドラインやジャパリパークのマーク(『の』に近い形)が表示される。体の中央に灰色の帯が巻かれている。吉崎氏によるイラストではバックルと穴が開いたベルトだったが、アニメではバックル状のパーツは見受けられるものの若干形状が異なっている。またイラストではベルトに小瓶をぶら下げていたが、アニメ版には登場していない。

前足がないため二足歩行であるが、脚が短い為か、足場が悪いところでは飛び跳ねるように移動することも多い。歩行時には独特の音が聞こえる。夜間時は目が蛍光緑色に発光する(夜行性動物のような反射ではなく、目そのものが発光している)。

大きさはフレンズ達の膝下ほどで、かばんちゃんの背負うリュックサックにちょうど入る程度。作中でもリュックに詰められて運ばれるシーンがある。

有能なガイド

ぬいぐるみのようなその姿からは想像しにくいが、現実のロボットと比較するとかなり高性能なものである。

高度なAIとインターフェイス

  • バスに興味を持った相手に運転を勧め、反省している仕草をするなど会話の文脈や状況を理解、会話内容からかばんが興味や関心を抱いたものを正確に把握、内容を整理して許可を求める、相手の返答により設定されたルールに基づいた警告を取り下げるなど再帰的な応答も可能。
  • 歩行しながらはもちろんのこと、乗り物を運転しながら接客対応を行なうなど、人間と同等以上のマルチタスク処理にも対応することが出来る。
  • ガイド機能としてパークの地図情報や環境、フレンズやその元となった動物の生態に関するデータベースを内蔵しており、周囲の状況に合わせて解説を行う。かばんからの質問には大抵答えているが、アトラクション内部では激励のみで攻略のヒントは口にしないなど、現在地や施設に合わせた返答を行う。
  • 人間への接客を意識してか、相手の名前と顔を認識・記憶する機能の他、あいさつやおじぎなど感情表現のような仕草を見せる機能も搭載されている。平時は気さくな口調で話しかけているが、緊急時には敬語に切り替わっており、状況を判断して対応を変えることも出来る。
  • 経験を踏まえた上で学習し、自身の動作や判断力を向上させる機能が搭載されている。

多彩な機能

配給中


  • ジャパリバスや船など、ジャパリパーク内の移動設備の位置情報を検索して探し出すことが出来、また何らかの方法(本人は「リンク」と発言しており、無線通信によるものと推測される)で半自動運転することが可能。座席に乗っただけでハンドルに触れず運転することができる
  • 腕に相当する部位が無いにもかかわらず物体を持つことができる。ジャパリバスの電池を(体の前に貼り付けるようにして)持ったりクローラーの装着作業を行なっていることから、胴体内部にアームや連結器を格納している可能性もあるが、明確にそれらが描かれたシーンはない。体の上にモノを載せているシーン(OPのローブと8話のジャパリまんを積んだかご)もあり、どのような仕組みなのか不明確な部分も多い。
  • ビデオカメラとプロジェクターのような録画・録音・再生機能を備えている。ミライは行動記録を動画でメモしており、いくつか録音メッセージを吹き込んでいた。見易いようにパークの地図などの情報を表示することも可能。
  • 設備整備に関する機能として草刈機能を有しており、「除草除草……」と呟きながら該当区域を歩き回ることで除草が行なわれる。動作音がすることから、胴体底面や足の裏に芝刈り機のような機構が備わっている模様。
  • センサーにより周囲の天気やサンドスターの濃度を測定する機能を持つ。非常時には耳と目が赤く点滅し、避難経路を客に案内する機能も搭載している。
  • 通信機能も搭載されており、仲間のラッキービーストやフレンズへ情報共有を行なうこともできる。
  • 他にもジャパリまんの原料を育てる畑の世話や調理器具などの一部備品の整備も行なっており、人間の職員が見当たらないにも関わらずフレンズたちが生活できていることから、フレンズの生存維持に必要となる様々な機能が搭載されていることが推測される。

歩行ロボットとしての性能
  • 動力源は不明だが、人間の職員が見当たらないにもかかわらず稼動を続けていたことから、単独での動作に耐える耐久性を持っている。(対してジャパリバスやリフトなどの各種施設は、経年劣化で機能不全を起こしているものや、パーク閉鎖の際に撤去されたものが多かった)
  • 運動性能についても多少の悪路なら飛び跳ねながら移動することが出来るなど、高い踏破性を持つ。2話では、解説しながら後ろ向きに歩行している。
  • 自身の移動能力と、ジャパリバスなどの移動設備を組み合わせることで、一部極地を除いてパークのほぼ全域を網羅したガイド業務が可能となっている。
  • かばんやフレンズが無造作に抱えて移動できることから、これほど高性能かつ多機能なロボットでありながら非常に軽量な設計である。

有能なガイド……?

