ピクシブ百科事典

アニメ版CV:千葉繁 実写映画版:伊武雅刀 テレビドラマ版:岸部一徳

概要

一刻館4号室の住人で、五代の隣人。下の名前は不明。
職業不明、年齢不詳、趣味はのぞき、特技はたかり。
これが彼のすべてである。

五代が一刻館に入居したその日に、4号室と5号室の間のを開けてしまい、そこから何かと五代の私生活に干渉する。
序盤で壁はきちんと塞がれたが、こずえが5号室に来た際にまた開けられた。

誰に対しても丁寧な言葉遣いで話すが、その態度は慇懃無礼そのもので、五代など自分よりも弱そうな相手をおちょくることを何よりの趣味にしている模様。

普段はスーツ姿または在宅用の着物姿。温泉旅行にもスーツ姿で出かけている。
八神女子高生が来るときと、五代の結婚式披露宴の時は、タキシードを着用していた。
冬は外出時に帽子トレンチコートを羽織る。

五代、響子二階堂などは職業など何をしているのか疑問を懐き、尾行・調査をしたこともあったが四谷に気付かれており、単にあちこち振り回されただけで結局なにも分からなかった。

ときどき帰省と称して数日間留守にするが帰省先も全く不明。変人ぞろいの一刻館の住人の中でも一際目立つ存在であり、結局何者なのか明かされることはないまま、本作の連載は終了した。
四谷の部屋が確認できるのは原作、アニメ共に1回(八神が四谷に家庭教師を頼みこみ、心配した五代と響子が五号室の穴から四号室に入り込んだとき)のみであった。

アニメ版44話では、本人に瓜二つの祖父、叔父がかつて一刻館に居住していたという設定で「一刻館の歴史は四谷家の歴史」とのセリフが登場、また、時計台で発見された古いアルバムには四谷そっくりの人物が当時の住人と映っている写真が見つかり、五代と響子を驚愕させている。
うる星やつらのビデオを所持していると思われる発言がアニメ後半部にあった。

高橋留美子ファンの間では「面堂家の黒メガネ部隊の一人である」という説が有力視されている。(ちゃっかりアニメディア創刊5周年記念号に載ってたりする。)
一方で同作者作品『ダストスパート!!』に登場する「背古井唯安」に特徴や性格が酷似している事から何らかの関連性(親戚説や同一人物説)を疑う声も無いではない。

実写映画版では四谷を伊武雅刀が、テレビドラマ版では岸部一徳が四谷を演じているが、とりわけ実写映画版での伊武は四谷のキャラクターのイメージと見事に合致しており、はまり役と評された(伊武と共演した一の瀬さんを演じた藤田弓子も伊武同様はまり役と評されている。)。このためにアニメ版で四谷を演じた千葉繁は伊武にアニメ版でも演じた方がよいのではという考えから、出演辞退を申し出たほどである。

関連タグ

めぞん一刻 一刻館

関連記事

親記事

めぞん一刻 めぞんいっこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「四谷さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93670

コメント