ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

湧太

ゆうた

湧太とは、漫画・アニメ『人魚の森』のキャラクター。 (イラスト右)
目次 [非表示]

「飽きるまで生きてみるってのも‬‪悪くはねぇよなぁ‬」

概要

年齢は500歳以上。

元々彼が生きていた500年前(戦国時代)は漁師をしていたが、仲間が見つけてきた人魚の肉を面白半分で食べた結果、不老不死の身体になってしまう。その時一緒に肉を食べた仲間の漁師は死亡もしくは化け物となり果て、湧太のみが無事だった。

最初は他の漁師のようにいずれ死ぬのではないかと怯えていたが、自分には何も異変が起きなかったことから次第にそのことを忘れ、やがて妻を娶り普通に暮らしていた。しかし妻は年々老いていく一方で、湧太は昔と変わらず若いままであり、ある夜妻から「私はお前様が怖い」「私は年老いていくのにお前様は若いまま」と言われたことで、自分が普通に暮らしていけないことを悟る。ちなみに湧太の妻が登場したのはその場面が最後で、その後、妻が死ぬまで共に暮らしたのか、その前に旅に出たのかは描かれていない。


村の長から人間に戻れる方法は人魚が知っているということを聞いた湧太は、人間らしく普通に年をとって老いて人生を終わらせる為に人魚を探して漂泊の旅を続けていた。

しかしそうした方法が見つからないまま時だけが過ぎ、本編の時代(1980年代)に差し掛かったある日、湧太は真魚という娘と出会い、彼の止まっていた時間は再び動き出す。


人魚の里のおばばから「そのような方法は(恐らく)存在しない」と聞かされてからは、そこで救出した同じく不老不死となってしまった真魚と2人で旅を続けている。


旅の途中、木暮苗と出会い心を通わせたこともあったが、自分が不老不死である以上、普通に暮らせないことを知っているために、いずれも悲恋に終わっている。



余談

彼の不老不死は老化の停止と回復力の上昇という代物であり、首を斬り落とすか人魚の毒を服用、あるいは回復する間も無いくらいに、即ち細胞レベルで身体を焼けば、流石に蘇らないと思われる。

ある意味でそれが救いとも言える。


関連イラスト

185 人魚の森 湧太 真魚

人魚シリーズ


関連タグ

人魚の森 人魚シリーズ

湧太 真魚 鱗(闘魚の里) 木暮苗 湧真

漁師 旅人

戦国時代 昭和 平成

関連記事

親記事

人魚の森 にんぎょのもり

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24185

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました