ピクシブ百科事典

姉祭・アネット・瞳

あねまつりあねっとひとみ

『境界のRINNE』の登場人物。

境界のRINNE』の登場人物。声 - 沢城みゆき

人物

もとは「ショッピングモールの姉」と呼ばれていた百発百中の占い師だったが実は臨時のバイトで本業は別にある。
人間でありながら、あの世から散逸された命数管理局指定特一級回収物品とされている強力な死神道具のひとつ「のぞき玉」を所持している。占いが百発百中の的中率を誇るのはそのためで、ゆえにりんねとはのぞき玉を巡って、ある種、複雑な関係となる。

のちに本業が教師である事が明かされてりんねらが通う学校に転職。
りんねたちのクラス担任となった。担当科目は英語
生徒達からは「アネット先生」と呼ばれている。

祖母がフランス人クォーターで、祖母・母との3人暮らし。

美人でグラマラスな女性だが、マイペースでどこか抜けているところがあり、自分の部屋を片付けられない。

就職難によりお祈りが続き、大学卒業後も就職出来ずに家でゴロゴロしていた。その結果家から追い出され、占い屋のバイトから教師になった。

実はかつて死神と契約を交わしていた白魔女の末裔であり、のぞき玉を持っていたのは先祖が交わした死神との正当な契約によるものだと主張している。(ただし命数管理局側からしてみれば法的管理が無かった時代の勝手な私的契約であるため認められないものである)
そして、のぞき玉自体が自ら意志を持っており、アネットの血族を主と認めているため、たとえ彼女からのぞき玉を奪ったとしても紆余曲折の末に必ず彼女のもとに戻ってくる。

アニメではスズキ先生が担任教師のため、副担任となっている。

白魔女
死神と契約し、人々を助け導き善行を施す魔女。
アネット先生はこの末裔にあたるが、助けるのも導くのも善行を施すのも下手。

関連タグ

境界のRINNE
英語教師 占い師

pixivに投稿された作品 pixivで「姉祭・アネット・瞳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント