ピクシブ百科事典

境界のRINNE

きょうかいのりんね

「境界のRINNE」とは、高橋留美子による少年漫画、及びそれを原作としたテレビアニメ作品。
目次[非表示]

概要

週刊少年サンデー』(小学館)誌上において、2009年21・22合併号より連載中。既刊は38巻。
学園と霊界を舞台とした、死神少年りんね霊感少女が織りなす鎮魂譚。作者の高橋留美子は、本作を男性向けの作品であるとしている。
和服姿の主人公と制服姿のヒロイン、およびヒロインが異世界に迷い込むというプロットは、過去作『炎トリッパー』や『犬夜叉』に通ずるが、ハードかつシリアスな内容ではなく、本作ではバトル要素を残しつつ『うる星やつら』や『らんま1/2』のような従来のギャグ&ラブコメディ要素が強い内容に戻っている。
幽霊怪奇現象を扱った作品だが、過去作『人魚の森』『笑う標的』『忘れて眠れ』のようなホラー・サスペンスものではなく、明るくコミカルに解決していくハートフルコメディとなっている。作中のギャグは、どちらかといえばシュールな場合が多く、謎を解き明かしていくミステリー調の話もある。
本作では季節ごとの行事は行われるが、作品内の時間は一切経過しないといういわゆるサザエさん方式をとっている。

あらすじ

高校生の少女・真宮桜は、幼い頃に神隠しに遭い、あの世でもこの世でもない境界輪廻の輪の近くに連れて行かれた過去をもつ。「親切な謎のオバさん」に助けられるも、それ以来、何故か「霊が見える」体質になってしまった。成長するにつれ、「大きくなれば治る」と信じていたものの一向に治る気配はなく、生きた人間と霊魂の区別がつかないほどはっきり見える桜は、その能力を友人たちにも隠し続ける日々を過ごしていた―。

高校に進学した桜は、5月に入っても登校しない隣席のクラスメート・六道りんねのことを気がかりにしていた。ある日、桜は教室でなかば悪霊化したチワワと戦う「羽織姿の少年」を見てしまうが、少年やチワワは桜だけにしか見えていなかった。着れば霊体化して一般人には姿が見えなくなる黄泉の羽織を纏った姿を桜に見られた少年は驚き、どういうことかと問いただす。その少年こそ、六道りんね本人だった。

りんねは現世に彷徨う霊魂たちを導き輪廻の輪に乗せる「死神のような仕事」を人知れず行っていたが、祖父の死後、とある事情で赤貧に喘ぎ、「高校の制服すら買えずに一張羅は中学指定のジャージ」で「死神道具の購入資金に充てる小銭にさえ事欠き」、「老朽化により使われなくなったが『霊障』が原因で取り壊しが見送られている高校の部室棟にこっそり住み着いている」という貧乏な有様だった。なりゆきでりんねに力を貸し、仕事に協力することになった桜は、それ以来、りんねの仕事と生活をなにかと助けることになる。

りんねは仕事と生活の両立のため、「学校の使われなくなった百葉箱に『お供え』と『お布施』を入れて『依頼』をすると依頼内容が成就する」という伝説を自ら流し、徐々に浸透するようになる。

―ひょんなことから関わることになったりんねと桜は、この世に未練を残す幽霊たちを協力して輪廻の輪へと送り成仏させるにつれ、強い信頼と絆で結ばれていくようになる。かくして、今日もりんねと桜の、あの世とこの世を行き来する忙しい日々が続くのであった―。

主な登場人物

主要人物

六道りんね

【境界のRINNE】


CV:石川界人
本作の主人公。赤髪に緋色の瞳を持った、死神と人間による混血の少年。
無愛想でテンションは低めだが、中々の正義漢で義理堅い。
歴代主人公では珍しくクールだが、奥手で純情一途。そして貧乏。

真宮桜

さくら


CV:井上麻里奈
本作のヒロイン。茶髪に紫紺色の瞳を持つ、三つ編みおさげの霊感少女。
心優しく冷静沈着な性格で、何事にも動じない。ある意味最恐。
歴代ヒロインでは珍しい、クールで暴力を振るわない常識人。やや天然。

六文

猫の日。


CV:生天目仁美
りんねの契約黒猫。オス。黒猫段位は初段。
忠実で礼儀正しいが、やや腹黒い。初期はやや凶暴な面がみられた。
歴代マスコットでは珍しく主人公・ヒロインともに敬称・敬語で慕う。

りんね・桜をとりまく人物

魂子

魂子さん


CV:ゆきのさつき
りんねの祖母。見た目は若いが、100歳以上。
幼少時代、あの世に迷い込んだ桜を救ってくれた死神。
常に笑顔だが、おばあちゃんはおろか、おばさんと呼ぶことさえ許さない。

十文字翼

読書


CV:木村良平
桜に惚れており、りんねの恋敵。灰をまき散らす為ミホによく殴られる。
魔狭人曰く、除霊能力はりんねより数段ショボイ。でもやるときゃやる。
少しは改心したのか、最近はあまり強引な浄霊はやらない。しかし空気度は増した。

六道鯖人

しゃみ鯖


CV:山口勝平
りんねの父。堕魔死神のボスで極悪人。
読み方は「さばと」ではなく、カタカナで「サバト」。これは徹底されている。
超ド級のろくでなし。

/ 六道乙女
CV:林原めぐみ
桜の近所に引っ越してきた「見える」小学生。
その前世は「伝説の死神乙女」こと死神・六道乙女であり、りんねの母。

黒星
CV:西村知道
魂子に仕える雄の契約黒猫。

黒星三世
CV:加藤英美里
黒星の孫。

ミホ
CV:徳井青空
桜の友達。いつも怪奇現象の噂を持ってくる謎の情報通。
大らかな性格だが、十文字に対しては鍋でぶん殴ったりする。
情報通の割に怪奇現象に遭遇するとリカと共にすぐ逃げ出してしまう。

リカ
CV:洲崎綾
桜の友達。座席の位置が未だに不安定(桜の後ろだったりどっか遠くだったり)。
見た目に反して主要キャラとの絡みではおとなしく目立たない。
ケチという特性も初期の遊園地以外で活かされた事がなく、主要キャラでは最不遇。

スズキ先生
CV:坪井智浩
桜たちの学年を受け持っている体育教師。アニメでは担任。

姉祭・アネット・瞳

ショッピングモールの姉。


CV:沢城みゆき
桜たちのクラスの担任。(未熟な)白魔女。前職は占い師。
先祖が死神に貰ったという「のぞき玉」(水晶玉)で未来を予見する。(予見しても大抵は不可避)


鳳


CV:村川梨衣
りんねに惚れている死神少女。
姉が鯖人にたらしこまれ秘書になってしまったので、鯖人を倒そうとしている。
爆弾を投げるのが癖という恐ろしい女。


朧


CV:松岡禎丞
鳳の契約黒猫。オス。
戦闘力は高いが気が短い。
黒猫段位は初段。

架印

貴様の借金の債権者


CV:斉藤壮馬
記死神。冷酷な性格。
コミカルな鈴が登場してからはかなり丸くなった。
ちなみに登場時は中性的だったが、次話でいきなり男らしいデザインとなった。


ドレミファだいじょーぶ


CV:三森すずこ
架印の契約黒猫。メス。見た目はゴスロリ少女。
爪を研いだり生魚をわしわし食べたり、女の子とは思えない行動を取る。
黒猫段位は初段。最近仔猫形態も登場した。

魔狭人

魔狭人


CV:柿原徹也
悪魔。りんねを敵視しているが、あまり相手にされていない。
金持ち。バカでギャグ調な時もあるが、所業は中々エグイ。
毎回りんねにリアルにボコられる為、性格が悪い割に同情される。

翔真
CV:三瓶由布子
死神小学校の5年生。白髪で中性的なショタ。大金持ちのお坊ちゃま。
最初は口の悪い超絶やんちゃ坊主だったが、最近はかなり落ち着いた。
ペットに伊勢海老弁当を食べさせるなど、この年にして金銭感覚が凄い事になっている。

黒洲

なめ猫黒洲。


CV:石田彰
翔真の契約黒猫もとい執事。
黒猫段位は6段。
優秀だが相当の銭ゲバ。

来兎零不兎

三日月堂


CV:伊藤静&CV:小西克幸
ウサギの姉弟。
来兎はレオタード姿の白いウサギ少女で京都弁で喋る。
零不兎は有名な鎌打ち・三日月斎の4代目。腕はいいが頭はあまり良くない。

四魔れんげ

四魔れんげ


CV:石上静香
角が生えた堕魔死神少女。
美人で頭が良いが毒舌。何かと運が悪く、友達がいない。
架印に恋している。

タマ
CV:鈴木れい子
れんげの契約黒猫。雌の老猫。

沫悟
CV:村田太志
エリート校・死神一高の男子生徒。
りんねの小学校時代の同級生。りんねに対する執心が異常。
よく友達がいない事をネタにされているが、本作の男性キャラは大体ボッチである。

黒蜜
CV:内山夕実
沫悟の契約黒猫。チャイナ服を着た猫耳長身女性。
優秀かつセクシーな黒猫。

杏珠
CV:釘宮理恵
死神一高の女子生徒。
沫悟に片思いをしているが、まともに会話したことはほとんど無い。

美人
CV:橘田いずみ
鳳の姉で鯖人の秘書。
長らく美人秘書とだけ呼ばれていたが、実は本名が美人。

TVアニメ

概要

2015年4月4日から同年9月19日までNHKEテレにて土曜17:30-18:00の時間帯で第1シリーズが放送された。全25話。
また、2016年春から同年9月24日まで同じくNHKEテレにて土曜17:30-18:00の時間帯で第2シリーズが放送された。全25話(第1シリーズを含めると通算50話)
2017年春から、現在第3シリーズが放送されている。全25話予定。(通算75話)土曜17:35-18:00に移動。
制作はブレインズ・ベース。ナレーションは玄田哲章

製作スタッフ

原作高橋留美子
監督菅原静貴
シリーズ構成横手美智子
キャラクターデザインたむらかずひこ
音楽本間昭光
アニメーション制作ブレインズ・ベース
制作NHKエンタープライズ
制作・著作NHK / 小学館集英社プロダクション


OPテーマ

第1シリーズでは全話に渡ってほぼ同じ映像を使用。冒頭で六道りんねが落とす小銭の金額が少しずつ変わっている。
1.「桜花爛漫」 (第1話~第13話)
作詞・作曲 - 首藤義勝 / 編曲 - KEYTALK & NARASAKI / 歌 - KEYTALK
ヒロイン真宮桜をイメージした曲となっている。
2.「裏の裏」 (第14話~第25話)
作詞 - 大胡田なつき / 作曲 - 成田ハネダ / 編曲・歌 - パスピエ
3.「Melody」 (第26話~第37話)
作詞 - 安田尊行 / 作曲 - MANYO / 編曲 - ミライショウ / 歌 - Pile
4.「アイニー」 (第38話~第50話)
作詞・作曲 - 尾崎世界観 / 編曲・歌 - クリープハイプ
5.「SHINY」 (第51話~)
作詞 - 米田貴紀 / 作曲・編曲・歌 - 夜の本気ダンス
6.「セツナユメミシ」(第63話~)
作詞・作曲 - 首藤義勝 / 編曲 - KEYTALK & NARASAKI / 歌 - KEYTALK

EDテーマ

第1シリーズでは全話に渡ってほぼ同じ映像を使用。エンディングアニメーションに登場するキャラクターは、そのキャラが初登場した回に合わせて少しずつ増えていく。
1.「トキノワ」 (第1話~第13話)
作詞 - 大胡田なつき / 作曲 - 成田ハネダ / 編曲 - パスピエ / 歌 - パスピエ
2.「ふたつの世界」 (第14話~第25話)
作詞・作曲 - 岸田繁 / 編曲・歌 - くるり
3.「話をしよう」 (第26話~第37話)
作詞・作曲 - 松尾レミ / 編曲・歌 - GLIM SPANKY
4.「Beautiful Life」 (第38話=第50話)
作詞・作曲 - 原田茂幸 / 編曲・歌 - Shiggy Jr.
5.「スキナノカナ」 (第51話~)
作詞・作曲・歌 - Softly / 編曲:木村篤史
主人公・六道りんねとヒロイン・真宮桜の関係をテーマにした曲となっている。
6.「パズル」(第63話~)
作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:世武裕子 / 歌 - 上白石萌音
映像には、りんねと桜の原作扉絵が多数仕様されている。

関連イラスト

境界のRINNE
アニメ3期おめでとう!


ようこそ境界へ
死神少年と霊感少女


RINNE
RINNE!!



関連動画

サンデーCM劇場



キャスト


TVアニメ・PV



関連タグ

週刊少年サンデー 高橋留美子 るーみっく るーみっくわーるど 
るーみっく主人公 るーみっくヒロイン
2015年春アニメ 2016年春アニメ 2017年春アニメ NHKアニメ
うる星やつら めぞん一刻 らんま1/2 犬夜叉
1ポンドの福音 高橋留美子劇場 人魚の森
炎トリッパー ザ・超女 笑う標的
闇をかけるまなざし 忘れて眠れ

外部リンク

『境界のRINNE』 -WEBサンデー
『境界のRINNE』関連情報サイト
『境界のRINNE』TVアニメ公式サイト
『境界のRINNE』TVアニメ公式Twitter
『境界のRINNE』 -wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「境界のRINNE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11616842

コメント