ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オロロジャイア

おろろじゃいあ

Cygamesが提供しているスマホ用ソーシャルRPG「グランブルーファンタジー」に登場するキャラクターの一人でっす!。(メイン画像は両方ともオロロジャイアちゃんでっす!)[時竜]オロロジャイア
目次 [非表示]

「お呼びとあらば即参上できない!今日も今日とて限界勤務上等のオロロジャイアちゃんでっす!」

「うぷっ……うぐぇええ……」


概要編集

レアリティリミテッドSSR
属性
武器斧・杖
タイプ特殊
種族ヒューマン(に見える:男性態)、ドラフ(に見える:女性態)
年齢外見年齢は20代半ば(男性態)、20代前半(女性態)
身長170cm(男性態)(ルオちんよりちょっと小さい)、142cm(女性態)(ドラフにしてはおっきめ)
趣味シゴトイガイスルヒマナイ
好き二度寝(できた試しがない)、暴食(殆ど食べられない)
苦手アーカーシャ(ショロトルはちょっとマシかな……)
CV日野聡(男性態)、徳井青空(女性態)

「空の世界」の理を形成する「楔」の一角。

六竜と同格の超常存在。元素を司る六竜に対し、「時」と「因果」を世界に齎す楔。

レジェンドガチャでリミテッド武器『因果の楔針』入手で加入。


左側が男性態で、右側が女性態。二人いるわけではなく二つの姿と一つの意思を持った個人。

"はじめまして“オロロ

男女共通の特徴として黒と紫のぼさぼさ長髪、目には、頭と首にぐるぐる巻の包帯、金の装飾付きの白衣、手を始めとした所々に金色の金属パーツが散りばめられている。


男性態の特徴として長身で足先まで全身金の装飾のついた黒のスーツを着用している。右膝には金属のサポーターのようなものがくっついている。


女性態の特徴としては男性態より低い身長、下に垂れ下がったツノ胸から腿にかけてストッキングの様な物の上からビスチェロングブーツのような形の金属パーツで覆われている。胸には同じ金属が二つのプレゼント箱のリボンの様な形にくっついている。全体的にドラフ女性に似た体型。


能力編集

オロロジャイアの楔としての権能は大きく分けて二つあり、一つは時間の流れが過去から未来への一方通行になることを定めること、もう一つはあらゆる時間軸に遍在することで因果を操作・調整するというもの。

非常にざっくり言えば、空の世界の物事を過去・現在・未来のあらゆるポイントで改変できるというチート能力であり、アルルメイヤワムデュスのフェイトエピソードでその力の一端を披露している。

この力を用いて、空の世界をバッドエンドに至らしめる膨大な数のフラグを回避し、世界が存続するルートに誘導・維持することがオロロジャイアの役割である。


物語において「主人公赤き竜および蒼の少女と共に在ること」、「主人公が特異点であること」、「“涯て”と響き合う者が主人公の下に集うこと」の3点は、そうなるようにオロロジャイアが因果を調整した結果であるとされており、つまりそうしないと世界がヤバいということである(涯てについては後述)。

OLD_BOND』でビィの力を奪おうとしたル・オーがそのことを察した際には、オロロジャイアのプランを尊重して考えを改めるなど、世界の存続という命題においてオロロジャイアの動向は非常に大きなウェイトを占めている。


しかし創世が不完全だった空の世界はただでさえ不安定な上に、あれとかこれとかそれから干渉されるせいで空の理が歪みまくった結果、オロロジャイアが因果調整しなければならない要素の量はとんでもないことになってしまっている。

しかも因果関連は世界への影響が大きすぎるゆえ、一部を弄っただけでバタフライ効果で別の世界滅亡フラグが立ってしまう…なんてことにもなりかねないため、他の因果に影響を及ぼさないようデリケートかつ俯瞰的な微調整が求められる。

またその力自体も全能ではなく、生物の意思に干渉することはできない。本人曰く「自分はビィの前にリンゴを置いたり置かなかったり、別の果物を置いたりはできるけど、ビィがそれをどうするか(そのまま食べるのか切り分けて食べるのか、一人で食べるのか他の人にも分けるのか)はビィの自由」とのこと。


