ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「乱馬、殺す!」

「我愛你(ウォーアイニー)、乱馬!」


概要

CV:佐久間レイ


中国奥地の村で暮らす武闘民族・女傑族の娘。


女傑族の格闘大会にて女子らんまと闘い敗北した為、女傑族の掟(「負けた相手が女子なら地の果てまで追い殺し、男子なら結婚する」)に従い、らんまの命を狙ってジャパンまで押し掛けた。その後、女子らんまの居場所を聞こうとあかねと戦いとなり、その場に割り込んだ男状態の乱馬に敗北。男子に負けたため、今度は乱馬を夫とすべく風呂場で全裸で抱きつくなど日々大胆なアプローチをしかける事になった。


なお、シャンプーのかわいさはモブがすっげー美少女と言い、乱馬はそのかわいさに思わず心が動いた程である。


しばらくは男子乱馬と女子らんまが同一人物だと気づかなかったため、乱馬が男子の時は迫り、女子の時は殺しにかかる関係が続いたが、乱馬とらんまが同一人物だと知った時は彼を殺す事ができずに涙して一度は彼の前から去った(但し乱馬はこのとき自分が女子と偽った)。


ちなみに、とある交換条件で、男子乱馬に「女子らんまを殺せ」と要求したことから、掟としては自分の手で殺す必要はないらしい。


その後、心機一転のためにコロンと共に呪泉郷で再修業に励んでいたが、そこで「猫溺泉」に落ちた事で水を被ると猫に変身する体質になってしまう(彼女を泉に落としたのは曾祖母だが、落とされた本人は曾祖母を責めることはなく、原因はらんまと因縁をつける)。なお、数コマ程度しか登場しないが、コロンとともにシャンプーの父も来日してるようだ。


しかし、同時にそのことが切っ掛けで「乱馬の本来の性別は本当に女子なのか?」という疑問を抱き、猫飯店の開店に伴う来日に際して確認のために猫の姿で入浴中の乱馬の下へ潜り込み、湯で男子に戻る瞬間を見たことで乱馬の嘘を知ることになった。

なお、猫が苦手な乱馬にとっては以後変身するたびにパニックの対象になってしまう。


また初期はほぼ中国語のみで会話していたが、再登場時からは「~ある」、「~ね」、「あいやー」といったエセ中国語語尾がメインとなった。


因みに、恋愛に関しては非常にシビアで、恋敵の抹殺すら厭わないという過激な面を持つため、あかねに対しては恋敵として敵意剥き出しで、殺す気満々(とはいえ終盤にはほとんど敵意を見せなくなり、あかねが一人で深夜に会いに来た時も普通に会話していた)。なびきが乱馬の許嫁となった時は、なびきを殺そうとした。右京小太刀も恋敵であるものの結託することもあり、ひな子に三人がかりで喧嘩を売って返り討ちにされたことがある。


自分に馬鹿正直、悪く言えば手前勝手で、乱馬の気持ちや都合を全く考えないアプローチを繰り返している。また、乱馬が基本的に自分への誘いに乗り気ではないため、大抵の場合呪泉郷の解呪アイテム(大抵使い切りで効果時間付き)で釣ったり、洗脳状態を利用したり、猫の姿になって脅すなど基本的にろくでもない手法を使う。


乱馬に対して常に強烈な愛情表現をする一方、しつこく自分にアプローチを掛けてくるムースに対する態度はドSそのもの。

また愛情が憎悪に変化してしまう「反転宝珠」というブローチを身につけた時には、乱馬に対してとんでもなく過酷な態度を取った(なお、この時のシャンプーは普段は袖にしているはずのムースに対しても乱馬同様に過酷な態度を取っている。)ので乱馬への愛は掟に関係なく本物であり、ムースの事も心から嫌いではないと言う事だろう。洗濯も膨大な暗器を一緒に洗って台無しにせぬよう、わざわざ外して洗っているうえ、誤って一緒に洗ってしまった際は、その事を申し訳なく思った為に、ムースがロケット花火をシャンプーに直撃させるという、とんでもないドジをかました際も笑って許すなど、妙な所で親切。