「このプログラムは応答していません」状態のBoss


上記の解説だけを読むととてつもなく高機能なナビゲーションロボットかのように思われる(実際そうではある)が、作中では、

  • ジャングルのツタに絡まって脱出不可能となる
  • 内蔵の地図情報が古いまま更新されておらず、現地状況と合わないと検索を再実行したまま処理落ちする
  • トキの歌声(改善前)で動作不良を起こして倒れる
  • バスのスタック対応が組み込まれておらず、バスがスタックすると座席に座ったまま処理待ちでフリーズを起こす
  • フレンズ同士の抗争について対処法が組み込まれておらず、その場で処理落ちする。
  • 天気の判断は現在時点のみが判断基準であるため、天候が変化しやすい雪山では吹雪を予測できず遭難させかけてしまい、自分も物理的にフリーズしてしまう

などのように、眼前の問題を把握し対処する能力は人並みにあるが、想定外のトラブルに対する対応力や、将来的なトラブルを予測する能力にはかなり難がある事が判明。
フリーズ時の呟きは「検索中検索中検索中……」や「ア、ア、アワワワ……」などがあり、前者はデータベースの検索結果待ち、後者は処理落ちと思われる。傍から見ると慌てたり落ち込んだりしているようにも見える。(アニメ的表現かもしれないが、真っ白になった事もある)

高所を飛行中にもかかわらずデリカシーのない発言でフレンズを傷つけて落下しそうになったり、サーバルにバスの運転を任せて事故を起こしたり、雪山の荒天を予測しきれなかったり、バスの電池切れを推測できなかったりと、かばんを危険に晒したことも少なくない。

さらに屋外活動を行なうガイドロボットにもかかわらず、雨に当たっただけで故障を疑われるなど、防水性が低いという設計上の欠陥も露呈した(但し、ミライの録音メモによるとこれから防水加工することが語られており、前述通り吹雪で氷漬けになった際は足湯で(「温度調整用の氷かと思った」なんてコメントがされるくらい雑に浮かべられて)解凍されて元通り稼働した事から、初期の不具合や欠陥が解消・改善されている)。
おまけに録画機能について、作中では再生機能に不具合が生じているのか正常かつ任意で再生することは殆どなく、何らかの条件が揃うと自動で再生シークエンスへ移行、不鮮明な動画や音声を勝手に再生して混乱を招いたこともあった。

こうした抜けた面が多々みられるためか、11話でセルリアンの攻撃をかわしながらの運転を披露した際はサーバルから「今日かっこいいね」とまで言われてしまった。

ファンからの扱い

ニコニコ動画にて

即落ちフラグ回収するラッキーさん


2話配信以降、「まかせて」の台詞に合わせ「フラグ」、状況が改善されないままフリーズすると「つっかえ」「ポンコツ」「無能」というコメントが弾幕並に投稿されるなど、有能な解説キャラかと思ったら肝心なときに役に立たないポンコツキャラとしてネタにされていた。

またポンコツシーンの無い1話は無料公開されているため、再視聴組からは「まだ有能」「全盛期」などのコメントが数多く投稿され、ニコニコ動画で2017年3月25日に放送された『【最終話放送直前】「けものフレンズ」1話~11話 振り返り一挙放送 詳細]』では、2話でツタに絡まる初のポンコツシーンにおいて公式側から『無能』のコメントを頂戴した

ラッキービーストによるフレンズの解説は相手の痛い部分も平然と行う客観的な内容であり、『IQが溶ける』と評される作中において飼育員らの解説とならんで『IQ回復ポイント』とも称される。

pixivでの扱い

1話放送時点では『合成音で話す可愛らしいロボット』というありがちな設定から、単なるマスコット兼解説役と見られていた。しかし、2話以降は人類絶滅後とも思える世界観が垣間見えたことに加え、淡々とした解説の合間に意味深なキーワードを差し挟む重要キャラとして認識され、単独のイラストも増えている。

 2話以降はかばんとサーバル(さばんなコンビ)と共に行動しているため、セットでに描かれることが多い。(さばんなトリオ

マスコット的な描かれ方が多いものの

定番の擬人化(フレンズ化)

マカセテ
※ラッキービースト擬人化女体化注意



セルリアンとの戦闘機能

ラッキービースト(戦闘形態)
セルリアン“ハンター”



無機質さから垣間見えるなにか

(  [] []  )
幸運的野獣



「主人公を助ける青いロボット」という某猫型ロボットの役回り

ネズミ目のフレンズに対しエラー起こしそうな感じのラッキービースト
ドラッキービースト



缶コーヒーで有名な同名のキャラクター

BOSS
LUCKY BEAST



某ゲームで似たような役回りのサポートロボット

ラッキービースト(CV:安元洋貴)
ニーア:フレンズ



ラッキービーストの体色は自動車レース好きならばタイヤブランドのFALKENが参戦する際の『ファルケンカラー』を連想するパターンであるため走り屋と化した姿

運転ハ僕ニマカセテ
けもフレ落書き



などがある。

考察

当初からロボットと思しき振る舞いを見せていたものの、公式サイトのキャラクター一覧には記述が無く、声優も伏せられているなど、意図的に説明がなされていない。作中でロボットとはっきり言及されるのも作中終盤で、当初はロボットなのかフレンズの一種なのかも不明だった。

本当に無能なのか?
実はラッキービーストのポンコツとされる描写の大半はラッキービースト自体ではなく、パーク施設の劣化と整備不良によるものや、「起動したままリュックに詰められ、人間と一緒にフレンズに抱えられて飛行する」「充分な装備もないまま雪山登山」など常識的な通常の運用であれば想定しづらい状況によるものが多い。
(たとえばトキによる飛行中にトキの歌声の難点を解説してかばんを危険に晒すシーンがあるが、常識で考えればフレンズによる空輸そのものが危険行為であり、ロープウェイが正常に整備されていればそもそも起きなかった事態だった。更に、かばんのリュック内に収められ、ラッキービーストが周囲の状態を理解し辛い状況も加味出来る)

またアニメ本編ではラッキービースト自身がバスを運転しているが、運転席にはシートとハンドルとペダルがあることから、本来のジャパリバスにはラッキービーストの他に人間のスタッフが同乗している可能性がある(アプリ版ではミライが運転している)。しばしば起こすバスのスタックも、作中でかばんとサーバルが対応していた通り、技術を持った人間のスタッフが同乗していれば対処できるものである。

データベースが古いままであることや例外処理が出来ないことも、本来は中央のデータセンターやコールセンターのような別のシステムへアクセスして連携する想定であればラッキービースト単体で対処できないのも納得がゆく。「通信先や連絡先が不通で、状況や動作が止まってしまう」「データベースが更新されないまま放置され、現状との食い違いから混乱が起きる」といったトラブルは実際のシステム運用やコンピュータ操作においてもしばしば見られるものである。

上記の点から、本来のラッキービーストは同行する人間のスタッフや万全な設備と連携する想定で設計されていると推測でき、ひいてはポンコツに見えるのは「人間のスタッフがいなくなり他のシステムが正常に動作せずパークそのものが開園できる状態ではない」「にもかかわらず客が来園しラッキービーストだけが起動してしまった」という想定外に想定外が重なっているためで、落ち度が皆無とは言えないにせよラッキービーストだけに責任があるとも言い切れない。

加えてミライが言及していることだが、作中のラッキービーストは運用試験中の試作機であり、将来的な改善の余地があることも想像できる。

フレンズへの塩対応の謎
平時はフレンズからの呼びかけに返事をすることはないが、話しかけられた際は視線を向けており、フレンズの存在や行動を認識していないわけではない。
5話でバスに同乗したビーバーの心配性に付き合って待機したり、かばんの言葉だけでなくフレンズたちの話した内容も把握しなければ総合的に判断出来ないものに対し、正しい応答をしている。
またアライグマが「ラッキービーストに話しかけられた」という主旨の発言をしており、特定の条件下であればフレンズと対話している可能性もある(尤も、相方のフェネックから「明後日の方向に全力疾走するのが得意」と言われるくらい早とちりしがちなアライグマの発言なのであまりアテにはならないが)

録画再生の謎
録画再生機能に不具合があるらしいことは先述したが、まったく何の脈絡もなく録画機能を再生していたのかというとそうでもなく、かばんの帽子やその飾り羽根、過去に訪れていた場所など、ミライと所縁のあるものに反応していると思しき描写が多い。
前述のアライグマの証言についても、聞いていた情報がミライのメモした情報と合致するので、恐らく録音か録画の再生のタイミングに偶然遭遇していた可能性が高い。

関連タグ

けものフレンズ さばんなトリオ
ジャパリまん 謎の技術 ロボット

外部リンク

獣耳メイドがお出迎え!秋葉原の私設図書館カフェで「けものフレンズ」期間限定コラボがスタート ニュースウォーカー
吉崎観音公式Twitter -2017年1月18日


以下ネタバレ注意


















最終話にて、フレンズたちと会話しない塩対応の理由はフレンズたちの生態系を維持する為に、非常時を除いて干渉しないようにプログラムされていたためであることがラッキービースト自身によって語られた。ラッキービースト本人は三人での旅を「楽しかった」と述べており、フレンズたちを嫌っていたわけではない。

また同じく最終話にて、動物のように見える部分は移動用の胴体にすぎず記憶装置やセンサー、会話機能といった中枢の機能は胴体のレンズ状のパーツが担っていることが判明。万が一に胴体部分を失ったとしても、この中枢部とベルトを組み合わせて腕時計のように着用してもらうことでガイド業務を継続することが出来る。

ボスは投げるものではなーい!


そしてEDのスタッフロールにて彼の声優が CV:ミライ であった事が明かされた。
(なおミライの声優はかばんと同じ内田彩であり、3話でのトキの解説でトキがかばんとラッキービーストを混同した事が実は伏線となっていた)

pixivに投稿された作品 pixivで「ラッキービースト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4980026

コメント