ピクシブ百科事典

音無惣一郎

おとなしそういちろう

音無惣一郎とは、『めぞん一刻』のキャラクター。

概要

CV:田中秀幸

音無響子の亡き。響子の高校卒業後すぐ、駆け落ち同然に結婚した。
元々は響子の高校講師であり、彼の父親の音無氏(一刻館の大家でもある)は「家でぼんやりとしていたから、わしが理事をしている女子校にもぐりこませた」と五代裕作を同じ手口で教育実習にもぐりこませたとき笑いながら語っている。
物語開始時点で既に亡くなっているため、裕作にとってはもう越えられないある意味最大最強のライバルであり、彼を悩ませ続けた。

惣一郎のは一度も読者に見せられることはないためどんな容姿かは不明である。
しかし、遺品丸眼鏡や人物像などから、朴訥な人物であろうことが示唆されている。
また、彼の父親の音無氏も丸眼鏡をかけた飄々とした人物で、生き写しだった可能性がある。
裕作自体は結婚式の前に結婚写真を見て彼の顔を確認している。

関連タグ

音無響子 五代裕作

 なお「惣一郎」「惣一郎さん」というタグは、ファンの間で「響子さんのペットの」として使用される。

工藤優作(名探偵コナン)…中の人が同じうえ、の声が響子さんと同じである。

関連記事

親記事

めぞん一刻 めぞんいっこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「音無惣一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13411

コメント