そのため、オロロジャイアは可能性の世界である「演算世界」を作成、その中で物理的干渉を行い、その結果を元に現実世界の因果に手を加えている。

演算世界は現実に限りなく近く、失敗しても時間を巻き戻してやり直すこともできるが、詰まる所それは凄惨なバッドエンドの繰り返しでもあり、世界存続のため時には非情な選択を強いられることもある。


六竜と比べても明らかに楔としての負担が大きく、たびたび境遇に泣き言を漏らすその様子はデスマーチにあえぐブラック企業の社員そのもの。総じてバハムートの不完全な創世の皺寄せを一身に受けている苦労人である。


性格編集

激務による疲労ゆえか口調がハイになっており(素でコレの可能性もあるが)、一見するとアッパー系の変人にしか見えない。憔悴した哀れな姿からは上位存在の風格があまり感じられないものの、空の世界と空の民への慈愛の心は六竜達と同質であり、見方を変えれば世界と人のために身を粉にしてくれているとも捉えられる。


その行動を見ても細かい点まで気が回る善良さが強調されており、歪みや犠牲が出ないようコントロール最優先の因果調整を心掛ける、顕現時には世界への悪影響を減らすために人間の姿しか取らない(器が脆いため疲労に耐えられなくなっている)、アルルメイヤを助ける際に彼女の意思を尊重して最適解の押し付けではなく選択肢を示す、曰く因果調整の煽りを被ったムゲンには負い目を感じているなど、いい意味で人間に近しいバランス感覚とモラルの持ち主と言える。


ただ主人公に関しては少々話が異なり、主人公が特異点となった理由はそうなるようにオロロジャイアが因果干渉したもの、つまり主人公が己の意思とは関係なく過酷な運命を背負うことになったのもオロロジャイアの意向であるらしい。

世界を救う上で仮に他に良い方法がなかったとしても、強引かつ酷ともいえるこの差配にル・オーは否定的な姿勢を示している。


ただし、周年イベントにおいて「いかなる因果を経ても必ず生まれてくる」という言葉から、彼/彼女の演算の結果として特異点になったというより、特異点だからこそ観測対象になったという方が正確なようである。

その上で、特異点の生存=空の世界の存続という状況を差し引いても、職務的な意識を越えた個人的な情を抱えていることも間違いないようだ。


また浮世離れした六竜達と違って基本的にはパリピであるらしく、ルリアノートの説明やTwitterの公式キャラ紹介をノリノリで乗っ取っている


涯て編集

十天の極み天星剣王シエテ


"はて"と読む。空の世界とは隔絶された謎の異空間。

詳細は不明だが無尽蔵のエネルギーが内在する空間であることが示唆されており、本気のシエテが剣神展開時に自身と接続する場所でもある。シエテはここを「星の海」と呼んでいる。


空の世界からアクセスすることは通常不可能だが例外があり、空と涯ての接続経路となる「響涯因子」を何らかの方法で励起させることで、涯てから無限に近い力を引き出すことが可能となり凄まじい戦闘力を行使できる。励起機能を持つ天星器と同調した者オロロジャイアの因果干渉の影響を受けた者人体改造を受けて「扉」の力を持たされた者等、方法は様々。

ガレヲンやワムデュスは、どんな命でもその世界の神へと繋がる因子を持っており、空の命は空の神と因子を通じて繋がっているのだが、空の世界には空の神以前に「創世の神」が存在した影響で、時たま創世の神と繋がる因子を持つ命が生まれることがあり、その因子を色濃く持つ者が涯てへと繋がることがある、と語っている。

偶発的に接続する者が多い中、シエテは好きな時に自分の意思でアクセスできる。


主人公、ムゲン、シンシャは涯てから力を引き出す際に髪が蒼くなるのが特徴。基本原理が同じであるシエテは蒼くならないため、髪が蒼くなる条件は方法の違いか深度の違いかは不明。