ちなみに、恋愛が絡まなければ接客業を営んでいるからなのか、基本的には誰にでも愛想が良い。


今現在コンプライアンスBPOの厳しい規制があって全くお目にかかれないが、規制がまだ緩かった90年代当時では、原作でもアニメ版でも彼女と女子らんまの全裸シーンリアルタイムで拝むことができたなど、本作品のお色気担当18禁担当でもある。


原作では双子の姉妹、ピンク・リンクが登場している。

十年前、シャンプーはピンクのイタズラに遭い、リンクに助けられたものの別人だと知らずにリンクを殴り飛ばしたことで双子から恨みを買った。それだけのことで執念深い連中と乱馬とあかねが思う中、その後も会うたびに百発ずつ殴っただけの被害者だとシャンプーが発言したことによって二人は双子の行動に納得。囚われの身を演じて乱馬との仲を深めようとボコボコにして協力させるなどした。


アニメではリンリンランランという双子の妹分がアニメオリジナルキャラクターとして登場している。妹分への面倒見はかなり良いが、この双子はシャンプー以上のトラブルメイカーであるため、彼女らがシャンプーへの善意で巻き起こす、ありがた迷惑な騒動に苦慮する事態に陥る事もある。


キャラクターとしては前作うる星やつらのラムの恋愛への強引さ、初期に見られた苛烈性を更に押し出した形で、CVの佐久間レイの喋る「いい加減な中国語」が大ハマリした事もこのキャラクターの人気の一因となった。佐久間本人の話によるとシャンプーがジャパンに初めてやって来た回の本番直前、台本では原作通り「エセ中国語」になっていたが、ディレクションでそれはなしになり急遽、「声のトーンで中国人っぽくする」ということになったらしい。


(例:らんまとの出会いでは、食い物の抗議に食い物の名前で捲し立てている。)

実は乱馬役の山口勝平の好きなタイプがシャンプーだったらしい。


おおよそ乱馬と同世代と思われるが、正確な年齢は不明。来日以降は学校には通っておらず、猫飯店の出前をしたり、小乃東風の整骨院を手伝っている描写もあり、高校卒業済みと考える事もできるが、切った張ったが当たり前の戦闘部族の秘境に学校があったとも思えないので、年上か年下か、読者のご想像にお任せといったところか。


戦闘能力

女傑族に伝わる拳法を操り、中華系武器の扱いにも卓越している。

幼少よりコロンから武術の英才教育を受けて培われた強さは伊達ではなく、乱馬に負けるまで女傑族内での組手では無敗を誇っていた。

幼少時にはムースを一蹴し、正面からの立ち合いであかねを難なく降す実力を有する。

最終決戦時で敵に洗脳された状態で襲ってきた際には一行はかなり苦戦を強いられた。


余談

2019年にNHKで放送された全るーみっくアニメ大投票にて、らんま1/2のキャラではトップの4位を獲得した。参加者の男女比率は7割が女性であり作品部門でらんま1/2(2位)へ投票した8割は女性だった。これらのことから同性からも好かれている魅力的なキャラクターということがわかる。


シャンプーのヘアスタイルは他のキャラクターよりも複雑であり、中華娘のステレオタイプと言えるシニヨンロングヘアかつ一部を結ったツーサイドアップにして、さらにおさげが含まれるという欲張りな構成になっている。


関連イラスト

センシティブな作品しゃんふう?かわいい

あるシャンプー

シャンプーシャンプーさん(13.08.08)


関連タグ

らんま1/2 シャンプー 紫髪 チャイナ 中華娘 

我愛你 猫娘 我的愛人 乱シャ ムシャ K・C・S

お色気担当 R18


※タグとしてはシャンプーが一般的。

漢字表記は「珊璞」であるが、ほとんど使われない。

関連記事

親記事

らんま1/2の登場人物一覧 らんまにぶんのいちのとうじょうじぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7005791

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました