ピクシブ百科事典

概要

一般的に、人気の高い商品にそうでない商品を組み合わせてセット販売する事を指す。
在庫処分のためや、不人気商品の販売実績を稼ぐといった目的で行われる事が多い。

物品以外にも、映画芸能人の売り込みなどで人気の高い方に
人気のない、無名なものや新人を付け加えて行われる事もあるが、こちらの場合は
どちらが人気が出るかは世に出てみないとわからないため、
期待薄だと思われていた方が逆に人気を博すというケースもある。

なお、こうした商法は日本では独占禁止法で不公正な取引方法として定められており、
公正取引委員会によって度々指摘・是正が行われてきたという歴史がある。

余談

いつからこのような商法が横行していたかは不明だが、
「抱合せ販売で欲しくもない商品を売りつけられた」という人の話をまとめると
1980年代初頭のガンプラブーム時に「ガンプラと売れないプラモデルのセット」を買わされたという証言が多い。
また、同じく80年代にはファミコンブームが到来し、社会現象となる
タイトルが多数登場したが、ここでも「ドラゴンクエストクソゲーのセット」を買わされたという案件が非常に多く発生した。

どちらも主に子供をターゲットにしており、非常に悪質性が高いのだが、
当時小売店を営んでいた人の話を聞くと「小売店も問屋から『〇〇をn本仕入れないと××は仕入れさせない」という格好で
実質抱き合わせ商法を食らっており、泣く泣く問屋の段階で不良在庫化している欲しくもない
商品を仕入れたり、破産しない為に悪い事と知りながらも子供たちに売りつけざるを得ないという事情もあったようである。

こうした抱き合わせ商法の判例として今でもしばしば引き合いに出されるのが
ドラクエブームで起こった「藤田屋事件」で、小売店に対して
「取引実績に応じた納品」としてDQ4を入れたかったら1本につき他のゲーム3本という
レートで他のゲームも入荷するように、と迫った。
当然、公正取引委員会の出番となり、こうした商法をおおっぴらに行う
問屋などは減ってきたが、現在でも品薄になる商品が出るとオークションサイトなどでの
転売という形で類似した商法を行おうとする者が多数いたりする
(ちなみにオークションサイトの利用は古物商許可を持っていない人間はあくまで
 「不用品等の処分に限り自由に行える」という名目になっているため、
 営利目的の取引は無許可営業として別件で引っかかる可能性がある)。

食玩ガシャポンにおいては、1つの商品に複数の中身が存在する事が多い都合上、
その中の1つだけが極端に人気が高い(または、立体化商品化の機会が少なかったなど)場合に、
模型店ホビーショップなどでセット売りという名目で
事実上の抱き合わせ販売になるケースもある。ただ、食玩やガシャポンの場合
コンプリート大人買いの需要が少なからずあったり、
店頭で欲しい物が既に買われているケース、確実に出るとは限らないケース等が
しばしばあるため、逆に1箱に入っているn個分の値段で揃うのであれば逆に
消費者にとっては助けとなり、小売にとっては不人気商品が残るリスクを避けられて
win-winになっているという皮肉な面も存在していたりする。

近年では、近年では不況著しい音楽業界において握手券(選挙券)やシリアルコードを封入して、CD等を複数買わせるように仕向けているケースも存在する。
ただしこれに関しては「直ちに違法ではない」という結論が出ており、
法的には抱き合わせ商法の範疇には入っていない。
しかしながら、握手券や投票券欲しさにCDを大量購入し、そのCDはもはや中古店でも
「タダでも引き取らない」という状況になってしまっているために
大量にゴミとして捨てたり、ひどい場合は不法投棄などを行い逮捕される者も出ており、
法的にはセーフでも本質的に抱き合わせ販売に変わりはないと批判を受ける事がある。

CDの場合、単純に販売数を上げる目的以外に、音楽チャートで上位入賞する事を
目的にこのような商法が行われる場合もあり、問題視され続けてきた。
こうした事情から、アメリカの音楽チャートであるBillboardでは2020年1月をもって、
グッズとの抱合せ販売やまとめ販売を集計の対象外とし、
ランキングに反映されるのは「CD本体を目的に1人の購入者が購入した1枚ぶんだけ」に限定した。
ただし、この改正にも抜け穴が存在しているため、
今後もあの手この手でその抜け穴を突いて自社のアーティストを音楽チャート上位に
入賞させようとする企業は出続けるだろうとも言われている。

オンラインゲームソーシャルゲーム等では手に入るのが
物品ではなくゲーム内のアイテムやキャラクターという事で、
事実上脱法状態となっており、完全に企業の倫理観任せとなっている。
「関連グッズやスピンオフ作品を買うと限定アイテムのシリアルコードが付いてくるが、当該商品があまりに出来が悪い」
「コラボと称して特定企業の商品にシリアルコードを付け、実質大量に買わないと入手できない」
「ピックアップガチャ、パック販売などにおける人気キャラと不人気キャラの抱き合わせ」
「ガチャやルートボックスをn個買うと○○が手に入るが、その要求数があまりに多い」
「割引アイテムパックかと思いきや、中身の大半がゴミで有用な物が少ない」
…というようなケースの場合、事実上の抱き合わせ商法であると指摘される事がある。

また、コラボ商品(特に食品)にシリアルコード付属というパターンは当該商品の出荷先が
首都圏に極端に偏っており、地方では入手機会が極端に少ない事があるという機会不均等性、
付属するアイテムやキャラがとても強力・高価値で所持しているプレイヤーは
著しく有利になる事をちらつかせて購入を煽る事もあるなど、
別の問題も内在しているため、運営・開発陣が下手を打てばゲーム内外で炎上案件となり
外部のゲームニュースサイトなどで報じられるケースもある。

関連記事

親記事

組み合わせ くみあわせ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「抱き合わせ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39447

コメント