ピクシブ百科事典

半額

はんがく

表示された価格(正規価格)の半分の価格。「5割引き」や「50%割引」もだいたい同じ意味。

概要

商品価格売価定価/希望小売価格)の半分50%)に設定したもの。

主に閉店間際のスーパーマーケットで、売れ残って翌日に持ち越せない惣菜生鮮食品賞味期限消費期限)が近い商品を売り切るために設定される。
この値引きはだいたいどこのスーパーもある程度決まった時間に行う傾向があるため、「時間」の数分前になると総菜売り場周辺が妙にざわついた雰囲気に包まれ、(主にやる気の無さそうなアルバイト店員による)半額シールの添付や「ハイ、今から全品半額でーす!」の一声を皮切りに客同士による熾烈かつ低レベルな争奪戦が繰り広げられるのはスーパーマーケットあるあるのひとつであり、ラノベの題材にされたこともある。
ちなみに、「時間」の前に自分の買い物かごの中にお目当ての商品を前もって取り置きして値引きを待つ行為はルール違反ではないが、周囲の客から非常に嫌われるので注意。

なお、「半額」の金銭的な魅力は確かに大きいが、半額になる商品は大半が「時間経過により鮮度が落ちた食品」である、ということは多少なりとも気に留めておこう。
特に揚げ物の場合、時間が経過して油が酸化したものは長期的に摂取し続けると健康に悪影響を及ぼす危険性があることは科学的に実証されているし、パックの寿司も乾燥して風味はどうしても落ちる上、製造されてからある程度時間が経過しているため食中毒のリスクも高まる。
加えて、スーパーマーケットの半額割引開始時間はどこも軒並み夜遅い時間帯(早くても21時や22時、遅いところだと23時過ぎなんてところも)に行われるため、どうしても食事が夜遅くになりがちになってしまう上、半額で安いからと大量に買った結果、総合的には結局いつもより高い買い物になってしまったり、あるいは食べきれなくなって結局捨ててしまったりといった弊害もはらんでいる。
ただ、食中毒や健康被害に関して言えば日本のスーパーマーケットの食品管理基準は世界トップクラスで厳格なので、短期的にならばそこまで過剰に恐れる必要も無いのだが、よほど食うに困っている状況下でない限り、365日毎日毎日半額商品ばかりを買って食べる生活は止めたほうが長期的に見れば得策だろう。

このほか食品業界以外では、アパレル服飾)の季節商品はこれ以上の破格値にされることもある(会社や時期などにもよるが、6割引き以上も稀によくある)。
こちらは食品と違って腐ったり簡単に痛んだりしないため、季節外れや流行遅れを気にしない人にとっては非常にありがたい存在となっている。

関連タグ

ワゴンセール バーゲン

pixivに投稿された作品 pixivで「半額」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74596

コメント