ピクシブ百科事典

甘利信長

あまりのぶなが

漫画『犬夜叉』に登場するキャラクター。

概要

声:石田彰

武田家につかえる若侍で、露姫の身を案ずる主人から、(九十九の蝦蟇に取り付かれたため)挙動不審な嫁ぎ先の領主から露姫を救出する命を受けた。
露姫はその領主が好きで、骨折り損の結末を迎える。
初対面時に「信長」とだけ名乗ったためかごめから織田信長と勘違いされるがすぐ否定し誤解は解けた。
織田信長を「うつけ者」と評していることからこの作品の大体の年代がわかる。ちなみに甘利家は武田氏の一族の一つで、“甲斐の虎”「武田信玄」の家臣であり、彼の語った親方様はおそらく信玄のことと思われる。

関連タグ

犬夜叉

コメント