涯てへ接続できる者が一堂に会することはオロロジャイアの救世プランの一つであるらしく、関連する事件と出会いもただの偶然ではなく意図的に起こされたもの、ということになる。


イベント『...and_you』ではイベント戦闘の際にこの涯てを発現した主人公を使う事が出来るが(ファイターの青髪版で武器は七星剣固定)HPが777777とあり得ない数値になっており、使用するアビリティも【因果を穿つ】(自属性攻撃で100万越えダメージ)、【『涯て』の力に想いを乗せて】(ダブルアタック確率アップ・光属性追撃・攻撃力アップ・防御力アップ・奥義ダメージアップ・奥義ダメージ上限アップ)と強力なものが揃っており、更に奥義演出も新規のものが用意されているなど9周年イベントとして豪華になっている(これがスキンとして実装されるかは現時点で不明)


性能編集

奥義

アキエスファルクス闇属性ダメージ(特大)/味方全体のミスティカ・オーラム効果を1ターン延長◆因果干渉Lvが4の時、奥義性能UP

アビリティ

ミスティカ・オーラム闇属性キャラにミスティカ・オーラム効果※1/弱体効果無効(1回)◆ミスティカ・オーラム効果中、オロロジャイアの因果干渉Lvに応じて攻撃性能UP※2
イアム・ディプラーヴォ敵に8倍闇属性ダメージ/攻撃DOWN(累積)/強化効果を1つ無効化
カーザ・トラクト闇属性キャラのアビリティ再使用間隔を1ターン短縮/攻防UP(累積)◆因果干渉Lvが4の時、ヴィンケレ・カルクルスに変化
ヴィンケレ・カルクルス巡る因果をちょちょいのちょいして、君の道行に祝福を。◆弄る因果は選択次第!
サピエンティア・モータス自分以外の闇属性キャラ単体のアビリティが即時使用可能/同じアビリティを連続2回まで発動可能
フォルティス・モータス自分以外の闇属性キャラ単体がターン進行時に攻撃行動を3回行う/トリプルアタック確率UP
ナヴィタス・モータス自分以外の闇属性キャラ単体が即座に奥義発動可能/奥義再発動(1回)効果/奥義性能UP(1回)

サポートアビリティ

時と因果の楔強化アビリティ使用時に自分の因果干渉Lvが1上昇(最大Lv4)◆因果干渉Lvに応じて以下の効果を順に得る※3
クラス・ノストラ因果干渉Lvが4に到達した時、ヴィンケレ・カルクルスが即時使用可能になる/因果干渉Lvが4の時、5ターン毎にカーザ・トラクトが発動
皆と一緒の日常最大HPと弱体耐性が低いがターン終了時に瀕死状態の味方がいる時、一度だけ闇属性キャラのHPが最大値になり、弱体効果を全回復/防御UP/ミスティカ・オーラム効果中の主人公が通常攻撃時にオロロジャイアがイアム・ディプラーヴォを発動

※1.ミスティカ・オーラム…効果時間:5ターン(消去不可)

※2…以下の効果を順に追加、闇属性攻撃力UP/クリティカル確率UP/与ダメージUP/ダメージ上限UP

※3…攻撃UP/必ずトリプルアタック/トリプルアタック発動時に闇属性追撃効果/回避率UP



余談編集

イベントでの献身ぶりからファミ通で行われた10周年記念プレイヤーアンケートで「プレイアブルになってほしいキャラクターは?」では堂々の1位となった。後にリミテッドで実装された。



...and_youではプレイヤーの性別が一部パートでの登場に影響を与え、主人公がグランの場合は女性態、主人公がジータの場合は男性態で登場している。(エンディングでは逆。)

プレイアブルのフェイトエピソードではグランの場合は男性態、主人公がジータの場合は女性態と逆になっている。

なおバトルでの外見はどちらかを選択できるようになっている。


関連タグ編集

グランブルーファンタジー 六竜


...and_you:オロロジャイアがメインとなる9周年イベント。

関連記事

親記事

六竜 ろくりゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 312467

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました