ピクシブ百科事典

メアリー・スー(二次創作用語)

にじそうさくようごとしてのめありーすー

二次創作において、原作のキャラクター以上に活躍するオリジナルキャラクターを意味する。 二次創作内で理想化された原作キャラクターを指すこともある。
目次[非表示]

※キャラクター・人名・一次創作においてのメアリー・スー⇒メアリー・スー

概要

二次創作用語の一つで、原作ファンによる二次創作の中に登場する優遇されたキャラクターを総称した言葉。
基本的にはオリジナルキャラのことを指すが、BLものに出てくる同性愛者化キャラなど「理想を投影されて魔改造された原作キャラ」もメアリー・スーと呼ばれることがある(後述)。

メアリー・スーと呼ばれやすい例


これらはありがちな設定や展開というだけで、話の面白さとは別なのは注意。
「メアリー・スーの特徴に当てはまっているから駄作」のような判断は間違いである。

語源

1973年に執筆された『スタートレック』の二次創作小説に登場するオリジナルヒロイン、『メアリー・スー大尉』(艦隊で最年少の大尉。15歳)の名前から取られた。
この小説は、ファンの作る二次創作に登場しがちな、非現実的で思春期の少年少女の願望を具現化したようなオリジナルキャラクター(最年少かつ最優秀で、原作に登場するクルー達から尊敬や愛を寄せられ、驚くような能力を持ち、死ぬ時は劇的に死に、クルー全員が悲しみに包まれる)を揶揄していた。
なお『メアリー・スー大尉』自体はわずか十数行しかないパロディ小説で、無論作者もネタである事を前提としてやっている点に注意されたし。

定義と派生

ネガティブな意図を大きく含み、基本的に罵倒である点には注意する事。蔑称レッテルとして使われることが多く、感想やネタタグで使用するのは、基本的には不適切である(意図的にメアリー・スーをネタにしている場合を除く)。

その原義からも分かるように二次創作から生まれた言葉あるが、現在では一次創作の「さいきょうきゃらくたー」についてもメアリー・スーと呼ぶ事が少なくない。
中二病の人、中二病に向けた創作物の主人公や、最強キャラ、原作者が贔屓している原作キャラを無条件にメアリー・スー扱いする向きもある。
他にも「悪役メアリー・スー」「暗黒メアリー・スー」「逆メアリー・スー」など、派生語、対義語は山とあるが、これらは全て明確な定義と言うものは特に存在せず、発言者が勝手に言っているだけである。定義や派生語については文脈を読んで判断すべきであろう。

語源のメアリー・スー大尉のような厨設定的な「現実離れした凄いキャラ」ではなく「作者の現実に近いキャラ」が作者の分身となるのは傍観ものやモブキャラものでよく見られる。
これらは傍観者一般人が作者の理想像というだけなのでメアリー・スーと言われる可能性も十分あるが、厨設定のステレオタイプから外れるため気づきにくい。
以上の誤解を元にオリキャラを作ったり、あるいは原作キャラを動かした結果、メアリー・スーを避けたつもりで「忌み嫌われるメアリー・スーの作者なんかとは違う優れた存在である自己」が投影されたキャラになっている…というパターンもありがちである。

メアリー・スーの存在を前提にした派生キャラ・ジャンル

メアリー・スーは悪名高いため、特にウェブ創作界隈においてはメアリー・スーをモデルにしたキャラがキャラヘイトヘイト創作に近い行為の対象にされることも多い。
このすばミツルギ幼女戦記メアリー・スーが典型的な例である。

ヘイトを露骨に向けない場合でも、主人公との対比としてメアリー・スー的なほどの超人を置くという手法があり、リゼロラインハルトゴブリンスレイヤーの超勇者などがいる。

とある魔術上里翔流は、魔神をダース単位で異世界に追放する特別な右手と妄信的な大量のハーレムを持つなど明らかにメアリー・スーを意識したキャラであるが、本人は自分自身も含めた力で周囲を捻じ曲げてしまう存在を最大限憎悪している…つまりメアリー・スーでありながらメアリー・スーを憎む者であるという皮肉なキャラである。

二次創作の傍観ものにもメアリー・スー=夢主に対する断罪要素を組み合わせたジャンルが存在する。

pixiv内企画でのメアリー・スー

上記の「最強」「無敵」「誰にでも好かれる」などの設定をつけたキャラでピクシブ内企画に参加する事はあまり好ましくない。
交流ありきの企画が多い中、このように設定したキャラクターを作ると使いづらく、仮に交流をしても最強なので他のキャラクターを踏み台にし、企画の空気が白ける結果になる。
このため、企画主催側で過剰な設定の付加を禁止している場合が多い。

メアリー・スー テスト

ネット上において、自分のキャラが自己投影オリキャラに近いかどうかを調べる「メアリー・スー テスト」と呼ばれるテストが多く存在する。
(参考→https://iwatam-server.sakura.ne.jp/game/marysue/test.html
ただし、メアリー・スーは「キャラ単体の要素」よりも「作品世界観に対する不自然さ」こそが重要である。
ひとつの参考として「メアリー・スー テスト」を見るのは構わないが、必ずしも単一の型にはまったテストで検証しきれる概念ではないので、実際に自分のキャラがメアリー・スーか否かを判断する上ではあまり参考にはならない。

本国では

1973年発祥という歴史を踏まえてもアメリカでは良くも悪くも古典的なネタであることに注意。
現代のアメリカの二次創作界隈では「原作キャラを差し置いて活躍する二次創作キャラ」を
アリスと呼ぶのが流行ったらしい。

メアリー・スー作成者インタビューと、本来の原義

メアリー・スーの初出である「A Trekkie's Tale」の作者Paula Smith氏のインタビューが残されている。
(参考→http://journal.transformativeworks.org/index.php/twc/article/view/243/205
この中で冒険小説「ドック・サヴェジ」の実写映画を見て「メアリー・スーだと思った」と発言しており、その際スーパーマンジェームズ・ボンドを引き合いに出して「思春期以降の女性と向き合おうとしない当時の若者が自らの願望を叶えるために作った、読者が命を吹き込む余地がないキャラクター」であると考察している。
スタートレック界隈でメアリー・スー的と評されたウェスリー・クラッシャーに対しても否定的。

「メアリー・スーは二次創作に限定された概念」「メアリー・スーは二次創作において避けるべきマナー、二次創作者のための自戒である」といった言説がネット上には存在するが、この記事を要約すれば、メアリー・スーの作者はフェミニズムを拗らせた偏見丸出しの歪んだ倫理感で「一次創作のキャラをメアリー・スー」として非難しており、これを原義とするならそれらは根底から覆ってしまう。

関連タグ

スタートレック メアリー・スー(キャラクター) メアリー酢
オリキャラ ぼくのかんがえた U-1(SS用語) 幻想入り 冬木ちゃんねる
俺TUEEE 中二病 厨設定

対義語タグ

平凡・・・美形の最強キャラではなく普通である
最弱キャラ・・・最強どころか最弱である。メアリー・スー同様にピクシブ内企画では禁止されていることが多い
傍観・・・大活躍するのではなく傍観する
モブキャラ・・・設定の薄いモブキャラ。名前すらないことも。転生モブなどは作者の分身感がより強い
嫌われ・・・周囲に好かれるのではなく嫌われる
※以上の設定とメアリー・スーが両立する場合もある

pixivに投稿された作品 pixivで「メアリー・スー(二次創作用語)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6265

コメント