ピクシブ百科事典

八神いぶき

やがみいぶき

八神いぶきとは、「めぞん一刻」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:渕崎ゆり子

五代裕作音無響子の母校の高校へ教育実習に行った際、受け持ったクラスの委員長である。
美少女で成績もよくトップクラスだが、決して優等生タイプではない。五代の響子に対する想いを知りながら、体育倉庫に呼び出して閉じ込め、ブラジャーとブルマ姿のまま五代に迫るなど、勝気な性格と行動力は、自他共に認めるところである。
当初は五代に興味をもたなかったが、クラスメートのひとりが五代に興味をもち、彼女につきあってもらおうと話をしに行ったところ、図書館で五代が涙ぐんでいるところを見て「この学校に通っていた恋人が亡くなったのよ」と誤解(実際にはこの学校の講師をしていた音無惣一郎の顔を見ようしていたことと、一刻館の住人に宴会につきあわされ寝不足になったのが重なっただけ)、五代に興味をもつにいたった(ちなみにクラスメートは、すぐに他の教育実習生の後を追っていった)。
響子の恋心にも気づいていることから、七尾こずえよりもさらに強力な個性をもっている。

学校では若い男性教員のワイシャツにハートマークを付ける伝統があり五代のワイシャツにハートマークを付けた。“恋することに恋をしている”節が随所に見受けられるが、実際に行動に移してしまう積極性を持っている。
彼女の恋心には響子も「2週間限定の疑似恋愛」の覚えがあって、当初は五代の教育実習が終わるころには「疑似恋愛も終わる」と寛容だったが、実習後も恋心が終わらずに貯金を切りくずして五代を家庭教師に雇い始めるころには余裕がなくなり、同レベルで競り合うこととなる。

彼女の父は五代が入社を目指す大手商社の人事部長であったが、娘が三流私大の学生(五代)に惚れて家庭教師に雇っていることを知り「五代が娘をだましている」と誤解、誤解はほどなくとけるが今度は五代をつぶれかかった孫会社に紹介、間接的に五代を保育士の道に進ませることになる。

最終話の後日談で、女子大生となったものの“まだ五代を忘れられない自分に酔っている”様子が描かれていが、アニメの劇場版「完結編」で五代との関係にケリをつけることになる。

関連イラスト

せんせい(仮)



関連タグ

めぞん一刻 委員長 女子高生 五代裕作 音無響子 教育実習

三宅しのぶ…容姿がよく似ていることから、作者自身がネタにしている。

関連記事

親記事

めぞん一刻 めぞんいっこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「八神いぶき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61690

コメント