ピクシブ百科事典

神無木登和

かんなぎとわ

神無木登和とは、漫画・アニメ『人魚の森』のキャラクター。

概要

CV:島本須美

60年前に不治の病に冒されたが、双子の妹(佐和)が持ち出した秘伝の人魚の生き血を口にしたため、生き永らえる。その影響で髪は白髪になり、右腕だけがなりそこないになった。以後死亡したことにされ、実父が死去するまで座敷牢に幽閉されていた。姿は少女のままだが、肉体は衰弱しており、寿命は残り少ない。



関連タグ

人魚の森

pixivに投稿された作品 pixivで「神無木登和」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14849

コメント